セナ

2011年3月20日にいきなりわが家の次男になったセナ。
チャイとは180度違って物おじしない性格(脳天気とも言う?)。わが家に来た初日からおなか出して寝ていたのにはびっくり!
お客様もだーい好き♪オモチャで遊んでもらうのもだーい好き(もうシニア世代突入だけど)♪
ノルウェージャンだけど“スコ座り”が得意です。

名 前 セナ
性 別 オス(去勢済)
種 類 ノルウェージャンフォレストキャット
(ブルーマッカレルタビー&ホワイト)
生年月日 2004年12月13日
体 重 5.55Kg
好きなもの トンボさん、遊ぶこと、お客さん
嫌いなもの 抱っこ
性 格 とにかく人見知りしない。初めてのお客様も大歓迎〜♪
HOME > 我が家の歴代猫 >セナ

セナチャイマロロビ
+チャイをはじめ、歴代のうちの猫sのご紹介です。


セナ

震災10日後に家族になったセナ

チャイとお別れしてから1年7ヶ月と20日でやってきたセナ。チャイを亡くして、極度のペットロスに陥ったワタシにとって、新しい猫を迎えるにはだいぶ時間が必要でした。8ヶ月ほどたった頃、少しずつ里親募集サイトを見るようになるも、やっぱりまだ気持ちの整理がついていない。そしてさらに8ヶ月。「この子なら!」というコに一目ぼれして、譲渡会なるものに行ってみるも、この時はご縁はつながらず。やっぱり猫と暮らすのはもうやめた方がいいってことかなーなんて思ったり。
でも今思えば、きっと猫神様が「チャイままと暮らすコはこのコじゃないよ」ってことだったのかなーと思います。

初めてわが家に到着して30分くらいのセナ。家の中をあちこち探検してたと思ったら、カメラに直進してきました(^^)

そしてその後すぐに3月11日の震災。
日本人誰もが「これからどうなってしまうんだろう」と混乱している中、3月19日(土)午後2時、学生時代の友達から「ネコの里親を探している」と電話がありました。
なんでも飼い主さんが亡くなってしまい、セナのブリーダーでもある友達のAちゃん(今はブリーダーさんはしていない)がとにかく引き取ってきたそう。Aちゃんちは1ダース級の猫屋敷で、里親を探しているとのことでした。

電話をもらったときは即答できなかったんだけど、いったん切って、30分悩んで決断。
今回の地震でも不安な状態だったろうに、飼い主さんともお別れしなければならないというあまりにも過酷な境遇がワタシの気持ちに突き刺さってしまった感じです。
そして決断してから24時間待たずしてセナはわが家にやってきました。

運命的出会い?

2日目写真。リラックスしすぎだと思うんだけど……

もっと前のタイミングだったらワタシは「まだ再び猫と暮らす覚悟ができていない」と、お断りしていたでしょう。そしてもっと遅いタイミングだったら、他の猫と暮らしていたかも…。
「次は里親サイト的なところから」と思っていたのだけど、またもや純血種・長毛飼いになってしまった…。
メインクーンとノルウェージャンフォレストキャットって“似てる(見た目が)”と言われる猫だし…。
そして後から知ったさらにびっくりなのは、セナのおとうさんは、昔わが家にも遊びに来てくれたこともあるKAIくんであり、さらにセナの誕生日は12月13日、チャイの誕生日は12月14日、と1日違い。
そんなことを考えると、セナとの出会いは“運命”だったのかなーと不思議な気持ちです。

人間大好き!遊ぶの大好き!

セナがわが家に来たのは、満6歳と3ヶ月。
子ども時代は終了しているので、セナという名前も前の飼い主さんからのを引き継いでそのまま「セナ」にすることにしました。
名前の由来は元飼い主さんが「アイルトン・セナ」のファンで、そこから来ているとか。

先代チャイの6歳の頃をイメージして迎えたものの、全然違う!!!
写真ではわからないけれど、まずチャイとセナの大きさが断然違う。10キロ越えのチャイに対し、セナは5キロ、半分サイズです。ワタシにとって長年大きなチャイのサイズが普通サイズだったので、なんか子猫みたいな感覚。「セナは小さいね〜」と当時は毎日言ってたし、ゴハンの食べる量も少なくて最初は心配したりしました。
そしてチャイは絶対お布団の中には入ってこなかったけれど、セナは2日目から潜り込んできてワタシにぺったりくっついて寝ていました(*^^*)

2012年6月のセナ。邪魔猫ぶりに拍車がかかっています

セナが来てしばらくは「おばちゃんはね」なんてセナに語りかけていたし、セナのことをいつも「チャイ」と言い間違えてばかりだったけど、あっという間にすっかりワタシの大切な次男です。
お客様大好きだし、遊んでもらうのも大好きだし、猫というより犬みたいにしょっちゅうワタシにつきまとっているセナですが、また猫と暮らせることができて良かったなーと毎日を楽しんでいる今日この頃、です。セナが来てくれたからこそ、チャイとの楽しかった日々を笑って思い出せるようになったのかなー。
セナ、うちのコになってくれてありがとう!

日々のセナのことはブログ「酔っぱのたわと」で書いています。
(更新日:2012年6月23日)