月別アーカイブ: 2015年4月

2015年04月18日

「動物絵画の250年」展@府中市美術館

ある日京王線に乗っていたら、「動物絵画の250年」@府中市美術館の広告を発見!
“春の江戸絵画まつり”と称した企画展として、江戸時代の魅力あふれる動物絵画が前期・後期合わせて約160点紹介されるのだとか。

ちょうど広告を見つけたのは前期終了間近だったので、まずはぎりぎり前期最終日の4月5日(日)、雨の中行ってきました。

IMG_3771

日曜日だったので、それなりに混んでいたけれど、都心の美術館の人気展と比べると全然マイペースで鑑賞できました。
江戸時代の絵師…には詳しくなくても、円山応挙や歌川国芳の名前はよく知っていたので、実物が観られて感動!
どの動物絵も生き生きしていてとてもヨカッタ!
これだけじっくりたくさん観られて観覧料700円は安い!!!

で、この700円のチケットは、後期分の観覧料が半額になる割引券が付いていました。
ということで、またまた今度は平日に観に行ってきました。

平日だったのと2度目で構成なども理解できていたのもあって、とてもゆっくり絵に没頭して観ることができました。

ワタシの一番好きな絵の観かたは、まず観る。何が描かれているのか。
「うわっ!この絵好き!」と思ったら、その感覚は大事にします。
で、絵の解説を読みます。
(動物絵画の250年展は全部の絵ではないけれど、別途音声ガイドもありましたがワタシは借りなかった)

絵などの展覧会での各作品の解説などは、その企画展の重要な特徴でもあるように思います。
展覧会によっては、作者と作品名のみなど、余計な説明はいっさいなしで見せるものもあるし。

今回は、解説がとてもステキだなと、思いました。
特に後期分はゆっくり観ることができたので、各解説も堪能しました。

絵とそんな解説がものすごく気に入ってしまったのが片山楊谷の「竹虎図屏風」。
解説文、きちんとメモすればヨカッタと後悔しきりですが、不正確ですが書かれていたのは「最近は動物の可愛さを表現する言葉に“もふもふ”がありますが、この絵のトラは“ちくちく”ではないでしょうか」という文章。

解説を読む前にどどーーんと大きな左右対の屏風に描かれた3匹のトラの迫力にすっかり魅せられてしまったワタシですが、この解説を読んでさらにノックアウト。
まさにトラ達の毛並みは“ちくちく”でした。

あまりにも感動したので、家に帰って調べてみたら、ありました!
片山楊谷《竹虎図屏風》獣毛の生気──「山下真由美」:アート・アーカイブ探求|美術館・アート情報 artscape
↑このページの2枚の屏風絵をクリックすると大きく“ちくちく”のトラの絵が観られるのでワタシの感動が伝わるかも。

でもって、このトラ屏風は鳥取県の雲龍寺所蔵のものらしいです。朝日新聞のこんなページ「鳥取)絵師ともみじに出会う寺 雲龍寺 山陰ものがたり」も発見!

とにかくこの展覧会、どの絵も動物好きのワタシには大感動ものでした。
現在は後期分としての展示ですが、本当に良い展覧会です。
ゴールデンウィーク最終日の5月6日(祝)まで開催されているので、興味を持たれた方はぜひ!!!

そして同じ系統で今月末4月28日(火)から6月7日(日)までは、いよいよ「国宝鳥獣戯画-京都 高山寺の至宝-」が東京国立博物館で開催ですね。
こちらもとても楽しみです!(コレは相当混むんだろうなぁ〜、だけど…)

カテゴリー:気になる!2 Comments

ページのトップへ

2015年04月17日

本「妻と最期の十日間」

老眼鏡を使うようになってから、本を読むペースがめっきり遅くなってしまった。
数も昔ほど読んでないし。

ワタシが本を読むのは、寝る前にベッドで、がメイン。
多くは図書館で1冊だけ借りて、期限の2週間ギリギリかさらに延長してのありさま。お酒を飲んでしまった夜は、本を読まずに…になっちゃうし。

そんなワタシがお酒も全く飲まず、一気に2晩で読んじゃったのがこの本。
「妻と最期の十日間」桃井 和馬/著(集英社新書ノンフィクション)

著者の桃井和馬氏は写真家・ジャーナリスト。プロフィールには“世界140カ国以上を取材し、紛争・地球環境などを基軸にした独自の切り口で「文明論」を展開している”とある。

この本は、そんな桃井氏の“戦友”でもある奥様(当時41歳)が、ある日突然、本当にまったく突然、くも膜下出血で倒れ、そのまま意識も戻らぬまま脳死状態となり、亡くなってしまう記録が書かれている。
当たり前の普通の生活が、突然受け入れがたい現実として突きつけられる。
夫として混乱の中にあるものの、夫婦にはまだ小学校6年生の一人娘の存在もある。娘も混乱する。
そして、自身の両親や妻の両親、妻の同僚、友人…、数々の混乱。
それら全てを受け止めなければならない著者。
提示を求めた病院のカルテの記述とともに、ジャーナリストである著者が克明に記録し続けた、妻の“死”。

あまりにも絶望的な状況に、読んでいて辛すぎるのと同時に、世の中にはこういう現実もあるのだ、ということを深く知る。

脳死については漠然と関心があり、たまたまだけど柳田邦男氏の「犠牲(サクリファイス) わが息子・脳死の11日」と、猪瀬直樹氏の「さようならと言ってなかった わが愛 わが罪」の本になる前のメールマガジンを読んでいたので、まったく知識ゼロではなかったのだけど…。

誰にでも必ず訪れる「死」。
でも、それがどういう形で訪れるのかはわからない。
1つの“死”には、本人自身からとらえる死と、残される家族や近い存在の人たちからとらえる死があることを強く感じる。

そしてもう1つ。
この本で心を揺さぶられたのは、著者の御両親がキリスト教の牧師であり、著者自身も信者としての考え方を持っているところ。
絶望的状態の妻に対して祈り続ける中での葛藤が興味深い。

神は「祈れば叶えられる」自動販売機のような存在なのか?
神学者ボンヘッファーは、「機械仕掛けの神」になったヒトラーに抵抗する意味からも、その問いに正面から「NO」と結論を出した。
神にいくら祈っても、人間の願いが叶わないことは多い。その場合、人間は願いを受け入れない神を捨ててしまうのか? 反対に神に祈れば必ず願いが叶えられるとするなら、神は「人間の欲望」の範囲内でしか存在しないことになる。
(P185)

ワタシは自身の宗教を持たないけれど、中学から大学までカトリックの教育を受けたので、宗教について興味がある。
そしてその他の宗教についても、何が違うんだろう?という興味がある。

“死”について、宗教をからめて公平に考える機会を与えてくれるのは、やっぱり本だけだと思うので、そういう視点も含めてこれからも考えて行きたいなぁと思う今日この頃。
(うわぁ〜っ!まとまり悪い終わり方でごめんなさい!相変わらずヨッパです)

妻と最期の十日間 (集英社新書) 妻と最期の十日間 (集英社新書)
桃井 和馬

集英社 2010-12-17
売り上げランキング : 243638

Amazonで詳しく見る by G-Tools

カテゴリー:コメント

ページのトップへ

2015年04月12日

鳥と猫

最近天気がイマイチだけど、雨が降ってない時はなるべくウォーキング。日曜日に撮った写真。

↓いつものケヤキの木の穴からちょうど顔をのぞかせたワカケホンセイインコのメス
IMG_3772

↓大接近!3メートルくらいの距離で撮れたカワセミのオス。真後ろ姿だけになっちゃったけど
IMG_3791

↓タキシード猫さん発見!真っ正面から撮れなかったのが残念。
IMG_3781

↓わが家のセナさんは最近ワタシが仕事中でも机の上で爆睡するから相変わらずジャマ
IMG_1608

カテゴリー:セナ, 気になる!コメント

ページのトップへ

2015年04月11日

動物の死

「酔っぱのたわごと」は昔の記事を含め、「今日の人気記事Best5」ってのがわかるようになっているのだけど、時々チャイの記事が上位にあったりします。
今日も「チャイ猫肥大型心筋症になる」というチャイの最期、2009年9月のいくつかの記事へのアクセスが多くて、当時のワタシの思いがどなたかの参考になればいいな、という思いとともに、2015年の今、愛する猫さんが猫肥大型心筋症になって、葛藤されている飼い主さんがいるのかな、と思うと辛くなったりもします。

今日、録画した旭山動物園の実話を元にドラマ化した「新・奇跡の動物園 旭山動物園物語2015 命のバトン」を観たのだけれど、その中で「動物は死ぬまで生きるんだ」という言葉がありました。
“死ぬまで生きる”って、当たり前かもな言葉だけど、ワタシはチャイの最期を思い出しました。
チャイは本当に死ぬまで生きたから。
ワタシがそれをちゃんと目の前で見て、証明できるし。

でも命の最期に居合わせることは、喜び?(=看取れてヨカッタ的な)もあるし、看取る以前に悲しみの方が大きい場合もあるし、とてもとても複雑。
ワタシはチャイの最期を看取れたことに満足はしていますが、今でもあの時のことを思い出すと混乱するし、ハードでした。もう5年半も前のできごとだけど、正直今でもものすごくあの時のできごとを引きずっているし。

やっぱり命って、簡単には語れない。とても重い。
その命について、もしチャイと同じ“猫肥大型心筋症”で苦しんでいる方がいたら、とにかくワタシは良い結果となるよう祈りたいです。

IMG_4350

カテゴリー:チャイ, 気になる!コメント

ページのトップへ

2015年04月10日

本「南三陸日記」

久々に大感動の本に出会いました。
朝日新聞記者の三浦英之氏による「南三陸日記」です。

三浦氏は、現朝日新聞アフリカ特派員。
アフリカ関連の記事を追いかけていたらTwitter(@miura_hideyuki)上で知り、その文章と写真の素晴らしさにすっかりファンになってしまいました。

そんな三浦氏は2011年3月11日の東日本大震災の翌日から現地に入り、18日間取材を続けられました。
そして、その後同年5月から1年間、朝日新聞南三陸駐在として宮城県南三陸町に赴任。

本書は、当時朝日新聞で毎週火曜日、同タイトルで連載されていたものをまとめたものだそうですが、ワタシはこのたび初めて読みました。

3.11から4年が過ぎ、いまだ20万人越えの方々が避難者として仮設住宅や仮の場所での生活を強いられ、復興・復旧にはまだまだほど遠い現状ではあることは知りつつ、少しずつあの当時の自分の気持ちも時とともに薄くなっているというか、よくない方向に行っているんじゃないかな、と思って手に取った本です。

基本、見開きで1つのコラム的な記事があり、その内容にまつわる写真が次の見開きにある構成。
なので、とても読みやすい。
でも、その構成だからこそ、3.11の悲しみが「3.11東日本大震災」という大きなくくりでの悲しみでなく(2015年3月11日現在の警察庁まとめで死者15,891人、行方不明者2,584人)、本当におひとりおひとりの深い悲しみのカタマリであることが伝わってきて、読んでいてどれも本当に胸が締めつけられる思いでした。
この1つ1つの悲しみの記憶を忘れちゃいけない、伝えていかなきゃ、繋げなきゃ…な思いがあふれてきました。

あとがきにこんな文章がありました。

被災地で取材をしていると、今目にしている現実とはまったく異なる現実がこの世のどこかに存在しているのではないか、という錯覚を何度も抱きました。人々が家族の名を叫びながら、泥だらけになってがれきの中をさまよい歩いている現実はむしろフェイクで、どこかまったく別の空間にまったく別の現実が存在していて、人々はそこで明るく笑いながら、家族で温かな食卓を囲んでいるのではないか。私にとってーーそちらの世界の方がずっと自然で、何より説得力を持ち合わせていたからです。

(「南三陸日記」三浦英之/朝日新聞出版 P236-237)

泣けてきます。
その現場にはいないワタシにも三浦氏が目にして感じたこの思いは、ものすごく伝わってきます。
あの日の津波が平地をどんどん上って行く映像、夜になってあちこちを燃やす火の灯。テレビで見たあの光景は、ワタシにとってまったく現実的でなかったし、“日常の尊さ”を痛いほど感じたから…。

1つ1つの言葉がセンセーショナルでなく、静かに響きます。
何度も何度も推敲を重ね、ていねいに紡がれた文章なのだな、という印象を強く持ちました。そして胸を打つ写真。
ああ、これがプロの新聞記者さんの仕事なんだ!という意味でも感動しました。
今までワタシが触れてきた小説家やノンフィクションライターやフリーランスのジャーナリストの方々とは全く違う“伝わってくる思い”。

ぜひ多くの人と共有したい内容です。

明日は11日。
震災から4年と1ヶ月。
今日はいつもどおりの夜を迎え、4年前、いつもどおりであることのありがたみを感じたなーと振り返りながら過ごしました。

南三陸日記 南三陸日記
三浦英之

朝日新聞出版 2012-03-30
売り上げランキング : 273137

Amazonで詳しく見る by G-Tools

カテゴリー:コメント

ページのトップへ

2015年04月08日

「インターペット2015」に行ってきました!(番外編)

前回の記事でロイヤルカナンの「犬と猫の健康 アンバサダー・プログラム」で招待され、インターペット2015に参加したことを書きましたが、もう1つネタ?がありました。

↓ロイヤルカナンさんブースでは不織布で作られたこんな可愛いバッグに入ったグッズをいただいたのです。
結構な大きさがあるし、「そうだ!クリーニング屋さんに行くときのバッグにしよう♪」と思い立ったのですが…。
01
↓セナに占拠されました。何度も何度も飛び込んでは隠れています
02
↓で、悲しいかな、破れました…(T_T)
03
ま、セナは破れてもお気に入りなので、セナのオモチャとして使えばいいんですけどね…。

カテゴリー:セナ, 気になる!コメント

ページのトップへ

2015年04月05日

「インターペット2015」に行ってきました!

週末は東京ビックサイトで行われていた、「インターペット2015」に行ってきました!

ペット系イベントに行くのは初めてです。
セナのゴハンでお世話になっている、ロイヤルカナンさんの「犬と猫の健康アンバサダー・プログラム」に参加しているのですが、「インターペットご招待!」に応募したら、招待チケットを2枚いただきました〜♪

↓ロイヤルカナン・ブースのイベント・レポーターとして参加します!
IMG_1716

ロイヤルカナンさんイベント参加は2回目ですが(以前のミーティング参加記事はこれ)、積極的にユーザーさんの正直な感想を集めようとされている姿勢は好感度高いです。
ロイヤルカナン製品ユーザーでなくても(たぶん良いハズ)犬・猫飼いさんだったら「犬と猫の健康アンバサダー・プログラム」に登録して色んなイベントを体験してみると良いかもです(ワタシは楽しいし勉強になってるので)。

ということで、犬飼い友達とふたりで「インターペット2015」へ潜入!です。

↓イベントは「ALL JAPAN PET EXPO in TOKYO」という総合タイトルの元、3つのペット関係イベントが同時開催、なのですね。
ワタシが出かけたのは金曜日だったので、他の2つは開催されてなかったけど。
いざ、東3ホールへ!です。
IMG_3700

まずびっくりだったのは、犬連れさんの多いこと!

↓9割犬さん、猫も1割弱はいたのかな? ピンボケだけど、ワタシが大好きな大きい犬さん写真をこっそり?撮ったら、偶然お兄さんが連れてる猫さんが写ってた!
IMG_3727
↓参加犬さんの7割はバギー(乳母車?)に乗っていました。
お疲れモードのわんちゃんたち?
IMG_3729

犬飼いの友達いわく、最近小型犬〜中型犬のバギー率は特に高いそうで、昔はなかったけれど、今は大型犬用バギーも多いのだとか。
そういえば、何社かのバギー会社のブースもあったし、老犬介護用ハーネスのブースもありました。

↓びっくり〜!な犬さん用ケーキのブースもいくつかありました。
IMG_3705

さて、いよいよロイヤルカナンのブースに潜入です!

↓わ〜!大きなブースです!大盛況の様子。
赤いお揃いのジャンパーを着たスタッフさんたち、みんなニコニコ(^-^)
IMG_3722

テーマは、楽しみながら学べる!「生涯を通じて、犬と猫の健やかライフのためにできること」だそうです。
具体的にどんな展示?をされるのかは全くわからないで参加しました。
「楽しみながら学べる!」ってどんなのだろう?

↓まずはイベント・レポーターとしての参加を告げ、他のお客様とともに順番を待ちます
IMG_3706
↓6人のチームでプログラムに参加。
ロイヤルカナンの歴史、理念に続き、これからのプログラムの内容説明を受けました。
IMG_3709

ペットの生涯で起こる5つのシーンにおけるフード選びや栄養学が学べるプログラムだそうです。
各シーンごとに“運だめし”のカード・ゲームがあって、引いたカードの内容によって、最後に参加賞グッズがいただけるのだとか!

ワタシたちのチームは、ミニチュアダックスさん連れのカップル、ペット業界の方?という感じのスーツ姿の2男性、そして犬飼いのワタシの友達&ワタシの6名。猫飼いはワタシだけかな?

STEP1「0歳」母犬が妊娠した時の栄養について、STEP2「4ヶ月」子犬が離乳した時期についてのゴハンについて。
なるほど!多くのブリーダーさんたちに信頼の厚いロイヤルカナン、お母さんと子供たちの状況に応じたゴハンの大切さに取り組んでいるのですね。
ちなみにセナゴハンがロイヤルカナンなのは、セナ実家(元ブリーダー)の友達Aちゃんがオススメしてくれたからです。
IMG_3710

STEP3「1歳」避妊去勢について。
ブリーダーさんでなくワタシのように一般飼い主として自覚しなきゃがこれですね。漠然と知っていたこの時期の情報もしっかり具体的に聞くことができました!
IMG_3713

STEP4「4歳」時点でステップごとに引いていたワタシのカードは2勝2敗。
IMG_3715
ちなみにSTEP4では、犬さんのアジリティについての紹介がありました。ハードルをジャンプしたり犬の障害物競走みたいなアレですね。そんなアジリティに参加する犬さんのためのゴハンってのもロイヤルカナンにはあるんだそう!びっくり!!!今まで猫のことしか知らなかったけど、今回は犬さんについてあれこれ学べてるな〜。

↓最後のSTEP5「6歳」では、腎臓の機能低下のお話。
猫だけでなく犬さんも腎臓機能低下は気をつけなきゃなのね。
IMG_3718

↓げげげーーっ!愛犬・愛猫のゴハンをきちんと考えてあげた結果の世界ご長寿記録は、犬さんで【29歳5ヶ月】、猫さんで【38歳3日】なんだそう!!!びっくり!
IMG_3720

↓犬・猫のステップごとに説明をしてくださったスタッフさんたちですが、みなさん首から下げた名札を提示して説明をしてくださいました。
がっつりチェックできなかった(&ピンボケ写真でごめんなさい)だけど、みなさん名札に「好きなor飼っている犬さんまたは猫さん種」みたいなことも記入してあって、コレ、さらに親近感ア〜〜〜ップ!でした(^-^)
IMG_3720

10分くらい?の全プログラムを終了し、ワタシのカード・ゲーム最終結果は3勝2敗。犬猫シールとこの4月からの可愛い卓上カレンダーをいただきました!!!!
(犬飼い友達は2勝3敗で犬猫シールとトートバッグをゲット♪)
↓家に帰っていただきものの写真撮ってたらやっぱりセナに邪魔されました(ちなみにセナがさわっているのはシール。裏側は犬さんバージョンです♪)
IMG_1725

大満足でブースを出たら、昨年5月のロイヤルカナン本社でのアンバサダー・ミーティングでお会いしたイケメン・スタッフさんと遭遇!(ロイヤルカナン「犬と猫の健康 アンバサダー ミーティング」レポートその2参照ww)
少しばかりお話をしました。
「プログラムの内容は、ミーティング参加者さんにとってはすでにご存知の内容だと思いますが、一般のお客様に周知したくてこういう内容になりました。いかがでしたか?」との質問。
ワタシ自身知っていることも多かったけれど、「へぇ〜!」な内容もたくさんあったし(特に犬情報)、何よりも動物好きのスタッフのみなさんが自信を持ってロイヤルカナンというペットの生涯においての健康に細かい配慮をしている会社に誇りを持って働かれているんだな、ってことが伝わってきて、良いプログラムでした。

実際、今回のインターペットでは、その他のブースもあちこち回り、オバサンならではの図々しさであれこれ質問してみたのです。
自社製品でもあまり積極的でない説明しかできない担当者さんとかもいくつかあったし、“とにかくペットにはぜったいイイ!”を強調して強引な方もいたりで、そういうブースを冷静にチェックしてみると、信頼できるところが逆に目立ってくるのですよね。
お世辞抜きで、ロイヤルカナンの姿勢はよかったです。
犬飼い歴の長い一緒に行った友達も「おもしろかった!」って言ってたし。

強いてもう少しこうすれば…、と思った点は、ロイヤルカナン製品について、相談・質問できるコーナー?みたいなのがあったらよかったかな、と。
ロイヤルカナン製品を普段使っていたり、まだ使ってないけれど気になっている人達にとって、ペットショップとかでなく実際メーカーさんと触れ合える機会ってそうないわけだから。
あ、もしかして、スタッフさんにそういう意志を伝えれば、ちゃんとお話できたのかもだけど。

実際今回のインターペットで、ワタシが気になっていた「マイクロチップ」、「震災時の避難用キャリー」、「歯磨きグッズ」、「猫砂処理グッズ」などのブースもたくさんあって、とても勉強になりました。
でも、そういうブースでも説明を聞くと、「何が何でもわが社の製品を売るぞ!」って鼻息粗い担当者さんから「あー、質問されたから答えますけどね〜」的な多分その会社でお給料もらってるけど、自分の会社の仕事にはあまり興味なくて〜な方までたくさんなわけです。自ずと消費者の判断は働きますよね。
オモシロカッタ!

あーーーっ、なんかダラダラと長く、さらに最後の方はヨッパ・レポートになっちゃった…。
インターペットで気になったモノについて、また改めて書くかもです。

カテゴリー:セナ, 気になる!コメント

ページのトップへ

1 / 11
酔っぱのたわごとをRSS登録する

Powered by

  • apple