ページのトップへ

このサイトについて

もともと動物好きだったワタシ、たまたまケニアに住んでいた学生時代の親友が「遊びにおいでよ!」と誘ってくれたことがきっかけで、1991年に初めてマサイマラを訪れました。その後すっかりその魅力にハマってしまい、今に至る、です。

ワタシにとってのケニアは"動物"から始まっていますが、その後"スワヒリ語"に興味をもったり、最近はケニア人の友達やケニア好きな日本人の友達の輪も広がってきました。動物から始まり、人、国へと興味は広がり、そうなってくると、ケニアの歴史や世界におけるケニアの状況なども気になってくるのです。ただ、そこまで壮大なことを意識しても、何も前に進まなくなってしまいます。
ケニアのことが好きになればなるほど、深く首を突っ込めば突っ込むほど、ケニアにアタマにきたり、悲しくなったり、やっぱり大好きだぁ!とワタシのケニアに対する感情はいつも忙しく変化します。

マサイマラの空

そんなわけで、この「マサイマラの空」に掲載する内容は、全てワタシの独断的記述のみのスタンスにすることにしました。
紹介している内容は、私が見聞きしたことですが、公的情報とは違ったり、学術的に間違っていることを掲載していることも多いと思います。ワタシは動物学者でもないし、ケニアに住んでいたわけでもないし、特にケニアに詳しいわけでもありません。ただのケニア好きです(何かワタシの行動がケニアのお役に立てばいいな、ということはいつも思っていますが)。
ケニアに対する感想も、日本人・ケニア人、それぞれ色んな立場の方から見れば真逆の感想もあるかもしれません。

実はこのサイトを作ろうと思ったのは、今から5年以上前でした。どんなスタンスのサイトにすべきかあれこれ悩んでいたら、あっと言う間に時間が過ぎてしまいました。
タイトルの「MARA : SORA」は、マサイマラの空の変形です。マサイマラの空を初めて眺めた時、その当時ワタシが悩んでいたことがぜーんぶきれいに吹っ飛んだのです。何でこんな小さいことで悩んでいるんだろうって。そんなパワーをくれた&今もそのパワーを与えてくれるマサイマラの空と大地。その感動の気持ちを大切に、そこを原点にこのサイトを作って行こうと思いました。そして、まだまだ中途半端なサイトですが、未完成からスタートしようと思います。

個人的なワタシの思いが誰かに共感してもらえたら、見てくださった方のココロのどこかに何かひっかかる思いを残すことができたら、嬉しい限りです。

2010年2月22日 猫の日
チャイまま


Produced by chaimama Copyright © 2015 chaimama.com All Rights Reserved.