2011年09月30日(金)

2年たちました

久々にチャイ写真登場〜。
これは2004年1月の写真だから、チャイが7歳になったばかりの頃。
今日9月30日、チャイの命日を迎えました。あれからもう2年たっちゃったなんて信じられないなぁ。
110930.jpg

去年の9月30日の記事を読み返してみて、今年はずいぶん穏やかにこの日を迎えられたな、と思いました。
それでも9月25日の心筋症の発作を起こした時間からお別れの時間まで、今年もあれこれ2年前のことを考えたけれど、「チャイって本当に最高のパートナーだったなぁ」と。
お別れした当時は、「チャイちゃんはいつでもそばにいるよ」って言葉が正直理解できなくて辛かったけれど、チャイのことを考える時、これからもずーっとチャイはワタシと一緒にいるんだな、とようやく感じられるようにもなりました。
今年も前日に近所のお花屋さんでお花を買って、チャイのことをいっぱい考えて過ごした命日でした。

チャイ、カアチャンはもう大丈夫だよ。
セナのこともよろしくね。

カテゴリー:チャイ6 Comments


“2年たちました” への6件のフィードバック

  1. ゆみの より:

    早いような遅いような・・・不意義な感じのする時間だったかなぁ。私も毎年マリモの調子が悪くなってお別れまでの時間がお別れした その日より少し辛いかな、辛そうにしているのを見ているしか出来なかった無力感とか「どうして あの子だったのか?」とか色々 考えるから。
    ただ やっぱり確信として思うのは「私がマリモのことを思う時は あの子は必ず私の側に居る」ってことかな。姿は見えないけれど それは部屋の空気であったり時にはビズの向ける私への面差しであったり・・・ でも姿がある時は一緒に外出しない限り 何時でも何処でも一緒、なんて無かったのに今は 何処でも一緒で ある意味、絆は強くなっているのかも。チャイままさんとチャイくんも きっと同じだと思うなぁ。

  2. はやさか より:

    もう2年かぁ。早いものですね。
    うちも、クリがいなくなって1年ちょっと…。
    他の猫たちが甘えてくるのは勿論可愛いけど、個々の猫それぞれ違うから、
    甘えてくれる子がいるからクリがいなくてもいいと言うコトでもなく。
    なんかよく判らないままに時は過ぎて行くけど、思い出って大事だなぁと思う今日この頃。

  3. くろねこルウ より:

    「ジャンボサイズ」の爪とぎが小さく見えるチャイくんにちょっと笑ってしまった。
    もう2年なのね。
    うちはまだ3か月なのでまだまだ混乱してます。ミルミルもいないし。
    でも自分から「次のコ」を探しに行くことはないかもだけど、縁があって出逢えば迎えてあげられるかな?
    もこちはもこちで他の子に代わりができるわけじゃないけれど、それでもどの子もそれぞれに可愛くて大事だからね。

  4. チャイまま より:

    そうだね、ワタシもチャイとお別れしてさらにチャイとの絆が深くなったなぁと感じます。
    チャイのことを考える時、ちゃんとそばにいるんだよね。あ、もしかして「ねーねー、ここにいるよ」ってチャイがワタシに合図するからワタシがチャイのこと考えるのかなぁ?

  5. チャイまま より:

    そうだよね、クリちゃんはクリちゃんだけなんだよね。
    他のコはそれぞれみんなひとりずつなんだよね。
    だから命ってすごいんだなーとつくづく思います。
    ワタシもチャイとの思い出とずっと一緒にいようと思います。
    (なんだか言いたいことがうまく書けてないぞー(^^; ゴメン)

  6. チャイまま より:

    爪とぎはジャンボサイズ2枚使いだったんだけど、それでもはみ出てたチャイでした(^^)
    はやさかさんへのコメントにも書いたけど、本当にそれぞれのコの代わりはいないんだよね。
    でもってみんなそれぞれに愛おしい。
    そしてそういうコたちと出会えたことってすごいことだよね。
    ノアちゃんは相変わらず甘えっ子さんかな? 元気でね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

酔っぱのたわごとをRSS登録する

Powered by

  • apple