2015年02月18日(水)

今日のセナとセナごはん

数日前、スーパーで猫用ウエット・タイプごはんを2コ買いました。
最近はカリカリ・オンリーだったし、ウエット・タイプをあげるにしてもロイヤルカナンの「インスティンクティブ+7」だったのだけど、おやつ感覚で「たまには“ジャンクフード(?)”もいいかな」って。

がっ、1回朝晩であげてしまったら、味をしめたセナ、「あの“おいしいヤツ”が食べたい!ぜったいあれじゃなきゃイヤ!カリカリや他のゴハンは断固拒否します!」となってしまいました(^^;

スーパーのペットフード・コーナーで買えるこの製品は、“発色剤”として“亜硝酸ナトリウム(=発ガン性物質)”が使われているので、継続的にあげるのは気になります。
いや、人間(=ワタシ)の食べ物については、おいしいもの優先なのですが、カラダの小さなネコ、自分で食べ物を選べないセナのゴハンはやはりちょっと神経質になってしまいます。

ペットフード公正取引協議会では、ペットフード内の亜硝酸ナトリウム使用について以下の見解を出していますが…。

亜硝酸ナトリウム
食品で使用されている亜硝酸ナトリウムは、ペットフードの缶詰やスナック類の発色剤、保存料として使用される場合があります。AAFCOでは20ppm以下と使用限度量を定めています。

この「AAFCO」って、なに?(ロイヤルカナン・サイト内より

「AAFCO」とは米国飼料検査官協会(Association of American Feed Control Official)の略称です。
AAFCOでは、ペットフードの栄養基準、ラベル表示などに関するガイドラインを設定しており、日本のペットフード公正取引協議会の規約でも、AAFCOの栄養基準を採用しています。
AAFCOは基準を提示している機関であり、フードの検査を行ったり、認定や承認は行いません。

発色剤:亜硝酸ナトリウム…。やはり極力避けたいかな。「AAFCO」の基準値とは別に。

↓ねむーいっ!そんなカアチャンの今は関係ないです!なセナ
IMG_1374
↓「で、遊んで!」
IMG_1378

カテゴリー:セナコメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

酔っぱのたわごとをRSS登録する

Powered by

  • apple