月別アーカイブ: 2012年8月

2012年08月31日

セナその後、負傷その後

セナが帰宅して6日目の夜です。
ようやく昨日あたりからソファーの下に潜り込まないようになりました。
以前は日中よくいた棚の最上段にはまだ昇っていないけれど、今日は棚の中段で日中寝ていました。
夜は数日前からいつもどおりって感じで“トンボさん”でも遊びます。
ちょっとずつ思い出しているのかな?
↓で、今はこんな感じ。変な格好だけど、親ばか度をくすぐるポーズ

ご心配いただいている足の負傷その後ですが、整形外科から1週間後にまた来るよう言われていたので今日再度レントゲンを撮ってきました。
おかげさまで骨のヒビは順調にくっついているよう。
歩くのも負傷して4日くらいは足を引きずりつつゆっくり、でしたが、今は走ったりしなければ普通に歩けます。
ただ、まだ内出血と腫れは引かないので(あと2週間くらいはかかるらしい)、外出時はスニーカーのヒモをゆるめにして、の日々になりそうです。

腫れぼったいワタシの足なんて見たくないでしょうが、今日のワタシの足写真です。セナの足と一緒に撮れば少しはマシ?
クリックすると大きくなりますが、あまり見ない方が良いかも(^^; 腫れ自体は全く引いていないのですが、ケガした当時は内出血も足の甲真ん中を中心に全体に広がっていたのですが、今は真ん中へんはなくなって、外側あたりに残っている感じです。

カテゴリー:セナ, 気になる!2 Comments

ページのトップへ

2012年08月28日

マサイマラ鳥編part2+ナイロビの鳥

マサイマラから更新した時、意外と鳥写真が人気だったので帰国後大量アップ“動物写真”写真第二弾?三弾?は鳥編です。
鳥写真も整理してみたら90枚くらいありました。
でもどれもピンボケばかり。
今回のケニア行きで赤ちゃんチーター写真などを褒めていただきましたが、「写真」としては、鳥写真、さらにものすごくむずかしいです。
チーターとか大きい動物の方がそれほど苦労せずにそこそこ撮れます。

ということで、2012年8月11日〜20日まで、ワタシがケニアにいた間に撮った鳥写真の集大成です。鳥編第一弾はココを見てくださいね。まだ名前を調べ切れていない鳥たちがいっぱいいるので、もし「知ってる!」という方、ぜひぜひ教えてくださいね。
「マサイマラにて撮影」とあるのは、全てゲームドライブ中に撮ったものです。

↓LILAC BREASTED ROLLER/ライラックニシブッポウソウ
マサイマラではおなじみの鳥。目立つし道路脇の小枝によく止まっているので、至近距離からの撮影がしやすい鳥。でも今回も飛び去るところ(広げた羽の色もブルーでとってもキレイ)写真は失敗しました。
(2012年8月14日 マサイマラにて撮影)

↓BLACK-CHESTED SNAKE EAGLE/ムナグロチュウヒワシ
(2012年8月14日 マサイマラにて撮影)
「ドライバーさんから名前聞いてメモしたハズがわからなくなっちゃった!」と書いたこの鳥。二転三転しましたが、ムナグロチュウヒワシと判明!
※2012年9月22日修正

↓SACRED IBIS/アフリカクロトキ
群れでいて、みんな片足1本立ちで休んでいました
(2012年8月14日 マサイマラにて撮影)

↓EGYPTIAN GOOSE/エジプトガン
マサイマラの水辺ではよく見られる鳥。だいたいカップルでいることが多いみたい?
(2012年8月16日 マサイマラにて撮影)

↓半日ゲームドライブのお昼ご飯中にパンを目当てに集まった小鳥たち。うーむ、人間が野生動物にエサを与えるのはご法度の世界だけど、小鳥に少しだけパンを、くらいは見逃してもらえる? なんか踏みそうになるくらい小鳥たちが集まってきました
(2012年8月12日 マサイマラにて撮影)

↓COMMON BULBUL/アフリカヒヨドリ
(2012年8月15日 ムパタ・サファリ・クラブの部屋前にて撮影)
「この鳥の名前を調べるのはむずかしそうです。どなたかご存知ですか? EOS Kiss Digital初代+300mmでの限界」と書いて公開していたこの鳥ですが、お友達のケニア現地旅行会社TAMASHA AFRIKAさんが教えてくれました!やっぱり「東アフリカのツアーならタマシャ・アフリカ」ですね!Asante sana!
※2012年9月18日修正

↓同じく2012年8月15日 ムパタ・サファリ・クラブの部屋前にて撮影。特徴あるからじっくり調べれば名前わかるかな?「ピーキョロキョロ」って感じで鳴き声がとってもステキでした。ちなみにマサイマラでは黄色い鳥、結構たくさんいます

2012年8月30日追記:鳥図鑑とネットで調べたところ、African Black-headed Orioleアフリカズキンコウライウグイスかも

↓SOOTY CHAT/クロアリヒタキ
メモに情報がまるでなくて名前を調べるのにちょっと難航したけれど、たぶん98%の確率でクロアリヒタキと判明!
(2012年8月15日 マサイマラにて撮影)
※2012年9月11日修正

↓AFRICAN PARADISE-FLYCATCHER/アフリカサンコウチョウ
2012年8月15日 ムパタ・サファリ・クラブの部屋前にて撮影。
一眼レフを持たずでテラスに出て、PowerShotで撮った写真ですが、やっぱり鳥は光学ズームではむずかしー。ぶれぶれだし、ファインダー覗いて狙うんでなく画面見ながらだとどこに鳥がいるのかさっぱりになります(^^; でも、この鳥はシッポも長く&頭の後ろがとんがっていて?魅力的でした。鳥図鑑と格闘の結果、名前判明!
※2012年9月12日修正

↓SPOT-FLANKED BARBET/クロボシコゴシキドリ
2012年8月15日 ムパタ・サファリ・クラブの部屋前にて撮影。
この鳥も大きく見ると画像つらいですね(^^; PowerShotにての写真。でもおなかに斑点があったり、顔のシマシマが可愛い。鳥図鑑と格闘の結果、名前判明!
※2012年9月12日修正

↓2012年8月18日 ナイロビのウタマドゥニにて撮影
すごいピンボケでスミマセン。でもちょっと気になる鳥。赤いくちばしがとっても可愛い。大きさは日本のスズメより小さいです。次に会った時にはピントしっかりなお気に入り写真が撮りたいなー

↓2012年8月20日 ナイロビのノーフォーク・ホテルのお庭にて。
お昼ご飯を食べる目的だけで行ったノーフォーク・ホテルですが、鳥たちがいっぱいいました。これもPowerShotでの撮影ですが、鳥が近いのでそこそこ良い感じで撮れたかな? まだ名前を調べ切れていない鳥ですが、花の蜜を吸いにきた?

2012年8月30日追記:鳥図鑑をぱらぱらしただけですが、Sunbird タイヨウチョウの仲間?

今回ナイロビの本屋さんで東アフリカの鳥たちの図鑑を買ってしまいました♪
厚さ35mmくらいの超厚いずっしり本で日本円で3,000円弱♪ これは前回の2010年1月のケニア旅行で鳥が気になったものの鳥図鑑を買わずで後悔したから。日本でもAmazonとかで買えるのかもだけど、やっぱり中身をぱらぱらと見て買いたいですよね。まして“東アフリカ”限定本だと、なかなか日本で入手するのはむずかしいかもです。
ナイロビの本屋さんでは、全ての本がビニールで立ち読みできないようになっていたのだけど「コレが見たい!」と言うと、あっけなくビニールをとって見せてくれます。で、最終的に買わなくてもイヤな顔はされません。すばらしいー。
この本でゆっくりペースで鳥の名前、調べて行こうと思います。

カテゴリー:ケニア4 Comments

ページのトップへ

2012年08月27日

ライオンvsゾウ:2012年8月16日マサイマラ

ネコ科動物を追いかけていたら、こんな場面に出くわしました。
マサイマラではライオンはわりと頻繁に出会えるので、子どもライオン写真以外はあまり撮っていなかったのですが、これはおもしろかったです。

ヌーやシマウマがタンザニアから移動してくるこの時期、集団で狩りをするライオンは、それほど苦労なくエサにありついているからでしょうか、ゾウをライオンが襲わないってわけではないようですが、ゾウはライオンより数倍大きいため、よっぽどおなかがすいている場合で傷ついたゾウがいるorはぐれた子ゾウがいるなどの状況でなければライオンはゾウを狩りの対象としてはみないのでしょうね。リスクが大き過ぎます。
それをゾウもわかっていての出来事。

ライオンが真ん中の木の上にいるの、わかりますか?(写真をクリックして見てくださいね)そして木の下にはゾウたち

↓突然1頭のゾウが、ライオンが目障りだったのか、ライオンのいる木にゆっさゆっさと体当たりしはじめました

↓それをきっかけにリーダーらしきゾウが「パオーーーーッ」と大きく威嚇の声を発し、なんと子象までも一緒になってライオンのいる木の下に集結!

↓ライオンはさらに木の上高くに避難

↓「ざまーみろー!」とばかりに悠然と移動していくゾウたち。でもすぐには移動しません。ゆっくりゆっくり好物のハッパを見つけては食べています

↓降りられないよー。
百獣の王ライオンもゾウの集団にはかなわなかったようです(^^)

動物たちの写真を撮るだけではなく、こんな展開を時間をかけて観察することもゲームドライブの醍醐味です。
友達Nさんはゾウではなく、ハイエナ・バージョンで同じような場面に遭遇したことがあるそうです。

カテゴリー:ケニア2 Comments

ページのトップへ

2012年08月27日

セナ、思い出したみたいです

昨日はちょっとショックだったけれど、セナ、わが家をだいぶ思い出してきたみたいです。
まだ100%ケニアに行く前状態ではないですが…。

↓机の下とかソファーの下とかにもぐらず、以前の定位置にいる時間が多くなってきました

↓ワタシの仕事の邪魔をすることも思い出したみたい。でもまだこの写真を撮った時1回だけしか机の上では寝てません

まだ全然オモチャで遊ぶってところまでは回復してないから、セナなりに必死に思い出そうとしているのかな?
ごめんねーセナ。
ゆっくり時間をかけてうちのコに戻ってきてね。

カテゴリー:セナコメント

ページのトップへ

2012年08月26日

セナ帰宅

セナが帰ってきました!
実家に18泊もしたセナ。
すっかり実家のコになっているかな?と思いつつ迎えに行ったら…。
やっぱりしっかりワタシのこと忘れていたみたいーーー(>_<) まず最初、実家のドアを開けたら目の前にセナがいたのだけど、呼んでも無視。 部屋に入って落ち着いてからようやくのそのそとワタシのそばにやってきたけれど、これは後から到着した弟夫婦に対しても同じ反応です。 父や母にすっかりつきまとっています。 ↓実家でのセナ
↓わが家に帰ってきてからのセナ。緊張顔です

わが家のこともすっかり忘れてしまったようで、普段はいかないテーブルの下でずっとじっとしています(^^;
今は前もよく篭っていた段ボール箱の中にいるけれど、ワタシの机の上に乗ったり棚に乗ったりは全くしません。ここまで忘れられているとは!?

でもとにかく無事に戻ってきました。
ワタシの足の方も今日はだいぶよくなってきました。走ったりしなければ普通に歩けるかな。
ご心配いただいたみなさま、どうもありがとうございました。

カテゴリー:セナ8 Comments

ページのトップへ

2012年08月25日

2012年マサイマラ:チーター編

ここの常連さんは猫好きさんが多いので、やっぱりまとめ写真公開はチーターから♪

今回チーターに会えたのは8月12日と14日の2日間だけ。両日とも同じ個体のチーター親子でした。
赤ちゃんチーターたちに2回も会えたのは超ラッキーだったけど、他の個体のチーターには会えなかったので、やっぱりチーターに会うことはなかなかむずかしい、ってことですね。
その後17日の朝マサイマラを後にしましたが、その間この親子情報は入手できず、でした。
「1匹子どもを失ったので母親が神経質になったのでは?」とムパタ・スタッフの見解。
9月に友達Kさんがムパタに行くから、ぜひぜひこの親子たちの近況、追っかけてほしいです。
(Kさん、ココ見てるかな? ぜひレポートしてくださいね!)

そのうちMARA:SORAの方も更新予定なので、ブログ記事そのまま流用できるよう、少しカメラのことも書きますのでご了承を(^^;

今回のチーター写真を整理してみたら、90枚もありました(^^;
もちろんピンボケも含め。
カメラは2台。
EOS Kiss Digital初代に300mmの望遠レンズつけたのと、今回買ったPowerShot SX260HS(光学20倍ズーム)です。

マサイマラのワタシが行くマラ・トライアングル地区には野生動物保護&自然環境保護のため、2009年夏から公園ルールが整備されています。
ルール前とルール後では、はっきり言って“動物との距離は遠い”です。
一眼レフに300mmの望遠レンズで今まで問題なく撮れていた写真が、今は300mmでは不足感です。
マラトライアングル公園規則には「動物とは25メートル以上(約車5台分)の距離を保つこと。」「5台以上の車が連なっている場合、観察時間は10分までとし、待機する場合は100メートル以上の距離を保つこと。」などの制限が設けられています。
このルールを破ると、ドライバーは罰金を払わなければならないし、レンジャーたちも監視を強化しています。
この先もずっとチーターはじめ野生動物たちがいる環境を守るためにはとても必要なルールですよね。
マサイマラにお邪魔するワタシたちはこのルールを尊重しなければいけません。
↓ルール内容の詳細はココを見てくださいね
「マラトライアングル公園規則(日本語版:PDF)」

というわけで、今回のカメラ選択となったわけです。
職業カメラマンではないし、自己満足の世界ではこのカメラで正解だったかな、と思います。

前置きが長くなりましたが、90枚のチーター写真からまだ掲載していない6枚を選んでみました(^^) どの写真もクリックすると大きく見られるのでチェックしてみてくださいね。

↓「ママ〜」と母親チーターにくっつく赤ちゃんチーター。おかあさんの愛がひしひし!
ちなみにワタシの場合、写真データは一番大きいサイズで保存して、使用時にPhotoshopでトリミングしてます。
これは300mmのKissで撮っていますが、トリミングするとこんな感じ。
普段ココの写真の“クリックして大きい写真”は左右800pixelにしています。300mm望遠でも動物から25mって感じなら用途にもよるけれどWebなら十分いけますね。

ちなみにトリミングなしの元データを左右800pixelにしたものは↓これ。元データは左右3000pixelくらい。

と、カメラうんぬんはここまでにして、厳選チーター写真2012年版を。
2回の遭遇で90枚写真を撮るってのは、ほとんど連写状態です(^^;
写真をとっている間は声は出さないまでも相当興奮しているワタシなので、ドライバーさんがチーターの生態とか色々説明してくれているんだけど、全く耳に入りません!

今回は赤ちゃんチーターの毛色をテーマに選んでみました。

↓これくらいの赤ちゃんだと「可愛いーーー!」ってところにばかり目がいって、リアルタイムでは細かな観察ができなかったのですが、落ち着いて写真をよーく見てみると、赤ちゃんチーターは相当親チーターと毛色というか毛並みというか違いますよね。右から2番目のコの後ろ頭なんて、ぽわぽわです。でも、チーターの特徴である目頭からアゴにかけての黒いライン(ティアーズマーク)はこんなに小さくてもしっかりありますね。
ちなみにこれは光学ズーム効かせたPowrShotからの画像。

↓頭からお尻にかけての産毛がすごく長くてシロというかグレーというか。たてがみのように産毛があります

↓この写真では少し“斑点”がわかりますが、基本的に赤ちゃんはチーターの特徴である斑点が確認しずらいです。真ん中のお母さんと比べてみてね

↓この写真だと頭からお尻までの産毛がよくわかりますね。しっぽも“斑点”ではなく、シマシマ状態(^^)

↓ちなみにお母さんチーターのシッポはこれです

最初にも書きましたが、ドライバーさんはチーターのことをあれこれ説明してくれるんです。赤ちゃんチーターの毛色は親とは違うけれど、これがだんだん変わってくるとか。で、結局どのくらいでどのように変わるのか聞きたかったものの、写真を撮るのにせいいっぱいで聞きそびれました(^^;

↓ちなみにこのチーターファミリーは2003年11月に撮った写真。
たぶん一番左がお母さんで、独り立ち間近の3頭の子供たち。うっすら頭から肩にかけての産毛が残っていますが、もうすっかり大人チーターの風貌です。このチーターのように、今回の赤ちゃんたち、立派に大きくなってほしいな。

カテゴリー:ケニアコメント

ページのトップへ

2012年08月23日

少々負傷

帰国翌日の今日はさっそく仕事!
でもなんかいつもペースじゃなくてなんか変。
セナはいないし、日本でいつも聞いていたラジオつけてもなんか変な感じ。日本語の嵐だー。

ケニアからのリアルタイムでは日記形式的に書いていたけれど、戻ってきてからはどう色んなこと(情報)をアップするのがいいかな?と考えています。
日記的にもう一度細かく書いて行くこともできるけど、たとえば「マサイマラの猫たち」とか「川渡り」とか「ナイロビの治安」とか「ドバイ空港」とか、テーマに沿って書く方がいいのかな?とか思って…。
ココをいつも見てくださる方に向けての発信だけを考えれば全然それでいいのだけれど、せっかくの情報なので(結構検索エンジンでたどり着いてくださる方も多いので)、まとめ方を考えたいかなーと思っています。
なんか知りたい情報のリクエストがあったら、コメントつけてくださいね>All

今日は昨日送った関空からの荷物を受け取る日だったんだけど、すっかりぼーーーっとしてて、家の“ピンポーン”がなった時、変な体勢でいたもんで(片足を椅子の上にあぐらみたいに置いていた)、あわてて対応しようとしたら片足がしびれていて感覚麻痺!
で、左足を変な形でくじいて、今ものすごく腫れて&赤と青の内出血状態(^^;
スーツケースは無事受け取ったけど、ものすごく足が痛い(>_<) なんなの!?ワタシーー。バカ過ぎる…。 冷蔵庫が空っぽ状態なので、痛い足引きずって買い物。なんとか歩けるけど痛いしすごく腫れている(^^; 弟から「キチンと手当てした方がいい」と言われたので、明日も腫れ&痛みが引かなかったら病院に行ってきます…。 何?この展開!? 大昔同じような状況で、しびれていて感覚なしの足で急いで対応したら、靭帯切っていて簡易ギプス&松葉杖状態になったことがあったので、今回も明日まで待ってダメダメ状態だったら病院に行くつもり…。 バカ過ぎるワタシ。うーん、靭帯切った時はまったく歩けなかったけど今回はそこまでひどくないんだけどなー。 ----- 8月24日追記: 今日病院に行ってレントゲン撮ったら、なんと骨にヒビがはいってました。 年齢的にやっぱり骨がもろくなってきているのかしら…(^^; でも処置はただの湿布です。 足とかがしびれていてケガをすることって結構あるんだそう。みなさまもお気をつけください…。 ワタシの場合2度目だから、3度目がないように気をつけなくっちゃ。

カテゴリー:ケニア, 気になる!14 Comments

ページのトップへ

2012年08月22日

ということで、自宅から

わが家に戻ってきました。
2週間、ケニアからのブログをチェックしてくださったみなさま、ありがとうございました!
マサイマラでの写真もまだまだものすごくたくさんあるし、ナイロビでの出来事も全然書けていないので、忘れないうちに少しずつアップして行く予定なのでまた時々覗いてみてくださいね。

みなさんが心配してくださったドバイ(またワタシがドバイで寝過ごして飛行機に乗りそびれるんじゃないかとはらはらしたでしょ?(^^))では、今回意外と待ち時間なく、買いたいものを買うのもバタバタと買う時間しかなかったって感じです。2年半前より若干出発時間とか変わっているのかな? またゆっくり調べてみます。
で、ドバイではいっさいお酒を飲まず、スタバのコーヒーで眠気覚まし。

ドバイからのエミレーツの成田行きは2:50発で、関空行きが3:00発。
東京住まいなのに関空利用で、色んな人から「なんで?」と言われたのだけど、成田は遠いイメージしかないし、なんかつまらない。
関空経由だったら、乗り換え時に551の豚まん買えるし♪と、今回も楽しみにしていたんだけど…。
ちなみにナイロビでBAHATIさんと「今、日本食で何が食べたいか」という話になった時に挙がった1つが“豚まん”でした(^^)

関空での乗り換えの時間はもともとあまりないんだけど、前回は余裕で豚まん買えたから今回も大丈夫だと思っていたのだけど、今日はちょっと関空着が遅れ、なんと飛行機を降りた途端「チャイまま様(←実際はもちろん本名ね)」と書かれた札を持ったJALのおねーさんが立っていました(^^; 
時々こういうの見かけるけれど、自分が対象になるのは初めて。この時点で17:45くらいだったかな?(羽田行き国内線の出発は18:40)

「乗り換えの時間が1時間を切っているのでお急ぎください」と言われ、おねーさんとともに早足で荷物受け取り場所へ。
預け荷物がどんなカバンかを尋ねられ、おねーさんがトランシーバーで連絡をとってくれる。目的地に着いたらスーツケースともう1つのバッグがきちんとカートに載せられてすでに準備されていました!すご〜い!!!
関空で国内線のチェックインをするタイミングで2つの荷物を宅配便で送りたい旨もおねーさんに伝えたら(こうすると、羽田でピックアップしなくて良い)、これもトランシーバーで確認してくれて「18:10までにチェックインカウンターに行っていただければ間に合います!」と教えてくれた。

荷物はすぐ確保できたけど、問題なのが税関。
前回もこの関空での荷物チェックでイヤな思いしたし。
今回も「ケニア・ひとり旅」ってことで、色々聞かれる。東京住まいなのになんで関空?とまで言う。いいじゃん。羽田がいいんだもん。
「これから羽田行きの飛行機に乗るんだけれど、時間がなくてJALの人に急ぐように言われている」と告げるも、やっぱり荷物を少し見せろというので、お土産満載の小さいバッグの方を開ける。
コーヒーやナッツ、紅茶でいっぱいのバッグ。
「これはケニアでは有名なコーヒーなんですか?」とか色々うざい。
何も密輸?とか持ち込んじゃ行けないもの持っていないのに、やっぱりコーヒー(粉モノだから?)がいつも疑われるのですよね。特に一人旅だと。
この時点で6時。
スーツケースは開けなくて良いことになり、ダッシュでチェックインカウンターへ。6:05到着。で、宅配便の手続き。
「6:15の搭乗時間ぎりぎりなので、急いで●番ゲートまで行ってください」と言われ、また走る。
セキュリティチェックではパソコンとかペットボトルとか色々分けて通さなきゃなので大変。
もう汗だくです。
なんとか定刻通り羽田行きの飛行機は6:40に出発。

ってことで、ぐだぐだ書きましたが、つまり“豚まん”は全く買う余裕なかったってことを書きたかったわけです(^^;
豚ま〜〜んっ(>_<) うーん、こんなにバタバタするんだったら、“豚まん”は諦めて次はやっぱり成田の方がいいのかなー。 でも羽田でビール1杯飲んでバス+電車利用で羽田からわが家まで1時間半弱だから、羽田の方が楽な気がするんだけどなー。どうなんでしょう? なんかすごく長い記事になっちゃったけど、最後にもう1つ。 実家に預けたセナのことはケニアからも報告メールを受け取っていて心配はしていなかったんだけど、本当は明日セナを迎えに行く予定だったのだけど仕事がたまっていて、明日はきびしいなーと思いつつ自宅に戻ってから両親に電話。 すっかりセナは“実家のコ”になっていて、母がブラッシングすると気持ち良さそうにしたり、父のところに「遊んで!」とトンボさんをくわえて持ってきたりしているそう。 ということで、セナは日曜日まで延泊実家暮らしです(^^) 日曜日に弟に車出してもらって実家集合。で、セナ&セナグッズを車でわが家まで運んでもらうことになりました。 弟&義妹、ありがとう! なんかうちの両親、もっとセナと一緒にいたいみたい?(^^) セナの性格に感謝。チャイは“カアチャン命!”だったから、ぜったいワタシは心配したと思うけど、セナは大丈夫。 それにしても日本のネット環境ってすごい速いなー。 やっぱりケニアではこのスピードはないです。5倍くらい時間がかかる。 そして日本のニュースに全く追いついて行けない。 アドベンチャーワールドでパンダの赤ちゃん、産まれたのね!?

カテゴリー:セナ, ケニア6 Comments

ページのトップへ

2012年08月22日

羽田に着きました

日本暑い!
いきなりこの湿度にやられてます。
羽田でビール1杯飲んでバスで帰ります。
とりいそぎのご報告。

カテゴリー:ケニア6 Comments

ページのトップへ

2012年08月21日

ドバイ到着〜

ドバイに着きました。
現在ドバイ時間で21日の夜11時過ぎです。
関空行きの飛行機は、明けて22日の3時発なので意外となんか待ち時間少ないみたい。
今回こそは寝ませんよー(^^;
ナイロビからの飛行機でワイン3本(1本170mlくらいのヤツ)飲んだので(3本目もらったら、さすがに「まだ飲むの?」と、少しイヤな顔されたけど)、ドバイではお酒は飲まないつもり。
これからちょっと買い物してスタバでコーヒー買って待機します。

相変わらずドバイではMacのWiFiがつながらないので、iPhoneからのアップでした。

カテゴリー:ケニア6 Comments

ページのトップへ

1 / 3123
酔っぱのたわごとをRSS登録する

Powered by

  • apple