2015年2月15日

2015年02月15日

ワカケホンセイインコ

1月14日にワカケホンセイインコのことを書きましたが、あの日以来同じ場所を通るたびに「いるかな〜」と見上げていました。
そしてついに今日またあのふたり(きっとそう!)に会ってしまいました!!!

↓わーーーっ!木の穴から首出してるっっ!!!
IMG_3449

驚かさないように木の下に近づいて、カメラ構えて、早く早く!と焦ったら…

↓がーーん、穴の中に入っちゃった!
IMG_3450

↓落ち着いてよく見たら、前と同じところにオスがいました。
首の輪っかが確認できました。
北風がめちゃくちゃ強い日だったけど、必死に飛ばされないようつかまっている感じ。
IMG_3451

この間はオスが木の穴をチェックしてたけれど、今度はメスが木の穴にいるようです。

↓しばらく、じっと待っていたら…。
出てきました!やっぱりメスですね。首のまわりの輪っかが見られません。
IMG_3453
↓ワタシのこと警戒している感いっぱい
IMG_3457

家に帰ってさらに調べてみたら、国立環境研究所の「侵入生物データベース」ってところにワカケホンセイインコのページがありました。
“侵入生物”に分類されるんですね。
このページに以下の記述がありました。

繁殖生態
高さ20m以上のケヤキの樹洞に営巣することが多い.
産仔数:1回に3〜4卵
繁殖期:繁殖期は4〜5月と7〜8月

記述の繁殖期にはちょっと早いかもだけど、ワタシが見たこの木はまさに“高さ20m以上のケヤキの樹洞”です。
私道の抜け道沿いなので、車も人もほとんど通らない場所。
やっぱりぜったい繁殖のための巣なんじゃないかな〜と、結構ワタシ、わくわくしてます。
近所でこういう観察ができるのは楽しいなぁ。

カテゴリー:気になる!コメント

ページのトップへ

1 / 11
酔っぱのたわごとをRSS登録する

Powered by

  • apple