2016年07月02日(土)

ロイヤルカナン“猫種専用フード”モニタースタート

昨日前振りを書いたとおり、6月30日にロイヤルカナンの「犬と猫の健康 アンバサダー ミーティング」に参加してきたわけですが、お土産として、7月4日発売の「猫種専用フード」をいただきました。
今まで“ペルシャ”とか“メインクーン”用などはあったけど、このたび“ノルウェージャンフォレストキャット”も追加され、全7種となったそう。

ロイヤルカナン 「違い」をケアする猫種専用フード

さっそく7月2日(土)よりモニター始めたのでミーティングのレポート前に記録です。

↓左が今回いただいた“ノルウェージャンフォレストキャット”用♪ 右は今までの。そしてゴハンにスリスリなセナ(^^)
01
セナのいつものゴハンは「ロイヤルカナン ベッツプラン猫用 エイジングケア ステージ1」というのなのだけど、これは里親になったとき、セナが今までロイヤルカナンのべッツプランを食べてたとのことで、そのまま引き継いでいました。
うちに来て年1回血液検査はしているけれど、今のところ何も問題なし!です(^-^)

このフード、《生後12ヶ月齢から12歳まで》とあります。
昔は7〜8歳越えるとシニア、って感じだったけれど、猫の寿命も伸びているようでなんとなく嬉しい。
実際、11歳と6ヶ月のセナですが、高いトロコにはがんがん飛び乗るし、夜の運動会やお遊びタイムではものすごいイキオイで走り回るしジャンプするし、全然“中年猫感”がありません(^^)

さて、話が逸れましたが、ゴハンです。
↓左が今までの、右が今回の“ノルウェージャンフォレストキャット”用です。形は違うけれど、大きさはだいたい同じかな?
02
カリカリの粒のことを《キブル》というそうですが、猫の特徴に合わせてそれぞれこのキブルの形が違うのが“ロイヤルカナン猫種専用フード”の特徴の1つでもあるそう。

“ノルウェージャンフォレストキャット”用の“キブル”は《Y字型》。理由は↓だそうです。

  • たくましいアゴが捉えられる。
  • よく噛むことを促し、フードの食べ過ぎを抑制。

↓ものすごくガツガツ食べてます(^^;
03
↓カリコリとちゃんとしっかり噛んで食べてます。あ、でも時々そのまま飲み込んでる時もあるみたいだけど、もともとセナはあまり食には興味ないので、食べ過ぎの心配は大丈夫かな?
04

ということで、これからしばらくこのフードで変化をチェックしていこうと思います。
ロイヤルカナンのスタッフさんが「今までもロイヤルカナンのフードだった場合、変化は少ないかもしれませんが…」とおっしゃってたけど、まぁ、そりゃそうかもですね(^^)
ワタシなりの発見があるといいな♪

ちなみに“ロイヤルカナン猫種専用フード”、キャンペーンで“オリジナル メモ入り缶”のプレゼントがあるそうですが、アンバサダー ミーティングに参加したお土産に、“ノルウェージャンフォレストキャット”と“アメリカンショートヘアー”のメモ缶、いただきました〜♪
これが超可愛い!!!
05
↓切り込みから折って、こんなふうに使うらしい(*^^*)
06
↓結構な枚数、入ってますよ♪
07
↓缶のウラも可愛い〜
08

キャンペーン情報はこちらから。
メモ缶プレゼントだけでなく、モニター募集もやっているみたいです♪

(なんだかすっかりロイヤルカナン宣伝おばさんになってるなー(^^;)

カテゴリー:セナコメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

酔っぱのたわごとをRSS登録する

Powered by

  • apple