2016年07月01日(金)

ロイヤルカナン・アンバサダー・ミーティング“レポート”前の独り言

6月30日、2年ぶりにロイヤルカナンのアンバサダー・ミーティングに参加してきました。

◎前回の第1回のレポート↓
2014年5月27日 ロイヤルカナン「犬と猫の健康 アンバサダー ミーティング」レポートその1

アンバサダー・ミーティングとしてはすでに第5回だそうで、今回は《猫》のみのミーティングでした♪

テーマは「猫種ごとに異なる特徴とフード選びの基礎知識」

実家の初代猫ロビはペルシャ・ミックス。
実家の2代目猫マロと私の長男チャイはメインクーン。
そして私の次男現セナはノルウェージャンフォレストキャットなわけですが、実は正直言って3種の違いはそれほど気にしていませんでした。
同じ猫でしょ?って。
(詳細プロフィールは《我が家の歴代猫》をどうぞ)

そんなワタシでしたが、講義を聴いて、目からウロコでした。

さらに、チャイの生まれ変わりかと思えるような“ナマ”メインクーンさまにまで会えてしまったので、卒倒しそうなくらい大興奮でした。

↓まずは遠くからの写真をどうぞ
ぎゃ〜っっっっっ!!!
01
特別ゲストであるポン次郎さま。
ロイヤルカナン・スタッフ獣医師H先生のご子息。
7歳のメインクーン。体重は10.6キロだそう(*^^*)

ポン次郎くんの巨大さにびっくり!
最大時11.92キロあったチャイより大きいんじゃない!?って思ったけれど、もしかしたらすでにセナの大きさが基準になっていて、ワタシがチャイの大きさを忘れちゃったのかも(T_T)

↓このでかさ!
02

講義の中では、チャイが亡くなった直接原因である“猫肥大型心筋症”についても説明がありました。

◎チャイの心筋症について↓
チャイ猫肥大型心筋症になる(1)

実はここ半年くらいの間で、知り合いの猫さん(ミックス日本猫さん)でふたり、“心筋症”で亡くなっているので、レアな病気ってほどでもなさそうです。

猫の病気といえば腎臓系がまずは思いつきますが、そんなこともあって、心臓の病気も多いのかも、との印象を持っていました。
今回ロイヤルカナンから新発売される猫種専用フードは、“心臓”に対しての配慮もされているそうです!!!

これはワタシ的には見逃せないので、このへんをメインにレポートをしていきたいと思います。
なんか気になるポイントが色々でなかなか文章がまとまらない〜。アタマ冷やして少しずつまとめようと思います。

それにしても、期せずしてチャイのことをたくさん思い出す&考えるきっかけとなり、ちょっとばかしセンチメンタル(^^;

↓「チャイの生まれ変わり!?(@@)/」と卒倒しそうになった
03
ポン次郎くん、たくさん撫でさせてくれて写真撮らせてくれてありがとう。ずっとイイコにしていて、このへんはびびりのチャイとは大違いでした(^-^)

カテゴリー:チャイ, セナコメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

酔っぱのたわごとをRSS登録する

Powered by

  • apple