2002年 6月11日(火)
-病院へ-
東京都新宿区某所(会社の近所)にて弱り切った子猫を同僚のMサンと保護。しばらく会社でめんどーをみることに。
病院につれていく。生後2ヶ月、たぶんオンナノコ、猫風邪にかかっているとの診断を受け、インターフェロンの注射処置。飲み薬の抗生物質とインターフェロン入り目薬を処方していただく。他にノミの治療。体重は300gとのこと。

6月12日(水)
-病院へ-
食欲は旺盛。が、下痢になってしまいました。また病院へ。昨日と同じ注射。下痢の治療のため整腸剤を処方していただく。

6月13日(木) お薬がきいてきたのか、少し便がかたまってきた。元気はおつりがくるくらいにある。病院へは行かず。4時間おきに少しずつあげるごはんをペロリと平らげる。

6月14日(金) 初日に比べると目やに、鼻水がほとんど落ち着いてきた。人にもだいぶ慣れてきて「ハーッ」っていう回数が激減。猫ジャラシでも遊ぶようになった。ただ、昨日からやたらと鳴き続ける。

週 末 週末は会社のMさん宅へ。心配していた“やたら鳴く”症状もなく、フェレットケージ(現在フェレットはいない)とお部屋の間を良い子に行き来していたそうです。ひとりで遊んで、自分からケージに入って寝る。お腹がすくと「ナーナー」と鳴いてごはんを催促の生活だったようです。

6月17日(月)
-病院へ-
見た目も様子もずいぶんと落ち着いてきた印象。目は少しずつよくなってきてるかな?って感じ。
今日は違う病院へ電話して色々聞いてから行ってきました。とっても良い病院で感動! FIV、FeLvの検査をしていただき、結果は陰性ヽ(^。^)ノ 肝臓・腎臓などの内蔵検査も問題なし。寄生虫も問題なしヽ(^。^)ノ 体重はナント580gになっていました。ちょっと太りすぎ? オンナノコと正確に診断される。
まずは猫風邪をなおすことが先決なので、インターフェロンの注射を受け、お薬も処方していただく。インフォームドコンセントがしっかりできる病院だったので、今までのイキサツも全てお話した上で治療、検査を進めることができました。

6月18日(火) 今日は写真がなくてごめんなさいm(_ _)m 見た目的には昨日とほとんど変化がありません。でも、昨日よりさらに活発に“鈴入りボール”で遊ぶようになりました(^-^) ジャンプしながらボールに飛びかかり、猫キックやお腹だしポーズですごいイキオイで遊んでいます。“とってもフツーの子猫”の態度になってきました。明日はまた病院で注射の予定です。

6月19日(水)
-病院へ-
今日はまた猫風邪治療のためのインターフェロンの注射を受けに行く。一昨日と違う先生だったけど、またまた色々お話がしっかりきけて心強かったです。子猫ちゃん、30gほど体重が減ってしまいました(^_^;;; 整腸剤のお薬をやめたら昨日からまた少しだけ下痢気味になってしまったので、整腸剤を出していただく。体重の現象は良いことではないけど診断の結果脱水症状をおこしてるわけでもないということで、お薬で様子をみることに。。。その後夜うんpをしましたが、下痢ではなく軟便。大丈夫そうかな?
おメメの方の相談もしてきましたが、おメメは毎日グングンよくなるってものではないそうで、根気よく点眼・点鼻を続けていくつもりです。生活サイクルも安定してきたようです。ケージから出ていてもちゃんと「トイレ〜」と訴えることができるようになりました。ケージに戻すとちゃんとトイレで用を足します(^-^)

6月20日(木) 平穏無事な1日(^^) 今日は“猫博士”ともいうべきTちゃんが来社。「手のかからないタイプだね〜」「おっとりしてるね〜」とさんざん褒めてもらう。
鈴ボール遊びもますますエスカレートしてます。2本足で立ってボールにとびかかったり、“でんぐりがえり”しておなか出しちゃったり、見てて全然飽きません(^-^) 便の方も大丈夫ですっ。明日また病院へ行ってきます。

6月21日(金)
-病院へ-
今日は病院行きの日。梅雨まっただなかの東京だけど、なぜか病院行きの日は天気が良い。そういえば、子猫が保護された翌日は大雨だった。もしかしてこの子猫は強運の持ち主なのかも。。。
今日4時頃、病院から電話。FIPの検査結果が陰性だったことを連絡してくれたのだっヽ(^。^)ノ その後いそいそと病院へ出かけると、17日に看てくださった先生がいらした。先生もおメメの回復にびっくり。まだパッチリまではいかない左目も「いけそうですね」と言ってくださる。体重も100g増加、560g。体温も38.3度、問題なし。うんpの方も昨日よりさらに固まってきたので問題なし。先生からは「順調ですね」のお言葉をいただき、次回の注射は少し時間をあけて来週の火曜日(25日)にすることに。その後は4日くらいあけて、その段階あたりで“3種混合のワクチン”を受ける、処方薬はあと1週間で終了と、じっくり治療の方針を話しあえました。インターフェロンの点眼・点鼻は1日3回、これはとにかく続けるようにとの指示をうけました。
今日は金曜日、週末にはいるので、私が「自宅に猫がいるのだけど、連れて帰って良いですか?」と尋ねたら、「まだ猫風邪が完治してないのでダメです」ということで(このお言葉が逆にとっても信用できて嬉しいです)、今週末もMさん宅へ。
ということで、次回のご報告は24日月曜日になりますm(_ _)m

6月24日(月) 2日ぶりの再会。ぐんとおメメの調子がよくなってます。Mさん宅でもイイコで自分の生活ペースをつかんできたようです。
先週よりお転婆度が増したようです。でもやっぱりオットリさんだけど。点眼・点鼻も好きじゃないけどイイコで受けられます。ゴハンもお薬入り猫缶少々+カリカリに切り替えました。カリカリもふやかさずにパリポリあっと言う間に平らげちゃいます。なんだか明日の病院、楽しみだなー。きっと先生、またびっくりしてくださると思います。

6月25日(火)
-病院へ-
4日ぶりの病院、インターフェロンの注射へ。今日もいつもの先生♪(病院は4人の先生がいらっしゃるのだけど、今日ようやく先生のタイムスケジュールをほぼ把握できました)、体重は630gにアップヽ(^。^)ノ 体温も平温。4日ぶりの診察に、先生から「正直ここまで目がよくなるとは思っていませんでした。この調子ならいけそうですね。手厚い看病の成果ですね」って言っていただけましたっっ。Mさんもワタシも、“良い里親さんをみつけるまでは!”と頑張ってはいますが、やっぱり子猫ちゃんの生命力の強さ、運の強さを感じます。(会社へ戻ってくる昨日も、通院の今日も、また雨にはあいませんでした♪)
次回の注射は土曜日の予定なのだけど、週末になってしまうので28日の金曜日に行うことに先生と話し合う。その後来週中には1回目のワクチンともう一度寄生虫の再検査(再度の寄生虫検査はサービスでしてくださるとのこと)を行う計画です。先生的には1回目のワクチン、もう打ってもいいかなーとも思われるのだけど、もう少し子猫の成長度&体力のことを考えて来週にしましょうって感じのようです。
昨日の朝で“整腸剤”は飲みきりましたが、便はフツーの状態で安定してます。カリカリを中心に与えるようになったせいか(朝晩のお薬の時だけお薬入り猫缶+カリカリ、昼はカリカリのみ)、便もしっかりしてます。相変わらずお薬入りの猫缶もカリカリも一気に与えれば与えるだけ(カリカリも1粒も残さず)食べきってしまいます(^^; 食べ過ぎで下痢は困るので、子猫用フードの体重を基準にした与える量とにらめっこして1日3回の食事量を決めています。

6月26日(水) 今日はずっとケージの外にいました。ずっと気ままにいつものおこもり場所で寝てたり、モニタの後ろをネズミのようにすばしこく行き来して遊んでスルスルと狭い所げ潜り込んだり、本棚の他の棚を覗いてまわったりして遊んでました。
エサのとき、食べさせた後、いつもの排便タイムだなあ、とケージに入れてみると、排便排尿。そしてまたすぐに外へ出たがるので、出すと例の場所へ。
食べて遊んで寝て遊んで寝て食べて遊んで寝て……の生活です。
随分、左目もはっきり開いている時間が長くなってきました。
まだ、右目に比べるとちょっとだけ小さいけれど、かわいさグングン加速中です。 <文筆:Mさん>

6月27日(木) いつもどおり日中はいつもの棚で過ごします。お遊びタイムになると、モニタ後からワタシのキーボードをバシバシ! 今までは力もなく、バシバシされても影響なかったのですが、今日はガンガン“ファンクションキー”押されまくりました(^^; 遊び方もだんだん激しくなってきました。おメメは本当によくなりました。今日の左目はほとんどしっかり開いている時間が9割って感じでした。明日は病院です。

6月27日(金)
-病院へ-
昨日は雨だったけど、今日の通院日は晴れd(^^) またインターフェロンの注射を打ちに行く。体重685g(また増えた)、体温38度8分で平熱。おメメの回復順調、風邪の症状も落ち着いてきたということで、処方薬は今ある月曜の朝まででおしまい。インターフェロンの点眼・点鼻はもう少し続けることに。で、次の通院は1週間後の金曜日。いよいよ1回目のワクチンを受ける予定です!
3度目の週末を迎えました。相変わらず今週末もMさん宅にお泊まりです。次回のご報告は月曜日(もう7月なんですねー)になりますm(_ _)m

7月2日(火) 週末・月曜とワタシが風邪をひいて寝込んだのが重なり、4日ぶりの更新ですm(_ _)m 子猫はおメメがさらによくなりましたっ。ちょっと涙目になることが多いかなーというくらいで、パッチリ度、角膜のクリア度など、もう全然気になりません。体調がよくなったせいか、先週にも増してお転婆度アップです。すごいイキオイで机の上を駆け回るので仕事が手に付かず時々キャリーに入れられてしまいます。 今日初めて耳の後をナデナデされて“ゴロゴロ”とのどを鳴らすことができました(^^)

7月3日(水) 今週あたりからすごいイキオイで走回ります。今までのテリトリー(モニタ後の棚の中)にじっとしてなくて、机→椅子→床→どこかに潜り込む→ほこりまみれ……と、大変な騒ぎです。とにかくすばしっこくて、テテテテテって感じであちこちもぐってしまいます。
人にも甘えることを覚えたのか、「なでて〜」とすり寄ってきたり、椅子の小さなスキマに乗って、ワタシのモモあたりにペッタリくっついて寝たりします。可愛いですよ〜〜〜。

7月4日(木) 今日も昨日と変わらずの1日。元気爆発です。昨日仕事関係のメールマガジンに「里親募集」の告知を出したのですが反応はまだなし、、、明日はいよいよ第一回目のワクチン接種なので、来週からもっと本格的に里親探しに動かないとダメだなーと思ってしまいます。

7月5日(金)
-病院へ-
1週間ぶりの病院。体重が820gになっていました(^^) インターフェロンの注射と3種混合のワクチンを打つ。そして3週間ぶりにもう一度寄生虫検査。「虫卵なし」の結果でした。先生も「正直こんなに回復が速いとは思いませんでした」なんておっしゃってくださって、一応の治療は終了です!! インターフェロンの点眼点鼻はとりあえず続けて行く予定です。
で、週末です。先生の見解では「まだ完璧に風邪のウイルスが抜けたとは断言できないので」ということなので、今週末もMさんちへお泊まりです。

7月8日(月) ワクチンを打ったあと、ちょっと心配だったのだけど、金曜の夜はずっとおとなしく寝ていたそうです。でもって週末もいつもどおり。また月曜になって会社に戻ってきました。鈴付き首輪も嫌がらず良い感じ。今日はずーーーっと棚の中で寝ていました。元気がないのかな?と思うと、起きてきてジャンプジャンプの大運動会。

7月9日(火) 昨日と同じような1日。机の上→椅子の上→床、と降り方を覚えて先週はあちこちもぐりこんでしまい大変だったのだけど、床に降りても変なところにもぐらなくなりました。椅子の上でゴロゴロ寝ていたり、なんだかとってもイイコです。

7月11日(木) 子猫を保護して1ヶ月経過してしまいました。相変わらず1日3回の点眼・点鼻は続けていますが、いたって元気。快食・快便・快眠、すっかり事務所での生活にも慣れてしまいました。このサイトの告知を広げたり、ポストカードを作ってあちこちバラまいたり、相変わらずの里親探しは続けていますが(消極的すぎるのかな?)、里親さん候補は現れず、です……。

7月12日(金) 今日はやたらとテンションの高い子猫ちゃん。床まで降りて、クリップやらゴミ(^^;を追いかけてすごいイキオイで走回ってます。すっかりモニタ後の棚にいる時間がなくなってしまいました。椅子の真下にもぐり込むので、社内には「動く時にはまず子猫の位置確認」の発令が出されました。今週末もMさんちにお泊まりです。

7月15日(月) 月曜日、子猫ちゃんも出勤です。テンションの高さは先週以上。今までは社内のフロア1/3くらいの範囲内から出ようとはしなかったのですが、今日は端から端まで駆けずり回っていました(^^; 床が大理石風なので、滑るわけなのですが、それがオモシロイみたい。シューッて滑って時には転んで、また反対方面にダッシュしてます。行動範囲が広がってしまったおかげで、もぐりこんだ先で寝てしまうと、しばらく行方不明状態。スタッフ全員子猫ちゃんペースに振り回されています。。。

7月16日(火) 今日はついにみんながいるフロアから応接部分に移る間にある7段ほどの階段の途中まで上がるようになってしまいました。
あまりにも机の下やダンボールがゴチャゴチャ積まれた奥深くへ入って、ホコリまみれになってしまうので、モップですみずみまで掃除をする(^^; このモップがお気に召したらしく、モップの動きに合わせて追いかけたり逃げたり。今日も1日、すごい運動量だったかも。

7月19日(金)
-病院へ-
昨日を境に里親さん候補の方現る!!! 子猫ちゃんの可愛さがわかっていただけてホントに嬉しい。
まだどうなるかは、これからのお話しだいですが、今日病院へ行ってきました。
というのも、現在はとっても元気なのですが、まだインターフェロン入りの目薬での点眼・点鼻を続けているので、それをいつまで続けるべきかを相談に行ってきたのです。定期的に受けていたインターフェロンの注射は2週間前に終わったのだけど、その1週間後あたりから、たまに左目がパッチリ開かない状況があったので、それも気になっていたのです。
先生の診断によると、「猫風邪のウイルス(ヘルペスウイルス)が完璧に身体から抜けたとは言い切れない。抵抗力が落ちたり、疲れたりすると、目にその影響が出ていると思う。生後8ヶ月くらいまでは、点眼点鼻を続けた方が良いと思う。」ということでした。
子猫のうちにしっかり治さないと、大人になってからも涙目になったり、微妙に左右の目の大きさが違う猫になってしまうそうです。
(といっても、その程度ですが(^_^ゞ 猫さんに慣れてる方ならたぶん全然気にならないことだとは思います。。。)

ちょっとおメメ(左目)がパッチリしない時があって、時々涙目になる以外はとにかく元気で可愛いさかりの子猫なんですけどねー。
体重も1kgになりました(^-^)
事務所のスタッフ全員ちょっと子猫ちゃんと離れがたくなってしまってはいますが、子猫の状況を理解してくださる里親さんの元で暮すのが一番と信じています。
今週末もMさんちにお泊まりです。また来週の月曜に報告は続きますっ(^-^)
----------
書き忘れましたが、金曜日の病院で、もう一度インターフェロンの注射を受けました。[7/21追記]

7月22日(月) 週末もMさんちで相変わらずのお転婆ぶりだったようです。事務所生活では、すっかり階段の上り下りは覚えてしまいました。ひとりで上手に上へ下へと上り下りしています。(ただし、事務所の出入り口への階段は「絶対ダメ!」としてるので、まだ上ろうとしないところがなんだかお利口さんです>ちょっと全員親ばか状態(^^;
まだ入るのを許されていない倉庫部分に人が入ると、ダ〜〜〜ッとドアの前に走ってきて入るチャンスを狙っています。事務所のスタッフ全員倉庫出入りが“泥棒的”で、ちょっとオモシロイかも(^^)

7月26日(金)
-病院へ-
明日はいよいよ里親さんのおうちにお嫁入りです。(やっぱりちょっと淋しいけれど、子猫ちゃんはきっと幸せになってくれると思います!)
先週先生とスケジュール確認をしたとおり(7/5に第一回のワクチンを受けたので、7/26以降ならワクチンを受けられるとのこと)、今日2回目のワクチンを受けてきました。子猫の場合、1回目のワクチンはなんともなくても2回目のワクチンで副作用が出るという話もきいていたので、ちょっと心配しましたが、大丈夫のようです! 
体重は1075g。またちょっとだけ増えましたが、先生(今日はいつもの先生ではなかった)の診断では「ちょっとだけスリムな方」ということでした(^^; 最近“食べ物”よりも“遊ぶ”ということに興味をもっているというお話をしたら、子猫の時期は一時そういう時期があるそうです。もう少し多くごはんをあげたいところですが、猫風邪の影響でちょっと軟便が続く時もあるので、こちらの方を意識すると、ごはんの量を安易に増やしてしまうのも問題ありとのことで、なかなか難しいですね。便の調子と元気のバランスを見つつ、ごはんを与えなきゃかもしれません。
インターフェロンの目薬を出していただき、嫁入り道具のひとつ(?)とすることにしました(^^)
今晩はMさんちに最後のお泊まりです。お嫁入りの様子、またレポートしたいと思っています。

7月27日(土)
お嫁入り
二転三転したものの、結局前日遅く“お嫁入り”は車で行けることになりました。お昼すぎに出発してまずMさんちへMさんと“モモちゃん”を迎えに行く。ワクチンのせいか、昨日からちょっとおとなしいとのこと。車の中で、Mさんの顔とワタシの顔を交互に見ながら、声を出さずに口だけあけて鳴く。よく「出して〜」って訴える時の鳴き方です。その後はあきらめれくれたようで、おとなしくケージの中で寝ていました。
途中、里親さんを紹介してくださったHさんと合流して、ついに里親Nさんちに到着! おうちの外までNさんとお母様がニコニコとお出迎えしてくださる。玄関には買ったばかりの立派な猫トイレと、猫砂、爪切りなどが封をあけてない状態であり、とっても望まれてこのおうちに来れたことを感じられて、ワタシもMさんも大感動でした(^-^)
ケージをあけると、「ここはどこだろう?」という表情をしながらも、“ももちゃん”(Nさんのお母様が命名(^-^))はすぐにお部屋の中を探検。早速テレビ台の後のスキマを見つけ、そこを行ったり来たり。オモチャにはつられて出てくるものの、やっぱりまだ落ち着かない様子です。目薬の点眼点鼻法をお話して実際にやってみていただいたり、抱っこしていただいたり、なごやかに時間を過ごしました。長々とおしゃべりしてしまったけど、最後の方“ももちゃん”はすっかりテレビ裏が気に入ってしまったようで、そこで寝てしまいました。ちゃんと顔を見て「バイバイ」はできなかったけど、Mさんとワタシとお別れの挨拶をすませ、帰宅の途につきました。
今はまだ新しいおうちに慣れていないかもだけど、きっとそのうちNさんのおうちをあちこち走り回る“ももちゃん”の様子が目に浮かぶようです。ちょっぴり淋しいけれど、本当に良いおうちに行けてよかったなー。やっぱり“ももちゃん”は“強運”猫だったようです(^-^)

7月28日(日) Nさんからメールがありましたヽ(^。^)ノ “ももちゃん”は、テレビの裏のお気に入りスペースにこもっているようです(^_^;;; ごはんもあんまり食べてくれないようですが、遊びに出て来たりもするようです。
新しい環境に慣れるまでこもりっぱなしの猫さんのお話もよく聞くので、それよりは全然良い状態だとは思うので大丈夫!“ももちゃん”、早く新しいおうちに慣れるんだぞ!

7月31日(月) 昨夜、Nさんからまた嬉しいメールがありましたヽ(^。^)ノ あんまりステキな内容だったので、そのまま転載!>Nさん、掲載OKのご快諾ありがとうございます!
-----------------
さてモモですが、すっかり家に懐きました。例の猫じゃらし草のあるところやソファにも上ってジャレたり寝たり。2階もすっかり様子が分かったようです。
まだ膝にのってくることはないですが、大体半径50cmぐらいまでわざわざ寄ってきてからくつろいだりしています(^^)。とっつかまえて耳の裏撫でればゴロゴロいうし、もう少しですね。
昼間は寝てる様ですが、夜になると鈴ボール追っかけて走り回ったり階段昇降したりと元気いっぱいです。
トイレですが、全く問題なし。大1小3ぐらいが一日のペースですね。
場所も、ケージの中から大きなトイレの中に小さなトイレを置く、という細工をしたら一発で理解してくれました。もしかしてモモはすごーく賢いんじゃないかと既に飼い主バカになってます(笑)。
食も進んでます。缶詰だと皿まで舐めてます。
というわけで、すっかり家族の一員になりました(^^)。ご安心ください。
-----------------

子猫ちゃん保護奮闘記TOPへ