食品
KENYAN GOODS -Foodstuffs-

コーヒー・紅茶

ケニアというと「コーヒー」と思われる方も多いかと思いますが、もちろんコーヒーもおいしいですが、紅茶の方が産業としては盛んなのです。コーヒーはオークションによって値段が決定されますが、ここ数年、値段が暴落しているそう。これに追い打ちをかけるように最近の気候変動で、東アフリカのおいしいコーヒーは軒並み生産率が落ちているそうです。がっ、やっぱりケニアのコーヒー、おいしいです。濃すぎない苦みとコクが深く、コーヒー通の期待を裏切らない味わいの豆が揃っています。
ナイロビでは最近「JAVA HOUSE」と「DORMANS」が日本で言うスターバックスやドトールコーヒーのようにあちこちに店舗も構えています。おしゃれな店内では、ノートパソコンを開きながらコーヒーを飲むビジネスマンの姿も。

一方ケニア紅茶は世界第三位の生産量、紅茶輸出国としては世界第一位の紅茶国です。日本に輸入される“英国製”の紅茶には、ほとんどケニア紅茶がブレンドされているようです。ケニアの紅茶は日本の農協のような組織があり、厳重に品質管理がされています。ケニア人にとって紅茶は“日本人の緑茶”のような存在。“チャイ”と呼ばれるミルクティーをみんな飲みます(たまにストレートで飲むケニア人もいるけれど)…。チャイは鍋で作るんですよ。沸騰したお湯に茶葉を入れ、さらにお湯と同僚のミルクを追加して作ります。お砂糖をたくさん勧めるのがケニア流。ワタシはコーヒー党ですが、ケニア人が作ってくれるチャイは本当においしい! 以前、観光マサイ村でないマサイ村にお邪魔した時、マサイさんたちからもおいしいチャイをごちそうになりました。

ケニアコーヒーも紅茶も、スーパーマーケットで気軽に買えます。大きさも種類も色々あるので、おいしいケニアのコーヒーと紅茶、ぜひお土産にどうぞ。

JAVA HOUSEコーヒー

JAVA HOUSEコーヒー

太陽のロゴマークが可愛いJAVA HOUSE。2003年にナイロビのショップに連れて行ってもらう機会があり、スターバックスのようなおしゃれさにびっくり!(ちなみに1999年に出来た会社だそう)おしゃれ度は公式サイトを見てくださいね。ジョモケニヤッタ国際空港内にもショップがあるので、帰りにぜひ立ち寄ってみてください。写真のコーヒーは375gパック。480シル(600円ちょっと)です。「AA」というのはケニアコーヒーのグレード。最高級の“PB”の次が“AA”。

公式サイト[英語]
JAVA HOUSE

DORMANSコーヒー

DORMANSコーヒー

DORMANSは1950年創立の会社というからケニアコーヒーの老舗です。最近はおしゃれなDORMANSのショップもナイロビ市内のあちこちにあります。ウィルソン国内線空港にもあるので、待ち時間にどうぞ。スーパーではコーヒーの種類、サイズともにJAVA HOUSEより豊富です。写真はお土産用に買った100gパック。スーパーで買うと54シル(70円くらい)。袋のウラに英語とスワヒリ語で"コーヒーのいれ方"が書いてあって楽しいです。ちなみに「KAHAWA」とはスワヒリ語で「コーヒー」の意味です。

公式サイト[英語]
DORMANS ←音出るので注意

紅茶

紅茶

紅茶通じゃないので、詳細を述べる程の知識がありませんが、スーパーでは本当に多くのケニア紅茶が手に入ります。葉っぱ状のものの他、ティーバッグ・タイプもポピュラーです。左の「JAVA HOUSE」や「DORMANS」のショップでももちろん紅茶も扱っています。

 

 

その他

やっぱりケニア独自の食品関係も気になりますよね。少しずつリサーチ中です。

TUSKERビール

TUSKERビール

ケニアのビールといえば、ゾウのマークのTUSKER(タスカー)ビール。左から500ml(ケニアで普通に飲まれているタイプ)、真ん中は355ml(現在日本に輸入されているタイプ)、そして缶は340ml。缶タイプは、ジョモケニヤッタ国際空港の免税店でも買えます。ケニア人に言わせると、輸入用のタスカー&缶は味が違うとか。ケニアでタスカーは最もポピュラーなお酒。ホテルでの最高値が300シル(日本円で約370円)、ワタシが行ったナイロビの最安値レストランで120シル(日本円で約220円)でした。

公式サイト[英語]
East Africa Breweries Limited

マカダミアナッツ

マカダミアナッツ

ケニアはマカダミアナッツやカシューナッツの生産国でもあります。ワタシは特にケニアのマカダミアナッツが大好き! 色んなブランドがあるけれど、2010年に買った写真のタイプはオーガニックって書いてあります。 小さい袋が80g入りで65シル(84円くらい)。大きい袋が250g入りで179シル(230円くらい)です。マカダミアナッツというと、ハワイ?ってイメージですが、「ケニアにもあるんですよ!」と会社の方などへのお土産にどうぞ。

Ugari(ウガリ)

Ugali(ウガリ)

Ugari(ウガリ)ウガリとは、ケニア人の主食、元気の源です。白いトウモロコシの粉で、これを沸騰したお湯に入れて加熱しながら練り、マッシュポテト状にします(右写真参照)。日本人の“米”と同じ感覚で、スーパーには色んなブランドのウガリが売られています。日本では売っていないので、ケニア料理に興味のある方はどうぞ。ただし、そこそこ重いのと、“白い粉”なので、日本の税関で“ウガリ”を知らない担当官にあたると少々面倒かも。写真左のブランド名「JOGOO」とはスワヒリ語で「ニワトリ(雄)」の意味。

 

Royco(ロイコ)

Royco(ロイコ)

Royco(ロイコ)ケニア料理の“だしの素”です。これを使うと何でもケニア料理味になるという…。写真はキューブ状の10個パックで20シル(26円くらい)です。日本では買えないのでお料理好きの方へのお土産として喜ばれます。もちろん、もっと大きなボトル(キューブではないタイプ)もたくさんあります。ビーフ味の他、ポークやチキンも。2010年のケニアで見つけたロイコのボトルはブランドカラーの“赤”が“緑”になっていました。ケニア人友人の話によると、ライバル会社がロイコのまねして“赤”を使ったので、ロイコは緑になったそう?

 

Page Top
Produced by chaimama Copyright © 2016 chaimama.com All Rights Reserved.