カテゴリー: 気になる!

2016年07月17日

ロイヤルカナン「第5回犬と猫の健康 アンバサダー ミーティング」レポート(3)

前回のレポート(2)では、猫の特徴、性質をおさらいしました。

今回のアンバサダー ミーティングのテーマは「猫種ごとに異なる特徴とフード選びの基礎知識」なわけですが、ワタシとしては
ロイヤルカナン・アンバサダー・ミーティング“レポート”前の独り言でも少し触れましたが、猫は犬とは違い、大きさも見た目もそんなに大きな違いはないし、ゴハンも年齢ごとで気をつければいいんじゃないの?と思っていました。
講義はもう少しマニアックな話に進みます。

前回のレポート(2)でご紹介したとおり、猫の病気といえば腎臓疾患が一般的ですが、「猫さんの心臓の病気」として、《肥大型心筋症》が紹介されました。

IMG_6521

まさしくメインクーンのチャイはコレで亡くなったので(参考:「チャイ猫肥大型心筋症になる(1)」〜)、ものすごく気になるポイントです。

チャイが亡くなった2009年9月時点でのワタシの認識は、メインクーンは遺伝的に心臓に疾患があるので、猫肥大型心筋症になる可能性があり、結果チャイは猫肥大型心筋症になってしまった(それ以前から心臓の検査はしていて、心臓の薬を飲んでいたが)、というものでしたが、その後メインクーンに限らないことを知りました。

実際、ここ半年で、知り合いの2猫さんがチャイと同じ心筋症による血栓の症状で亡くなりました。
どちらも純血種猫さんではなく、Mix猫さんです。
つまり、猫肥大型心筋症は遺伝として現れる疾患ではあるけれど、特定の猫種だけにおこる疾患ではないってことですよね。

とは言いつつ、猫肥大型心筋症が猫さんの死因の多くを占めているわけではありませんが、こうした病気もふまえ、ロイヤルカナンが猫種ごとに違うケアが必要な観点からフードの提案をしているのは興味深いです。
IMG_6524

これら猫種ごとの特徴、性質から開発された今回新たに猫種も増えて新発売の「フィーライン ブリード ニュートリション」。

ちなみに見た目似ているメインクーンとノルウェージャンフォレストキャットについて、言及がありました(^-^)/

IMG_6523

ポン次郎くんお父さんのロイヤルカナン獣医師先生は、「メインクーンであるポン次郎の鼻筋はノルウェージャンに近いかも!」なご発言w
実際チャイもこの写真ほど鼻筋はカーブしてなかったような…。

メインクーンの“マロ”飼いだったうちの父は、ノルウェージャンの“セナ”を見て、「ノルウェージャンはメインクーンと違って目がアーモンド型!」と言うけれど、確かにだけど、それだけじゃなさそう。

実際のところはよくわからないけど、ワタシの思うメインクーンとノルウェージャンの違いは骨格かな。
チャイがでかすぎだったのかもだけど、抱っこして持ち上げたときの感覚が全然違う。
メインクーンのチャイは断然どっしりがっちりだったけど、ノルウェージャンのセナはくたくた&柔らか、です(^-^)

次回はもう少し《猫種の違い》について。
ちょっと時間あくかもですがお付き合いをm(__)m

カテゴリー:セナ, 気になる!コメント

ページのトップへ

2016年07月15日

ロイヤルカナン「第5回犬と猫の健康 アンバサダー ミーティング」レポート(2)

6月30日に参加したロイヤルカナン「第5回犬と猫の健康 アンバサダー ミーティング」レポート(1)からだいぶ日が開いてしまいました(^^;
(毎年7月は仕事が超忙しいのよ〜←言い訳)

ミーティングから半月。
おさらいもかねて、講義の内容について振り返ってみたいと思います。

↓ミーティングのプログラムはコレ
IMG_6485
↓プログラムの主旨
IMG_6488

・健康維持には「正しい知識が必要」
・しかし「正しい知識の取得は簡単ではない」。「誤解されていることも実に多い」。

なるほど!です。
なんとなく漠然と猫のことは知っているつもりだったけど、心してプログラムに臨まなくちゃ、です。

ロイヤルカナンの取り組みや猫ラバー社員さんの楽しいご紹介の後、ロイヤルカナン獣医師先生によるメインの講義1「猫種ごとに異なる特徴と気をつけるべきポイント」のスタートです。

↓まずは犬と猫の違いを各々の祖先から考察。
犬の祖先は群れで生活するオオカミですが、猫は単独生活なので「自分の身は自分で守る」が基本。
犬の柄に縞模様がないのは姿を隠す必要がないからでは?の考察に、なるほど〜!と感動w
(野生動物大好きで動物園もよく行くのですが、たしかに犬科動物に比べて猫科動物の柄の豊富さに納得!)

それゆえ猫は食べ物に対して、“嫌悪”、“恐怖”などの反応が見られるようです。
IMG_6506

また、犬の種類は300犬種以上、その体重差は50倍(セントバーナードチワワの体重差を人間に置き換えたら、40キロの人と2トンの人になる!に開場にどよめきがw)だそうですが、猫は約60種、体重差は5倍程度だそう。
IMG_6508

↓そんな猫の特徴から、注意すべき…がやはり腎臓疾患であることの説明。
IMG_6510

上の写真の説明、一番下に

中高齢の猫さんの
便秘は慢性腎臓病のサインかも…

とありますが、ワタシとしては、追加で、中高齢の猫の便秘は”慢性腎臓病かもしれないし、加齢により腸の蠕動運動が低下し、便が詰まってしまうチャイが晩年苦しんだ巨大結腸症も疑ってほしいな、と思ったり。

そして猫は“肉食動物”であることの説明。
“肉食動物”とは、《肉しか食べない動物》ではなく、《動物性の栄養素を必ず摂取しないといけない動物》。
一方、“雑食動物”とは《肉も野菜(植物)も食べるが、動物性の栄養素を必ずしも摂取しなくても大丈夫な動物》なんだそう。

↓動物性の栄養素を摂取できなかった“ベジタリアンキャット”の衝撃の事実!飼い主の無知で動物性栄養素を摂れなかった猫さん、不憫です…(T_T)
IMG_6514

雑食動物はベジタリアンにはなれても、肉食動物はダメだそうです。

肉食動物である猫にとって、《タンパク質》はとても重要で、たとえそれが猫がキライとされる“オレンジフレーバー”のゴハンだったとしても高タンパクであれば、猫はそれを選ぶという実験結果が紹介されました。

う〜む、こうやって、1つずつ実例を紹介されると、ものすごくわかりやすいですね。
ここまでは【猫】を再認識的な説明でした。

次回は《猫の品種による違い》パートのレポートに続きます(^-^)

カテゴリー:セナ, 気になる!コメント

ページのトップへ

2016年07月04日

ロイヤルカナン「第5回犬と猫の健康 アンバサダー ミーティング」レポート(1)

さて、前振り“ロイヤルカナン・アンバサダー・ミーティング“レポート”前の独り言”からの本編です。

2016年6月30日、ロイヤルカナン「犬と猫の健康 アンバサダー ミーティング」に参加するのは2回目です。
場所は品川のロイヤルカナン社。
第1回の時からはお引っ越しされたそうで、詳細な地図のご案内をいただきました。

ミーティングは木曜日。
開場は18:30ってことで、18時過ぎの品川に到着。
ラッシュアワーです。
近代都市のような品川のあちこちから帰途につく方々の流れと逆行して、目的地を目指します。

ちなみに数十年前の私の職場は品川@高輪口!
当時の“港南口”とはあまりにも違う…。
あたふたしながらロイヤルカナンを目指します。
すごい人の流れです!ひゃ〜〜〜っ!

↓猫CMが大好きな“窓を考える会社 YKK ap”さんも品川なんですね。猫付き看板がどーんと駅の通路に2つありました(^-^)
01
↓ロイヤルカナン社があるビルに“シバニャン”発見!
02

猫率高いですね、品川。

↓無事、ロイヤルカナン社に到着!
以前より広々とした感じ?
03

↓ガラス展示ルームがあるんだけど……。
え? ぬいぐるみ? え? ホンモノ???
(壁のコはぬいぐるみさんですね。これで、だまされそうになった!!!)
04
05
06
↓ちょびちゃん、ゴハン中〜。うわーっ,びっくりした!
07

後ほど伺ったところによると、以前ロイヤルカナンさんがあった建物は動物禁止だったそうですが、今はOKなんだとか。
そして、ちょびちゃんときなこちゃんは週末には専属シッターさんのお手伝いの元、こちらで暮らしているそうです。

↓ナマ猫さんに興奮しつつ、受付へ。
08

↓なるほど!これが、“ロイヤルカナン「違い」をケアする猫種専用フード”のラインナップですね! 

素朴な疑問。なんで“アメショー”さんのパッケージだけデザインが違うんだろう?とても気になる…。(これは未解決!!!)
横の“メモ入り缶”もガン見でチェック。
09

↓第1回のミーティングの時は犬猫共催だったので“猫飼い”ということでワタシは“ソマリ”さんテーブルだったのだけれど、今回は猫さんだけ。そして“猫種専用フード”の猫種に属する猫飼いさん+その他の猫飼いさんでテーブルが分かれていたようです。ワタシは“ノルウェージャンフォレストキャット”テーブルです。
10

初めましてのノルウェージャン・オーナーさんがワタシ以外に5名!
メインクーンさんテーブルには、第一回の時にお会いした“さっちの風”のさっちさんもいらっしゃり、お声をかけていただきました(*^^*)
さっちさん、ありがとうございます!また改めてブログ、ゆっくり拝見させていただきますね〜。

↓で、目の真にどーーん、な箱は、「どうぞ召し上がってください!」とご案内いただいた、おいしそうなサンドイッチ!
実際おいしかったですっっっっっ!ごちそうさま!
11

↓サンドイッチ食べつつ、ナマ猫メインクーンのポン次郎くんがやっぱりとても気になるワタシ(あ、ポン次郎くんの詳細「ロイヤルカナン・アンバサダー・ミーティング“レポート”前の独り言」はコチラをどうぞ)。
00

↓そしていよいよ、本編はじまりはじまり〜っ。
12

続きはまた次回(^-^)/

カテゴリー:セナ, 気になる!コメント

ページのトップへ

2015年09月21日

小さな女の子のお買い物

夕方のスーパー。
レジに並んだら、長ネギだけをカゴに入れ、楽しそうにぴょんぴょん飛び跳ねている小学校低学年の女の子が列の前にひとりでいた。

最近は知らないオトナがコドモに声をかけたりするのはよろしくないだろうと、なんとなく目が合わないようにしていた。

がっ、目があっちゃった。

女の子はぴょんぴょん跳ねながら「こんにちは!」とワタシに言った。
ワタシも「こんにちは!」と応えたら、
「あ、もう“こんばんは”、か(^-^)」と。

ワタシ「お買い物?えらいね!」
女の子「お母さんが具合悪くて私が買いにきたの」
ワタシ「お母さんのお手伝いができるんだね、すごいね!」
女の子「この間はね、キュウリを買いに来たのに、間違えてズッキーニ買っちゃったのぉ〜(笑)」

レジのお会計でお金を払うとき、まだちょっとすんなりお金が出せず格闘していた女の子。

バイバイも言わずまたぴょんぴょんと跳ねながらスーパーを出ていったけれど、彼女にとってはお母さんに頼まれたお買い物をすることは、責任重大な任務なんだろうな。

そんな一生懸命さが微笑ましたかったのと、怪しいオバサンと思われるのは面倒くさいと避けていたコドモとの思いがけないささやかな会話の機会がなんだかとても嬉しかった。

あの女の子のお母さんの体調は大丈夫だろうか。
こんなに人なつっこくて可愛い女の子、昨今の危ないオトナの悪の手からはくれぐれも無縁でありますように!
こんな風に普通に通りすがりのオトナとコドモが接点を持てる国であってほしいな。

いろんな思いがぐるぐるしたシルバーウィークの夕方。

みなさまも良い休日を。

カテゴリー:気になる!コメント

ページのトップへ

2015年04月18日

「動物絵画の250年」展@府中市美術館

ある日京王線に乗っていたら、「動物絵画の250年」@府中市美術館の広告を発見!
“春の江戸絵画まつり”と称した企画展として、江戸時代の魅力あふれる動物絵画が前期・後期合わせて約160点紹介されるのだとか。

ちょうど広告を見つけたのは前期終了間近だったので、まずはぎりぎり前期最終日の4月5日(日)、雨の中行ってきました。

IMG_3771

日曜日だったので、それなりに混んでいたけれど、都心の美術館の人気展と比べると全然マイペースで鑑賞できました。
江戸時代の絵師…には詳しくなくても、円山応挙や歌川国芳の名前はよく知っていたので、実物が観られて感動!
どの動物絵も生き生きしていてとてもヨカッタ!
これだけじっくりたくさん観られて観覧料700円は安い!!!

で、この700円のチケットは、後期分の観覧料が半額になる割引券が付いていました。
ということで、またまた今度は平日に観に行ってきました。

平日だったのと2度目で構成なども理解できていたのもあって、とてもゆっくり絵に没頭して観ることができました。

ワタシの一番好きな絵の観かたは、まず観る。何が描かれているのか。
「うわっ!この絵好き!」と思ったら、その感覚は大事にします。
で、絵の解説を読みます。
(動物絵画の250年展は全部の絵ではないけれど、別途音声ガイドもありましたがワタシは借りなかった)

絵などの展覧会での各作品の解説などは、その企画展の重要な特徴でもあるように思います。
展覧会によっては、作者と作品名のみなど、余計な説明はいっさいなしで見せるものもあるし。

今回は、解説がとてもステキだなと、思いました。
特に後期分はゆっくり観ることができたので、各解説も堪能しました。

絵とそんな解説がものすごく気に入ってしまったのが片山楊谷の「竹虎図屏風」。
解説文、きちんとメモすればヨカッタと後悔しきりですが、不正確ですが書かれていたのは「最近は動物の可愛さを表現する言葉に“もふもふ”がありますが、この絵のトラは“ちくちく”ではないでしょうか」という文章。

解説を読む前にどどーーんと大きな左右対の屏風に描かれた3匹のトラの迫力にすっかり魅せられてしまったワタシですが、この解説を読んでさらにノックアウト。
まさにトラ達の毛並みは“ちくちく”でした。

あまりにも感動したので、家に帰って調べてみたら、ありました!
片山楊谷《竹虎図屏風》獣毛の生気──「山下真由美」:アート・アーカイブ探求|美術館・アート情報 artscape
↑このページの2枚の屏風絵をクリックすると大きく“ちくちく”のトラの絵が観られるのでワタシの感動が伝わるかも。

でもって、このトラ屏風は鳥取県の雲龍寺所蔵のものらしいです。朝日新聞のこんなページ「鳥取)絵師ともみじに出会う寺 雲龍寺 山陰ものがたり」も発見!

とにかくこの展覧会、どの絵も動物好きのワタシには大感動ものでした。
現在は後期分としての展示ですが、本当に良い展覧会です。
ゴールデンウィーク最終日の5月6日(祝)まで開催されているので、興味を持たれた方はぜひ!!!

そして同じ系統で今月末4月28日(火)から6月7日(日)までは、いよいよ「国宝鳥獣戯画-京都 高山寺の至宝-」が東京国立博物館で開催ですね。
こちらもとても楽しみです!(コレは相当混むんだろうなぁ〜、だけど…)

カテゴリー:気になる!2 Comments

ページのトップへ

2015年04月12日

鳥と猫

最近天気がイマイチだけど、雨が降ってない時はなるべくウォーキング。日曜日に撮った写真。

↓いつものケヤキの木の穴からちょうど顔をのぞかせたワカケホンセイインコのメス
IMG_3772

↓大接近!3メートルくらいの距離で撮れたカワセミのオス。真後ろ姿だけになっちゃったけど
IMG_3791

↓タキシード猫さん発見!真っ正面から撮れなかったのが残念。
IMG_3781

↓わが家のセナさんは最近ワタシが仕事中でも机の上で爆睡するから相変わらずジャマ
IMG_1608

カテゴリー:セナ, 気になる!コメント

ページのトップへ

2015年04月11日

動物の死

「酔っぱのたわごと」は昔の記事を含め、「今日の人気記事Best5」ってのがわかるようになっているのだけど、時々チャイの記事が上位にあったりします。
今日も「チャイ猫肥大型心筋症になる」というチャイの最期、2009年9月のいくつかの記事へのアクセスが多くて、当時のワタシの思いがどなたかの参考になればいいな、という思いとともに、2015年の今、愛する猫さんが猫肥大型心筋症になって、葛藤されている飼い主さんがいるのかな、と思うと辛くなったりもします。

今日、録画した旭山動物園の実話を元にドラマ化した「新・奇跡の動物園 旭山動物園物語2015 命のバトン」を観たのだけれど、その中で「動物は死ぬまで生きるんだ」という言葉がありました。
“死ぬまで生きる”って、当たり前かもな言葉だけど、ワタシはチャイの最期を思い出しました。
チャイは本当に死ぬまで生きたから。
ワタシがそれをちゃんと目の前で見て、証明できるし。

でも命の最期に居合わせることは、喜び?(=看取れてヨカッタ的な)もあるし、看取る以前に悲しみの方が大きい場合もあるし、とてもとても複雑。
ワタシはチャイの最期を看取れたことに満足はしていますが、今でもあの時のことを思い出すと混乱するし、ハードでした。もう5年半も前のできごとだけど、正直今でもものすごくあの時のできごとを引きずっているし。

やっぱり命って、簡単には語れない。とても重い。
その命について、もしチャイと同じ“猫肥大型心筋症”で苦しんでいる方がいたら、とにかくワタシは良い結果となるよう祈りたいです。

IMG_4350

カテゴリー:チャイ, 気になる!コメント

ページのトップへ

2015年04月08日

「インターペット2015」に行ってきました!(番外編)

前回の記事でロイヤルカナンの「犬と猫の健康 アンバサダー・プログラム」で招待され、インターペット2015に参加したことを書きましたが、もう1つネタ?がありました。

↓ロイヤルカナンさんブースでは不織布で作られたこんな可愛いバッグに入ったグッズをいただいたのです。
結構な大きさがあるし、「そうだ!クリーニング屋さんに行くときのバッグにしよう♪」と思い立ったのですが…。
01
↓セナに占拠されました。何度も何度も飛び込んでは隠れています
02
↓で、悲しいかな、破れました…(T_T)
03
ま、セナは破れてもお気に入りなので、セナのオモチャとして使えばいいんですけどね…。

カテゴリー:セナ, 気になる!コメント

ページのトップへ

2015年04月05日

「インターペット2015」に行ってきました!

週末は東京ビックサイトで行われていた、「インターペット2015」に行ってきました!

ペット系イベントに行くのは初めてです。
セナのゴハンでお世話になっている、ロイヤルカナンさんの「犬と猫の健康アンバサダー・プログラム」に参加しているのですが、「インターペットご招待!」に応募したら、招待チケットを2枚いただきました〜♪

↓ロイヤルカナン・ブースのイベント・レポーターとして参加します!
IMG_1716

ロイヤルカナンさんイベント参加は2回目ですが(以前のミーティング参加記事はこれ)、積極的にユーザーさんの正直な感想を集めようとされている姿勢は好感度高いです。
ロイヤルカナン製品ユーザーでなくても(たぶん良いハズ)犬・猫飼いさんだったら「犬と猫の健康アンバサダー・プログラム」に登録して色んなイベントを体験してみると良いかもです(ワタシは楽しいし勉強になってるので)。

ということで、犬飼い友達とふたりで「インターペット2015」へ潜入!です。

↓イベントは「ALL JAPAN PET EXPO in TOKYO」という総合タイトルの元、3つのペット関係イベントが同時開催、なのですね。
ワタシが出かけたのは金曜日だったので、他の2つは開催されてなかったけど。
いざ、東3ホールへ!です。
IMG_3700

まずびっくりだったのは、犬連れさんの多いこと!

↓9割犬さん、猫も1割弱はいたのかな? ピンボケだけど、ワタシが大好きな大きい犬さん写真をこっそり?撮ったら、偶然お兄さんが連れてる猫さんが写ってた!
IMG_3727
↓参加犬さんの7割はバギー(乳母車?)に乗っていました。
お疲れモードのわんちゃんたち?
IMG_3729

犬飼いの友達いわく、最近小型犬〜中型犬のバギー率は特に高いそうで、昔はなかったけれど、今は大型犬用バギーも多いのだとか。
そういえば、何社かのバギー会社のブースもあったし、老犬介護用ハーネスのブースもありました。

↓びっくり〜!な犬さん用ケーキのブースもいくつかありました。
IMG_3705

さて、いよいよロイヤルカナンのブースに潜入です!

↓わ〜!大きなブースです!大盛況の様子。
赤いお揃いのジャンパーを着たスタッフさんたち、みんなニコニコ(^-^)
IMG_3722

テーマは、楽しみながら学べる!「生涯を通じて、犬と猫の健やかライフのためにできること」だそうです。
具体的にどんな展示?をされるのかは全くわからないで参加しました。
「楽しみながら学べる!」ってどんなのだろう?

↓まずはイベント・レポーターとしての参加を告げ、他のお客様とともに順番を待ちます
IMG_3706
↓6人のチームでプログラムに参加。
ロイヤルカナンの歴史、理念に続き、これからのプログラムの内容説明を受けました。
IMG_3709

ペットの生涯で起こる5つのシーンにおけるフード選びや栄養学が学べるプログラムだそうです。
各シーンごとに“運だめし”のカード・ゲームがあって、引いたカードの内容によって、最後に参加賞グッズがいただけるのだとか!

ワタシたちのチームは、ミニチュアダックスさん連れのカップル、ペット業界の方?という感じのスーツ姿の2男性、そして犬飼いのワタシの友達&ワタシの6名。猫飼いはワタシだけかな?

STEP1「0歳」母犬が妊娠した時の栄養について、STEP2「4ヶ月」子犬が離乳した時期についてのゴハンについて。
なるほど!多くのブリーダーさんたちに信頼の厚いロイヤルカナン、お母さんと子供たちの状況に応じたゴハンの大切さに取り組んでいるのですね。
ちなみにセナゴハンがロイヤルカナンなのは、セナ実家(元ブリーダー)の友達Aちゃんがオススメしてくれたからです。
IMG_3710

STEP3「1歳」避妊去勢について。
ブリーダーさんでなくワタシのように一般飼い主として自覚しなきゃがこれですね。漠然と知っていたこの時期の情報もしっかり具体的に聞くことができました!
IMG_3713

STEP4「4歳」時点でステップごとに引いていたワタシのカードは2勝2敗。
IMG_3715
ちなみにSTEP4では、犬さんのアジリティについての紹介がありました。ハードルをジャンプしたり犬の障害物競走みたいなアレですね。そんなアジリティに参加する犬さんのためのゴハンってのもロイヤルカナンにはあるんだそう!びっくり!!!今まで猫のことしか知らなかったけど、今回は犬さんについてあれこれ学べてるな〜。

↓最後のSTEP5「6歳」では、腎臓の機能低下のお話。
猫だけでなく犬さんも腎臓機能低下は気をつけなきゃなのね。
IMG_3718

↓げげげーーっ!愛犬・愛猫のゴハンをきちんと考えてあげた結果の世界ご長寿記録は、犬さんで【29歳5ヶ月】、猫さんで【38歳3日】なんだそう!!!びっくり!
IMG_3720

↓犬・猫のステップごとに説明をしてくださったスタッフさんたちですが、みなさん首から下げた名札を提示して説明をしてくださいました。
がっつりチェックできなかった(&ピンボケ写真でごめんなさい)だけど、みなさん名札に「好きなor飼っている犬さんまたは猫さん種」みたいなことも記入してあって、コレ、さらに親近感ア〜〜〜ップ!でした(^-^)
IMG_3720

10分くらい?の全プログラムを終了し、ワタシのカード・ゲーム最終結果は3勝2敗。犬猫シールとこの4月からの可愛い卓上カレンダーをいただきました!!!!
(犬飼い友達は2勝3敗で犬猫シールとトートバッグをゲット♪)
↓家に帰っていただきものの写真撮ってたらやっぱりセナに邪魔されました(ちなみにセナがさわっているのはシール。裏側は犬さんバージョンです♪)
IMG_1725

大満足でブースを出たら、昨年5月のロイヤルカナン本社でのアンバサダー・ミーティングでお会いしたイケメン・スタッフさんと遭遇!(ロイヤルカナン「犬と猫の健康 アンバサダー ミーティング」レポートその2参照ww)
少しばかりお話をしました。
「プログラムの内容は、ミーティング参加者さんにとってはすでにご存知の内容だと思いますが、一般のお客様に周知したくてこういう内容になりました。いかがでしたか?」との質問。
ワタシ自身知っていることも多かったけれど、「へぇ〜!」な内容もたくさんあったし(特に犬情報)、何よりも動物好きのスタッフのみなさんが自信を持ってロイヤルカナンというペットの生涯においての健康に細かい配慮をしている会社に誇りを持って働かれているんだな、ってことが伝わってきて、良いプログラムでした。

実際、今回のインターペットでは、その他のブースもあちこち回り、オバサンならではの図々しさであれこれ質問してみたのです。
自社製品でもあまり積極的でない説明しかできない担当者さんとかもいくつかあったし、“とにかくペットにはぜったいイイ!”を強調して強引な方もいたりで、そういうブースを冷静にチェックしてみると、信頼できるところが逆に目立ってくるのですよね。
お世辞抜きで、ロイヤルカナンの姿勢はよかったです。
犬飼い歴の長い一緒に行った友達も「おもしろかった!」って言ってたし。

強いてもう少しこうすれば…、と思った点は、ロイヤルカナン製品について、相談・質問できるコーナー?みたいなのがあったらよかったかな、と。
ロイヤルカナン製品を普段使っていたり、まだ使ってないけれど気になっている人達にとって、ペットショップとかでなく実際メーカーさんと触れ合える機会ってそうないわけだから。
あ、もしかして、スタッフさんにそういう意志を伝えれば、ちゃんとお話できたのかもだけど。

実際今回のインターペットで、ワタシが気になっていた「マイクロチップ」、「震災時の避難用キャリー」、「歯磨きグッズ」、「猫砂処理グッズ」などのブースもたくさんあって、とても勉強になりました。
でも、そういうブースでも説明を聞くと、「何が何でもわが社の製品を売るぞ!」って鼻息粗い担当者さんから「あー、質問されたから答えますけどね〜」的な多分その会社でお給料もらってるけど、自分の会社の仕事にはあまり興味なくて〜な方までたくさんなわけです。自ずと消費者の判断は働きますよね。
オモシロカッタ!

あーーーっ、なんかダラダラと長く、さらに最後の方はヨッパ・レポートになっちゃった…。
インターペットで気になったモノについて、また改めて書くかもです。

カテゴリー:セナ, 気になる!コメント

ページのトップへ

2015年03月21日

セナ近況

またまた久々の記事になってしまいました。

セナは相変わらずです。
3.11震災の9日後に“うちのコ”になったセナなので、セナとの生活も5年目に入りました。

狭いわが家でも「セナ、どこにいるんだろ?」という時がたまにあるのですが、ちょっと探すとだいたいいつもこんな感じで“ここにいるよ状態”で寝ています。
偶然なのかわざとなのか!?

↓ソファーの下にいるよ
IMG_1702
↓棚の中にいるよ
IMG_1606

久々の更新で、セナの手だけ写真ではなんなので…。

↓台所でカアチャンの邪魔をするの図。
隠れてないけどやっぱり右手を“パー”にして自己主張?
IMG_1708

いつの間にか、だいぶ春らしくなってきました。
↓これは3月12日に撮った梅とメジロですが(メジロの特徴である目の部分が撮れなかった〜)、すでに季節は梅から桜ですね。
IMG_3560

川にいた冬の鴨たちもすっかり目にしなくなりました。
いるのはほとんどカルガモです。
IMG_3578

カテゴリー:セナ, 気になる!コメント

ページのトップへ

1 / 5012345...最後
酔っぱのたわごとをRSS登録する

Powered by

  • apple