月別アーカイブ: 2012年2月

2012年02月29日

今日のセナ

だいぶ開いてきた昨夜のセナの右目。
まだちょっと目の上とかも赤いですね。
120229.jpg
左目もぱっちりしてないからわかりづらいかもだけど、昨日の夕方は右目がもっと閉じてました。
で、今日はもう大丈夫。ほぼいつもどおり。
でも目薬は1回1滴ずつ1日3回今日も点眼。
昨日はまぁおとなしく点眼されていたけど、今日は逃げる逃げる(^^;
目薬にしろ爪切りにしろ、チャイよりセナの方が大変です。でもまぁそこは鬼のカアチャンなので、セナも観念するんだけど…。

仕事の方も今日校正出し終了〜♪ あさってまた修正分が戻ってくるけど、今晩と明日はのんびりできそう♪
ってことでまだ雪が残る中、飲み会に参加。
明日あさってで確定申告も終わらそうっと。

カテゴリー:セナ2 Comments

ページのトップへ

2012年02月28日

今日のセナ

毎度の月末集中仕事もようやく山場を超え、あともうちょっと。

セナも相変わらず元気…だったんだけど、今日の夕方からまた右目が開かなくなりました(^^;
セナは右目が弱いみたい。
病院でもらった目薬があるので、それを1滴。
夜になって少し目が開くようになってきた。
寝る前にもう1滴点眼予定。
自分でこすっちゃうからまたよくないんだよね。
毎度のことなんでひどくならなければこのまま様子見です。

あ、以前ここで相談した猫砂の件。
まるこさんに教えてもらったシステムトイレの砂を使ってみようとさっき検索してたら、システムトイレ自体(花王 ニャンとも清潔トイレ セット)がAmazonで安くなってた&4/13までに買うと1,000円キャッシュバックっていうんで、思わずクリック♪
届くのが楽しみ〜。

昨夜録ったセナ動画をアップしました。
iPhoneから直接YouTubeにアップしちゃったので、最初の方は見づらいかと思いますが…。

ちなみに机に乗っているのは、”汗疱”の塗り薬の容器です。
何度戻してもこうなります(^^)

カテゴリー:セナコメント

ページのトップへ

2012年02月20日

今日のセナ

このブログはワタシの両親も見ているのだけど、今日たまたま実家に電話したら、昨日のセナ写真が話題になったので補足。

チャイは全くテレビ(画面)に興味なかったんだけど、セナは野生動物がたくさん出てくる「ダーウィンが来た!」には反応するのです。
ワタシは普段ほとんどテレビは見なくて、見るのはニュース系、ドキュメンタリー系と気になるドラマ1〜2本だけくらいなんだけど、時々「ダーウィンが来た!」は見るのです。
で、セナは「ダーウィンが来た!」だけにはことごとく反応。
魚とか海の生物だと反応しないけど、鳥とかサバンナの小動物系だとどうも反応している模様。(証拠写真&記事?はコレ
ノルウェージャンフォレストキャットで最近検索してみたところ、ハンターの素質が強いらしい???
セナが7歳になっても毎日”トンボさん”を追っかけ回しているのもそのせいなのかな?
そして「ダーウィンが来た!」をかぶりつきで見るのも…(^^)

ワタシのよく知る”猫”とはやっぱり13年近く一緒に過ごしたチャイが基準なわけだけど、ワタシの”猫観”を毎日くつがえしてくれているセナです(^^)

↓夏は棚の一番上で昼間は寝てたけど、今はワタシのすぐ横(棚の上から3番目)の狭いスペースで最近の昼間はこんなんなってます。お尻はみだしつつ、ぎゅーーっと丸くなってるの図(そもそもチャイはワタシの机の上に乗るってことすらそんなにしなかったし)
120220-01.jpg

↓あとは床でへそ天。
この冬はエアコン使わずにガスの床暖だけだからかな?(これはチャイとおんなじ!)
120220-02.jpg

カテゴリー:セナ2 Comments

ページのトップへ

2012年02月19日

で、今日のセナ

オマケ。
デモから戻ったら、セナがかぶりつきで「ダーウィンが来た!」オオミミギツネ編を観てました(うそ)。

120219.jpg

カテゴリー:セナコメント

ページのトップへ

2012年02月19日

初デモ体験

今年のワタシの目標は「考えてばかりいないで行動する」。
ってことで、今日は初めてのデモに参加してきました。

↓前日に作ったプラカード! 大きさはB4くらい。これを首から下げて歩きました
120219-01.jpg
参加したのは「脱原発杉並」ってやつ。

脱原発の意思表明している知り合いがいたので声かけたら一緒に行ってくれました♪ちょっと初めてのデモは様子もわからないし、不安だったのでよかった〜。

まずは公園にて色んな人のスピーチやデモの注意事項などの説明があり、いざ出発!
警察の誘導で何ブロックかに分かれて進みます。前後にはデモ隊のトラックがいて、歌をうたったりラップしたりと楽しいのだ。
↓出発風景。目の前は青梅街道。
120219-02.jpg
デモ隊はゆっくりゆっくり進みます。1メートル間隔くらいにおまわりさんが車道とデモ道の間にいて、ずっと一緒に歩いてくれる。おまわりさんたちもすごく紳士的。
参加者は年配の方から若い人、子供たち、そして外国人まで本当に色々。ものすごくなごやか。みんなニコニコしている。
それぞれのプラカードも凝っているし、衣装とかもすごくて、次に参加する時はもう少しワタシも考えようかな、なんて。

↓ヤンバルクイナさんがいました。フェルトで作られているんだけどすごいキレイなの。「すごい!」って言ったら丁寧におじぎしてくれました(^-^)
120219-03.jpg
お天気もよく、昨日みたいに冷たい風も吹いていないデモ日和。
沿道ではみんな立ち止まってデモを見ていたり、ちょっと感動だったのは車椅子に乗ったおじいさんが拍手をしながらデモ隊を応援してくれていました。歩道橋があると、必ずみんな上に人がいっぱいいて、手を振ってくれていたり。そしてお菓子隊なる人もいて、デモ参加者に無料でキャンディーやチョコをふるまっていたり。ワタシの前を歩いていた小さな子は、シャボン玉を飛ばしながら歩いてました。

デモってシュプレヒコールとか叫びながら歩くのかなーとか思っていたんだけど、特にそういうこともなく(時々聞こえてきたけど)、おしゃべりしながら歩いたり、前後のトラックから掛け合いみたいな感じで「ハイロ〜♪ ハイロ〜♪」って呼びかけられると応えてみたり。
最初「ハイロ〜♪」って意味わからずにいたんだけど「廃炉〜♪」なんだってわかった。なんかすごくリズムに乗ってて良い感じでした(^^)
120219-04.jpg
↓福島・浪江町の「希望の牧場」の方もいらしてました。
デモ参加者のプラカードにも動物たちの写真を使って訴えている方も多かったな〜
120219-05.jpg
↓ゆっくり2時間歩いていよいよ終点。
先発隊の誘導をしていたおまわりさんたちもここで終了ってことで、ものすごい数のおまわりさんたち。
120219-06.jpg

いや〜、参加してよかったです! すごく良いデモでした。
青梅街道や環七の車道を堂々と歩けるってなんかすごかった。不思議な気分。あーこれが国民の権利でもあるのかなーなんて思ったり。もちろんちゃんとルールを守った上でのデモ成立なわけで、主催者の方々は大変だっただろうなーと思います。

さっき見たら、今日の参加者は4,000人だったとか!
また機会があったら行動に移したいと思います。

カテゴリー:気になる!コメント

ページのトップへ

2012年02月17日

牡蠣鍋

大学時代からのメンバーでの飲み会。
上はワタシより4つくらい上の先輩から下は現役大学生までの総勢13名くらいが参加。
お店も学生時代から通っていた居酒屋。
当時からのオジサン(現役82歳)も健在で、ちゃんと覚えてくれていて嬉しい〜(と言いつつ、なんだかんだでワタシは年1回は今でも行ってるんだけど)。今はオジサンの息子が大将だけど、オジサン&息子とも色々話せて楽しかったー。

で、今日の飲み会のメインのお料理が牡蠣鍋だったわけです。
ココで何度も書いているけどワタシは牡蠣がダメ。好きだったんだけどアタル体質になっちゃったので。
母が極度の牡蠣アレルギーで、弟もダメ、ワタシもダメなので、遺伝的?体質のようです(父は大丈夫)。

ワタシの場合、いつも生ガキであたるので、今日は鍋だし牡蠣本体を食べなければ大丈夫かなーとトライ。
ミソ味のお出汁と白菜や豆腐、でっかいハマグリなんかを堪能。おいしい〜〜〜♪
120217-01.jpg
以前生ガキ食べてあたった2回は、確か食べて2〜3時間後に極度の吐き気発生!のパターンだったんだけど、無事帰宅。
ただ、普段はビールばかり飲んでいるワタシだけど、今日は途中から酎ハイにしてしまった。で、このお店の酎ハイがやたら濃くて、牡蠣以前にヨッパの道へ…。
酔っぱらったせいか牡蠣のせいかわからないけど、とりあえず家に帰ってから1回だけトイレのお世話に(^^;
うーん、牡蠣の実験する時は飲まずにやってみるってのが正しいかも。

牡蠣アレルギーだと、うちの母みたいにオイスターソースが入っている料理でもダメだったり、生でなく牡蠣フライをほんの小指の先程食べたってだけでもダメな人もいるみたいだから自分がどのレベルかを知りたいんだけど…。
牡蠣アレルギーだけど食べたいから後で大変なことになるのをわかっていても食べる!と生ガキにかぶりつく友達もいるけれど、ワタシにはその勇気ない〜。家までの途中に発症?しちゃったら絶対的に困るもん。
ということで、実験はまたの機会に…。

↓お店にはこんなレトロなジュークボックスもずーーっとあるのだ。学生時代はジュークボックスなんて存在は知っていてもお金入れたことなかったけど、今日は先輩と一緒にトライ! がっ、オジサンが「あー!100円入れちゃった?今壊れているの!明日修理に来るから」と100円返金してくれました。残念!

120217-02.jpg

カテゴリー:気になる!, 食べ物・飲み物コメント

ページのトップへ

2012年02月16日

食べ物写真

ちょっと前に「レストランで料理写真を撮る これは「マナー違反」なのか」ってネットニュース関連の話題があちこちで取り上げられていました。
記事のポイントは2つ。
なぜ日本人は料理の写真を撮るのか、というグローバルな視点での見解と、これはマナー違反かという、まわりのお客さんやお店側に対してのマナーを問う内容。

ワタシもがんがんに食べ物写真、撮ってますっ。
なぜ撮るかと言うと、やっぱり記録。ブログに載せる。で、もちろん「こんなおいしいもの食べたよ〜」って記事にすることが目的であるのは一番だけど(情報の共有)、自分の記録にもなりますよね。
「あ、以前行ったイタリアン、あのピザがおいしかったけどどこだったっけ?」と思った時、写真をブログにアップしてるとなんとなく「あの写真アップしたな」と覚えていて、自分のブログを検索すればすぐ見つかる。
撮った写真のデータだけだと、ファイル番号だけで保存しているので(=整理されていない)、見つけられないし。
これって食べ物写真を撮る日本人の一般的傾向なような気がするんだけどどうでしょう?
ちなみにブログに載せる載せないは別として、食べ物写真を撮る傾向があるのは日本の他、中国、韓国、フィリピンなどアジア圏に見られるってな記事を見たんだけど、だとしたらなんかおもしろい〜。

マナー違反かどうかの部分は、確かに写真を撮る時ちょっと考える必要があるかも。
これもワタシが思うに2つのポイントに分かれて、1つはまわりのお客さんに迷惑がかからないように、ってことが1つ。 これは食べ物写真撮影にかかわらず、隣でわいわいと写真撮影されたらうるさいし迷惑。
そしてもう1点はお店側に対しての配慮。
やたらばしばし食べ物写真撮られていたら、いい気分はしないだろうなぁとワタシがお店側だったら思います。
ってことで、まわりに迷惑をかけないってのはもちろんだけど、ワタシが意識しているのは…、

  • ファストフードとかフランチャイズ店的なところだと何も言わず撮影。でも1枚か多くて2枚、さささって感じで撮る
  • 常連になったお店だったら特に断りもなく撮影。もちろんまわりのお客様に配慮して
  • 初めて行ったお店で撮りたかったら、店員さんが持ってきてくれた時に「写真撮ってもいいですか?」と聞く。これで断られたことはないけど、そもそも聞けない雰囲気のお店もあるので、そういう時は撮らない
  • 招待されたお店とかの場合は、招待してくださった方にまず聞く。「いいよ!」と言われた場合は撮影。「う〜ん、どうかな?」と言われた場合は(今のところないけど)、撮影しない

ブログに載せる食べ物写真にはワタシなりのルールがあります。
“まずかったものは載せない”。
つまりおいしかったものだけ。
お店ゴハンにしろ自炊ゴハンにしろ、友達んちゴハンにしろ。
もし、まずかったりサービスが悪かったりしたお店について書きたい〜って時は”酔っぱのたわごと”では相手先を明確にしないで書いてます。
ワタシがアタマきてても、他の人にとっては良いお店かもしれないし。
あ、お店でなく公的機関というかもう少し規模の大きな組織の場合、今まで社名書きつつ抗議したことはいくつかあったかもですが。
でもって、ワタシがアップするお店食べ物写真はステマはいっさいないのであしからず〜(^^)

カテゴリー:気になる!コメント

ページのトップへ

2012年02月11日

ACIDMANとケニア?

今日J-WAVEを聞いてたらACIDMANがゲストでケニア〜タンザニアに行った映像云々の話をしてて、思わず耳を傾けた。
PVの他にドキュメント・ムービーも映画館で公開されるんだって!
ACIDMAN、名前は知ってたけど曲は知らなかった。
YouTubeを見てなかなかいいな〜と。
あ、これはアンボセリ? フラミンゴはナクル湖?それともタンザニア? とかマサイらしき女性たちの儀式はマサイマラのマサイとはまた全然違って、この白っぽい衣装はなんだろう、とか東アフリカ好きなワタシ、十分楽しめました。
興味のある方は以下のリンクやACIDMANで検索してみてくださいね。

———-
MUSICMAN-NET「ACIDMAN、初のオールタイムベスト他4タイトル発売&ライブ映像公開中」より

「to live
-新録-」のミュージック・ビデオは、アフリカのタンザニアでロケを敢行。2010年の「ALMA」以来、ACIDMANとタッグを組んでいる映像作家・
フォトグラファーの柿本ケンサク氏が監督を務めた。また、「to live
-新録-」のミュージック・ビデオの撮影風景などを含め、ケニアとタンザニアを旅するメンバーの姿を追ったドキュメントムービー『ACIDMAN
scene of “to live”』が、2/20(月)に全国7か所の映画館で上映される。
——-

カテゴリー:ケニア, 音楽2 Comments

ページのトップへ

2012年02月08日

猫砂

チャイの時は鉱物系の猫砂を使ってたんだけど、捨てるのに重いし、最初セナの実家ママが紙砂持ってきてくれたのでそのまま紙砂を使ってます。
紙砂はやっぱ固まり悪いのかなーと思うものの、軽いからまぁいいかと思っているのだけど、なんせセナの足とかについた砂が家中あちこちに。
これを毎回”チルチルミチルのパンくず”のように1粒ずつ回収するのが大変!
猫砂マットなるものを買おうかなーと思いつつ、口コミレビューを読んでいると「マットはないよりマシ程度」ってのが多いし、どうしようかな〜と。
猫砂マット使われている方います?
他にお勧め猫砂とかあったら教えてくださいね〜。

↓昨日のセナ。また布団の上でスコ座りなんだけど、寄りかかってないのだ! 腹筋運動中?
120208.jpg

カテゴリー:セナ3 Comments

ページのトップへ

2012年02月06日

今日の英会話学校

気づいてみれば今の英会話学校も4年目に突入。
それなりの進歩はあるものの、自習全然してないので丸3年毎週通っているわりには英会話進歩してないワタシ。英単語とか真剣に覚えてないし復習してないから次から次へと忘れて行く…(^^;
単語羅列でもとにかく英語を話す、ってことについての度胸はばりばりついたけど。

ということで、今年1年は集中的に正しい英語をもっとがんばろうかと。
ボキャブラリ少ないくせに狭い範囲の知ってる単語だけで強引に会話を成立させちゃう今までからの脱却が目標。
とりあえず毎週の英会話学校で新しく出てきた単語はぜったいマスターする&その他のボキャブラリをまず増やそう。そしてイディオム的な表現も増やしたいなー。

最近のクラスではテキストをまず読んで、理解した上で先生からその内容に対する質問があってそれに答えるって練習が多い。
Yes, Noの答えも、先生が言ったセンテンスをそのままちゃんと全部言わなきゃなので大変。
先生の質問がもし紙に書いてあれば簡単なんだけど、耳で聞いて(基本1回だけ)、意味を理解し、答えを探し、先生の質問文と同じ言い回しで即座に答えるってのがとにかく大変!!!
たとえば先生が「Did they research this problem?」と質問すれば、先に読んだ内容から判断して「Yes. They researched this problem」と答える。
この先生の質問が「●人に対し▲についての調査を■の人々にを行いましたか?」という感じで、質問の文章がどんどん長くなる。
それを即座に長い文章で答えなきゃいけないんだけど、もうアタマぐるぐる!!!
一語一語日本語に置き換えていたらダメ&きちんと言われた内容に答えるって練習なんだけど、確かにある瞬間、言葉の全体像はアタマの中に入るものの、口から出てこないーー。
「Quickly!」と言われると焦る〜。
でも確かにこの練習していると、ワタシのアタマの中が変化していて、まず日本語で訳そうとするアタマを押しのけて口から出てくる感覚がちょっとだけ感じられた。まだうまく説明できない感覚なんだけど、単語羅列会話からの脱却の一歩かも。がんばろーっと。

今日の昼間、”この人みたいに英語をしゃべれるようになりたいな!”と思う方(日本人)から1年ぶりに電話があった。
すごく嬉しい!
お互いこの1年色々あったけど、またゆっくり会いたいな。
ワタシの目指すところは彼女レベルです。
英会話学習においてもワタシの質問にもたくさん答えてくれていた。当時は彼女のアドバイスがわからなかったけど、最近ちょっとだけわかるようになってきたかもな時がある。

とか言いつつ、最近、年齢のせいか、本当に物覚えが悪くなった。
これは英語に限らず。
人の名前がとにかく一発で覚えられない!!! 昔はワタシ、こういう記憶力もよかったはずなんだけどなー(–;
これって加齢によるものってのもあるのかなぁ?
ネット見てると「そういう状態にはこのサプリメント!」みたいな広告がたくさんあって、なびきそうなんですけど……。

カテゴリー:英語コメント

ページのトップへ

1 / 212
酔っぱのたわごとをRSS登録する

Powered by

  • apple