2015年04月11日(土)

動物の死

「酔っぱのたわごと」は昔の記事を含め、「今日の人気記事Best5」ってのがわかるようになっているのだけど、時々チャイの記事が上位にあったりします。
今日も「チャイ猫肥大型心筋症になる」というチャイの最期、2009年9月のいくつかの記事へのアクセスが多くて、当時のワタシの思いがどなたかの参考になればいいな、という思いとともに、2015年の今、愛する猫さんが猫肥大型心筋症になって、葛藤されている飼い主さんがいるのかな、と思うと辛くなったりもします。

今日、録画した旭山動物園の実話を元にドラマ化した「新・奇跡の動物園 旭山動物園物語2015 命のバトン」を観たのだけれど、その中で「動物は死ぬまで生きるんだ」という言葉がありました。
“死ぬまで生きる”って、当たり前かもな言葉だけど、ワタシはチャイの最期を思い出しました。
チャイは本当に死ぬまで生きたから。
ワタシがそれをちゃんと目の前で見て、証明できるし。

でも命の最期に居合わせることは、喜び?(=看取れてヨカッタ的な)もあるし、看取る以前に悲しみの方が大きい場合もあるし、とてもとても複雑。
ワタシはチャイの最期を看取れたことに満足はしていますが、今でもあの時のことを思い出すと混乱するし、ハードでした。もう5年半も前のできごとだけど、正直今でもものすごくあの時のできごとを引きずっているし。

やっぱり命って、簡単には語れない。とても重い。
その命について、もしチャイと同じ“猫肥大型心筋症”で苦しんでいる方がいたら、とにかくワタシは良い結果となるよう祈りたいです。

IMG_4350

カテゴリー:チャイ, 気になる!コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

酔っぱのたわごとをRSS登録する

Powered by

  • apple