カテゴリー: セナ

2015年02月01日

さらに鳥たち

また鳥です。
なんでこんなに鳥にハマってるのかなぁと考えてみたら、冬の季節は外ネコさんたちにあまり出会わないからかも。

先日、英会話学校のクラスでバードウォッチングにハマっている話をしたら、先生から「双眼鏡は持って行くのか?」と聞かれ、あー、そういえば近所の散歩で双眼鏡は考えなかったなぁ、と、今日は双眼鏡持参で出かけてみました。
ワタシにとって双眼鏡はケニア・マサイマラでサファリする時の必須アイテムなので、コンパクトだけど9倍率、ってのを持っています。
なので、しっかり観察できるのだけど、都心で双眼鏡使うのって、なんとなく恥ずかしいなぁ。なんかアヤシイおばさん過ぎない?(^^;

今日は風が強くて寒かったけど、空がキレイでした。
上を見上げて歩いてたら、ムクドリ発見!
IMG_3344
ムクドリは大群でしょっちゅう見かけるけど、写真撮れたことなかったかも。
↓大群の一部がこんな感じで電線にいました
IMG_3342
↓シジュウカラもよく見るけど、なかなか写真が撮れないなぁ。これ以上近づくと逃げちゃうし、ちょこまか動き回ってうまく撮れない…。
IMG_3346
↓カワセミくんは今日も元気。
IMG_3354

ところで、野鳥にハマっていたら、多摩動物公園のTwitterで、こんなつぶやきを見つけました。

鳥類標識調査員(バンダー)なる方々がいらっしゃるのですね!
環境省 山階鳥類研究所の鳥類標識調サイトを見てみたら、知らなかったことだらけ!
特に「足環のついた鳥を見つけたら」は必見!

ウォーキングから戻ったら、準備しておいたお風呂に直行。
いつもはお風呂で本を読むのだけれど、今日はiPhone持ち込んでたので、いつもフタの上でワタシのお風呂につきあうセナを激写。
IMG_1458

カテゴリー:セナ, 気になる!2 Comments

ページのトップへ

2015年01月28日

今日のセナ

セナのおもちゃ“トンボさん針金バージョン”を新調しました。
いつものおもちゃでも、ゴハンと一緒で“開けたて”は食いつきが良いのです。

右手にカメラ、左手にオモチャのポーズでは、ピントが合わない〜(^^;

↓偶然のベロ出し
IMG_1207
↓よっ。
IMG_1209
↓ん?
IMG_1210
↓もいっちょ。
IMG_1211

カテゴリー:セナ3 Comments

ページのトップへ

2015年01月24日

今日のセナ

今日のセナ。
なんかシッポの位置が…。

IMG_1191

カテゴリー:セナコメント

ページのトップへ

2015年01月23日

今日のセナ

最近のセナ、あまりにもいつもと変わらないセナだから、またまたほとんど写真を撮ってません(^^;

とりあえず今日は日課の“お遊びタイム”の動画を撮ってみました。
でも以前アップしたのとほぼ変わらないかな?

エコバッグの下にトンボさんを潜ませると、くいついてきます。
シッポのブンブンがその証拠。
ナイロン製のエコバッグは、飛びついた時に「ずざーーっっ」と滑るので、そのへんがセナのお気に入りです。

動画自体も3分弱と長いですが、実際はさらにこの状態が5分くらい続き、その後、いきなりスイッチが入ってトンボさんを追いかけ回します。
右回り、左回りを交互に繰り返し、ハアハア言いながらつかまえて“お遊びタイム”終了〜。

セナ、10歳なのに毎晩この“お遊びタイム”しないとご機嫌斜めになるのです。ものすごく元気。

↓“お遊びタイム”終わると、そそくさとベッドに寝に行きます。
「寝てたんだから撮らないでよ!」
IMG_1450

カテゴリー:セナコメント

ページのトップへ

2015年01月17日

ペットと暮らす人が災害時にすべきこと

1995年1月17日の阪神・淡路大震災から20年。
実は昨年11月、自治体主催の「災害に備えて」というペットに関しての公開講座に参加しました。
遅ればせながら、この機会にその講座の内容を少しまとめてみようと思います。

家族であるペットと暮らすワタシたちは、災害時にうちのコとの避難はどのようにすればいいのでしょう。
準備はどの程度したらいいのだろう、と気になることはたくさんです。
とくに東日本大震災後は、今まで以上に災害への備えを考えますよね。
あれこれネットで調べたりはしていたものの、私の知識は断片的なものの集合体だったので、区とか都とか国とかが、この問題について現状どう考えているのかを知りたくなりました。

結果、この講座に参加して、知らなかったことがたくさんでした。

まず、災害時におけるペットの避難については、環境省の管轄だということ。

ちょっと災害時の話からは逸れますが、動物保護法についても環境省の管轄で、環境省のホームページ↓にはよく見ると、あれこれ色々「そうなんだ!」な有益情報がまとめられているのですが、人目につきづらいがっかりさ(^^;
でも、要チェックです。
環境省自然環境局>動物の愛護と適切な管理>関連資料>パンフレット・報告書等

環境省は災害時において、ペットとの【同行避難】を強く訴えているそうです。
↓詳しくはこのパンフレットを要チェック!
災害時におけるペットの救護対策ガイドライン(平成25年6月)

2006年(平成18年)に改訂された「動物の愛護及び管理に関する法律(いわゆる動物愛護法)でも、災害時における動物たちの避難、保護、救護などについても明記されています。
動物愛護管理法 [動物の愛護と適切な管理] – 環境省
過去の災害時において、動物達の避難が大きく拒否されたことがありましたが、《ペットは置いて人間だけ避難させる形》では、その後ペットの救出やエサ&水やりなど、初動の同行避難より大幅なコストがかかってしまうことが判明。
その結果、災害時には、【ペットと一緒に避難してください】という方針に変わったそうです。

2006年の新潟県中越地震では、全ての仮設住宅が「ペット可」になったそうだし、避難所についてもペットがいる人、いない人での区分けの他、避難所内にペット救援センターが設置されたりと、ワタシが思っていた以上に自治体のペットに対する配慮は向上しているのだなぁという印象でした。

ただし、市区町村によってはまだまだペットとの同行避難に理解がない地域もあるとのことなので、念のため地元の自治体を確認しておくと良いかもです。
自治体の優先順位は個別地域>その都道府県>国的な順番になるようです。

次に飼い主として、災害時に備え、何を準備しておくべきか、です。
ペットに対する社会的な理解が深まってきているとはいえ、共に暮らす家族を守れるのは飼い主であることには変わりありません。

講座で提言された《飼い主の準備》は、以下のとおりです。

  1. 健康管理(ワクチン接種、駆虫、病気の治療、健康手帳、不妊去勢手術など)
  2. 飼育管理(動物のニーズを満たした飼育管理、個体識別、しつけ、同行避難できる棟数と種類の動物など)
  3. ペット避難袋

(1)については、災害時にペットとの同行避難をした場合、どうしても他の動物たちと距離が近い環境におかれる可能性が高いわけで、そのためにはワクチン接種や健康手帳の携帯が重要とのこと。
(2)については、万が一家族であるペットとはぐれてしまった場合の個体識別(迷子札やマイクロチップ、写真など)の重要性。
そして同行避難できる種類の動物についての管理とは、たとえばヘビとかワニ?とか危険を伴う動物をペットとしている場合、災害時にこれら動物が逃げ出してしまった時の問題点なども十分考えておかなければならないということ。

今回の講座は公益社団法人日本動物福祉協会の方が講師として説明をしてくださったのですが、上記1〜3に共通して利用できる「緊急災害時同行避難袋チェックリスト&健康データ」なるものをいただきました。
↓だらしなくセナがご案内?しているコレですが、上記日本動物福祉協会のココ(直接PDFにリンクしてます)からダウンロードできます。
(3)ペット避難袋のチェックリストも載っています。
IMG_1181
ちなみに実物の表紙の「動物の写真を入れましょう」のところには、開閉式のビニール袋がついています。
写真はペットの顔写真だけでなく、後ろ姿や全身、飼い主さんと一緒の写真などを入れておくと良いそうです。

この講座を受ける前は、災害時において避難を余儀なくされる状態になったら、《自助》《共助》《公助》部分の《自助》だけでとにかく“うちのコ”を守らなきゃ!と思っていたのですが、意外と“公助”が助けになってくれるかも、と思いました。

たとえばキャリーバッグだけで避難したとしても、避難所ではケージを借りることができるとか、充分なペットフードを持たずに避難してしまったペットたちのためには、ペットフード業界からのペットフード提供が連動されているなど、自治体なりの準備もそれなりにしてくれているんだなぁと。
ただ、もちろん当然、避難所でも快適な環境やいつものゴハンなどなどを用意できるのは飼い主の責任。
ケージやフード、トイレなどなど、全ての被災動物たち分用意されているわけではないので。

最後にもう1つ、思ったこと。
災害時において、もちろん個々に《我がコ》を守ることが最重要だけど、被災者となった場合、他のコ、動物達みんなを守ることへの協力行動を大切にしたいな、と思いました。

災害はないにことしたことはないけれど、やっぱり避けて通ることはできない現実ですよね、
その時のために、しっかり準備は整えておきたいと思いました。
そして、コレを読んでくださっているみなさまとの連携もきっと重要。
《もしもの時》には、連携よろしくです!

カテゴリー:セナ, 気になる!コメント

ページのトップへ

2015年01月13日

本「ネコの吸い方」

坂本美雨さんの「ネコの吸い方」を読みました。

“ネコを吸う”って、インパクトのあるコトバ。
でもネコ飼いには“びびびっ!”とくるコトバ!
IMG_1329

自称“ネコ吸い妖怪”な美雨さんのネコ歴史。
物心ついた時にはいつもネコがいた環境。
兄弟のように一緒だったネコたちの話。
美雨さんの記憶と、お母さん(矢野顕子さん)に確認した事実とがクロスしていく。

そして美雨さんが溺愛するサバ美との出会い。今の暮らし。

読み終わった『ネコの吸い方』を、どうしても義妹に読ませたかったので、お正月に会ったとき渡しました。
なんでかっていうと、そもそも義妹も“ネコ吸い”だから(^^)
わが家に来たときは必ず「セナちゃんのおなか、いいですか?」と一言いったあと、セナのおなかに顔をうずめて狂喜する義妹なのです。
チャイの時もそうだった。

義妹に『ネコの吸い方』を渡したとき、「これ知ってる?」って聞いたら、「知らない」の答えが返ってきたんだけど、横にいた弟が「知ってる!ラジオで聞いた。ぜったいうちのパターンと一緒だ、と思ってたんだー」とw

その後、義妹からは「サバ美は毛色は違いますが顔や表情がうちの空太郎にすごく似ていて妙に親近感を覚えます。」などと、感想メールがきました。

そうなのです、美雨さんちのサバ美ちゃん、不思議なことに、たくさんの“うちのコ”との共通点があるコなのです。“うちのコ”代表キャラ。
そのへんも読みどころ&見どころ満載の本だと思います。

↓セナが“サバ美ちゃんっぽいところ”はこんな感じかな?
「吸って!」
IMG_1411
↓ネコと暮らす幸せな瞬間かも
IMG_1413

あ、そもそも“ネコを吸う”とは!?な疑問をお持ちの方もぜひ読んでみてくださいね。
究極のネコ飼いとは!がわかりますw

ネコの吸い方 ネコの吸い方
坂本 美雨

幻冬舎 2014-12-09
売り上げランキング : 1542

Amazonで詳しく見る by G-Tools

カテゴリー:セナ, コメント

ページのトップへ

2015年01月04日

12月のセナ

12月はセナ写真、全然更新してなかったなぁと、今さらだけどアップ。

↓冬になって、日中のお日さまの光が部屋いっぱいに差し込みます。
ってことで、セナのいる場所はいつもお日さまのあたるところ。
ネコ耳がカゲになって写る写真、自分的には好き。
141229_01
↓これなんて、夜はワタシがテレビ見る体勢&場所なのだけど、日中はセナに占拠&マネされてます
141229_02
↓床暖房つけてると…。こんなふうに丸まってたかと思うと(実際はもっとアンモナイト的に丸まってる)…
IMG_1340
↓伸びてるし。
……これは、今日。だいぶおなかの毛が割れ割れだし、年内にシャンプーしたいなぁ…。な時期の写真。
IMG_1078
↓で、夜にワタシが寝転がってテレビ見る体勢になると、足下でこんな感じになるセナです
IMG_1306

2015年になっても、ほとんど変わらないセナの毎日です。
あーーー、また仕事が始ってしまう〜。

カテゴリー:セナコメント

ページのトップへ

2015年01月01日

今年もよろしくお願いいたします

IMG_1092

あけましておめでとうございます。

2014年はあまりブログ更新しなかったかなーと、ちょっと反省。
2015年は気分も新たにまた書いていこうかなと思っていますので、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに写真↑は、2年前のメッセージカードが大掃除してたら出てきたので使い回し(2015部分のみ画像処理)(^^;
もちろんセナは2015年1月1日のセナですが。

大晦日に久々にシャンプーされたセナです。

↓シャンプー終わってお風呂場から出るところ
IMG_3217
↓9割方乾いたところ
IMG_1376

12月に撮ったセナ写真はまた追々アップしようと思います!

カテゴリー:セナ, 気になる!4 Comments

ページのトップへ

2014年11月28日

セナ、ワクチンで病院へ

火曜、水曜と冷たい雨がずっと降っていたので、セナの病院行き延期。やっと晴れた木曜の午前中、年に1回のワクチン+血液検査+健康診断のため、病院へ!

セナがわが家に来て4回目のワクチンやら血液検査やら。
病院はチャイもお世話になっていた病院だけど、すっかり院長先生以外の獣医師さんたちが入れ替わっていました。
以前、チャイがもっともお世話になったT先生が引退するため紹介された転院先の病院なんだけど、T先生曰く「院長先生はものすごく優秀で特に外科手術の腕はピカイチだけど、他の獣医師がすぐやめちゃうのが難点」と言っていたっけ。
院長先生がきびしいとか性格悪いとかそういう理由じゃない、と勝手に思うワタシ。
若い獣医師さん達が居着かない理由をさらに勝手に想像してみると…。
まず立地が悪い。最寄り駅より徒歩20分近く。
そして、医療機器は最新鋭らしいのだけど、病院のたたずまいがものすごく“昭和チック”。入り口の扉は、ガラガラッって横に開ける扉だし。
チャイのT先生に「牛とか(患畜として)来そうな病院ですよね」って言ったら、「ものすごく言い当ててる!」って笑われたし。
あともう1つ、最近は地元の他の動物病院が地域内のあちこちに分院とか夜間救急とか広げてきたから、以前より患者さんが少ないのかも……。
そんな病院だけど、チャイの時に本当に色々お世話になったし、応援したい病院なのです。

…と、話はだいぶそれたけど、セナね。

病院に行く前、油断してて気にせずキャリーバッグ出したら、あっと言う間にソファの下にもぐっていたセナ。
で、キャリーバッグに押し込めるまでにしばし格闘。

病院に着いて“ワクチン+血液検査+健康診断”をお願いしたら、「血液検査は今はキャンペーン期間ではないので、普通の検査になりますがいいですか?」と聞かれた。
セナが来てから過去3回の血液検査はそういえば“キャンペーン期間”での血液検査だった。
違いがわからなかったけど、まぁ若干今までより値段は高いんだろうなと思いつつ、ワクチンと血液検査は同じタイミングにしたいので「問題ないです」とお願いする。

そして、診察室へ。
初めましての可愛い女性先生。
「何か気になることはありますか?」と聞かれたので、ちょっと前にセナが耳を気にして振ったり掻いたりしてたので、診てもらう。問題なし。
チャイは耳のトラブル、一度もなかったので、お手入れ方法などを聞く。

体重は5.55キロ。
先生的にはちょっとだけ太り気味かなぁーな意識があったみたいだけど、セナが食にさほど興味がなくて、カリカリの1日の給与量目安の90%弱しか食べないことと、食べるより遊ぶこと命なことを伝えたら「まったく問題ないです」とのお言葉。

メインのワクチンと採血は、うちの病院は基本、飼い主は“待合室でお待ちください”になるのです。
ワタシ的には(たぶん全飼い主的には)、“私の目の前でお願いします”と思うだろうな、なんだけど、チャイの時はワタシがいないとチャイが暴れる的な状況があったので、ずっと同席してた経験ありだけど、誰にでも友好的なセナは毎年大丈夫なので、心配せずワタシは待合室へ。

なんか結構時間かかるなぁーとか思いつつ待つ。
採血に手間取ってるのかな?

待合室横の診察室には先生の他に看護師さんが入っている。
なんかふたりの笑い声が聞こえてきたぞ。
どうやらセナがふたりを笑わせる“可愛いこと”をやらかしたみたい。なんだったのかな?

ほどなくセナはキャリーバッグに入れられて、待合室に。

キャンペーン期間の血液検査(結果がわかるのは1週間くらいかかる)とは違って、今回のは翌日には結果がわかるそう。
「明日、ご都合の良い時にお電話ください」と言われる。

ワクチン証明書発行の準備とかの間に、先生にカリカリについて聞いてみた。
ロイヤルカナンの通常インドアタイプ7歳以上とべッツプランのエイジングケア ステージ1の違いについて。
先生の見解は「大きな違いはないけれど血液検査の結果によって左右されると思う」とのこと。
あ、そりゃそうだよね。

で、お会計。

キャンペーン期間じゃない通常の血液検査、今までの倍額だったぁー(^^;
まぁ、今までが安過ぎてびっくりだったのだけど。
(ちなみに今回の血液検査料はチャイの以前の病院時と変わらない金額なので、これが正当かと。)

↓家に戻って。「もう出かけない?」
141127_01
↓採血の注射は左手にされたんだね。ずっと左手舐めてます
141127_02

翌金曜日、血液検査の結果を聞きに電話をしました。
「問題なし」でした!

細かい数値については、明日また結果詳細をもらいに行くことにしたので、また改めてご報告しますね。

カテゴリー:セナコメント

ページのトップへ

2014年11月22日

セナのゴハン その4

141122

その後のセナのゴハンです。

ロイヤルカナンの「犬と猫の健康アンバサダー・プログラム」でモニター品としていただいたフィーライン ヘルス ニュートリション(FHN)「インドア 7+」にして、1週間がたちました。

“その4”として書くほどではないのだけれど、とりあえず1週間を振り返ってみようかと。

全然問題なく、というか、バリバリ食べてます。
前回書いたとおり、元々セナは小食なので、ロイヤルカナンの言う“1日の給与量目安”よりは少なめの毎日。
この1週間、毎日の食べた量をチェックしてみたのですが、1日55g前後ってところかな。
セナの場合、来月で10歳だけど、チャイの時とは比べ物にならないほど10歳の中高齢猫とは思えないほどの運動量なのですが(^^;
(さっきもオモチャを追いかけて、ジャンプして空中でオモチャを口でキャッチしてスタッと見事な着地!ちょっとこっちがハラハラしますw)

セナの体重での“目安”は、1日68gだから、まぁこれでいいのかな。

ちなみに今まで食べていた「ロイヤルカナン ベッツプラン猫用 エイジングケア ステージ1」との違いが知りたくて、ロイヤルカナン・サイトをあれこれチェックしてみました。
ロイヤルカナンのサイトには成分表など、細かい情報が出ています。

余談だけど、サイトを見てたら、フィーライン ヘルス ニュートリション(FHN)「インドア 7+」は、「おいしさ満足保証」ってサービスが適用されることを発見。
1kg未満のサイズで該当商品であれば返金してくれるみたいなので、どうしようかなぁ〜と思っている方にも試してみやすいかもです。

で、成分表の比較ですが、「インドア 7+」と準療法食の「エイジングケア ステージ1」では、それぞれの元の単位?が違って表示されているので、比較を挫折!(うーん、ワタシはこういう数値とか計算とか、苦手過ぎるので…)

2つの商品の特徴から考えるには、どちらも“抗酸化成分の配合”と、“リン”の含有量の調整がポイントのよう。
“抗酸化成分”とは、人間のアンチエイジング話題でも耳にしますよね。“リン”は、年齢とともに腎臓にダメージを受けやすい猫のための成分なのだとか。

……と、一応真剣にあれこれセナのゴハンについて自力で調べてみましたが、そもそもの栄養学とか知識がない&これ以上の向上は見込めないワタシなので、これから先、モニター商品なくなったら、「インドア 7+」と「エイジングケア ステージ1」と、どっちにしようかなぁ〜は悩みどころ。

……と、さらに考えてみたら、なんと!そうだ!来週あたりセナの1年に1回の病院に行かなきゃだったことを思い出した!
病院からハガキ来てたの忘れてたけど、去年、おととしは11月の今ごろだったんだ。

ってことで、来週か遅くても再来週にはワクチンと血液検査に病院に行く予定。
ついでにゴハンのことも先生に相談してこようかと。
また報告しまーす。

そういえば、「そろそろ尿検査も」と先生から言われていて、ワタシも検査してもらいたいんだけど、シッコとるのがなぁー。
セナのシッコのタイミング、早朝と夜だから、検査用に朝のシッコがとれるかどうか…。どうなることやら…。

カテゴリー:セナコメント

ページのトップへ

4 / 27先頭...23456...最後
酔っぱのたわごとをRSS登録する

Powered by

  • apple