チャイ

Studio chaichai看板猫チャイです。
メインクーンの中でも大きくなるタイプだったらしく、最大時は12kg目前まで巨大化。 ひとりっ子で甘々に育ててしまったせいか、超のつくお坊ちゃまな性格かも…。得意技は“おすわり”“お手”“おかわり”。
病気知らずだったチャイですが、2006年9月に巨大結腸症になり、2年後の2008年には手術を経験。2009年9月25日に突然心筋症による血栓症になり、同9月30日、旅立ちました。享年12歳9ヵ月。
後期チャイのことはブログ「酔っぱのたわごと」でも書いています。

名 前 チャイ
性 別 オス(去勢済)
種 類 メインクーン
ブラウンタビー&ホワイト
生年月日 1996年12月14日〜2009年9月30日
体 重 最大時11.92Kg
好きなもの カアチャン・マタタビの粉・おかか・チーズ(でもおかかとチーズはめったに食べられない)
嫌いなもの 抱っこ・大きな音
性 格 8歳くらいまでは聞きなれない音コワイ!知らない人コワイ!ピンポ〜ンが鳴ると、ダッシュでクローゼットの中へ…のタイプだったのだけれど、トシとってからは図太くなりました。

■チャイの血統書写しはコチラ

HOME > 我が家の歴代猫 >チャイ

セナチャイマロロビ
+チャイをはじめ、歴代のうちの猫sのご紹介です。


チャイ

売れ残りのメインクーン

 毎日通勤で通る街道沿いの小さなペットショップに、子猫のチャイはいました。
 当時マロの時のブリーダーさんにお願いして、メインクーンと暮らそうと思っていた私は、小さなメインクーンを発見したものの、車を止めてお店に行くまではしませんでした。
 でもなんか気になる…。毎日車の窓越しに「まだいるかな?」と確認するようになっていました。「あのコ、まだいるなぁ。ずいぶん大きくなってきたな」。値札に×がついて値引き表示がされるようになってしまいました。どんどん子猫のことが気になり出す私。そしてついに私の心は決まりました。
 ペットショップのドアを開けた時、すでにチャイは生後4ヶ月になっていました。お店の女性が「おうちが決まって良かったね」とチャイにやさしく声をかけてくれたのが印象的でした。

噛み噛み猫だったチャイ

 実家で猫と暮らしていた経験はあるものの、自分が保護者になるということは初めてなので、とまどうことばかり! チャイはめったに鳴かないコで、家に来たばかりの頃は「このコは鳴けないのかも」と思ったくらい。初めて小さな声で「ニャー」と鳴いた時、思わず拍手しちゃいました(^^;
 家に慣れてくるとチャイは“噛み噛み猫”に変貌。 チャイ自身は遊んでるつもりなのだけど、とにかく私に年がら年中噛みつく(T_T) ニフティのFPETDC猫屋敷にお世話になって、噛みグセも完治!
 これといった病気もせず、よく食べよく寝、台所の蛇口からお水を飲む巨猫に成長しました(^^)

内弁慶

 大きな身体にノミの心臓。とにかく怖がりなチャイです。だから病院に行くと診察台の上で固まるので、先生からは「おとなしい(^-^)」と褒められますが、、、。家でもちょっとした物音にはすぐビクビク。もう少し我が子にはドーンと構えててほしいのが親心。
 ただひとたびお遊びモードに入ると、すごい勢いで走り、体当たりされると人間は確実に倒れます(^^;  でもって“猫キック”もすごい力。私の腕にからみつき、これでもか〜というくらいキックキック。さすがにこれ以上大きくなるとまずいかな?

巨大結腸症

 2006年の9月、巨大結腸症を発症し、薬と食事管理でなんとか耐えていたものの、2年後の2008年9月にどうにも出なくなってついに手術を受けたチャイ。一時はどうなることかと思ったけれど、現在元気な12歳です。でも巨大結腸症は手術をしても完治しないことが多いので、やっぱり要注意中。ダイエットと毎日のお薬はかかせません。