月別アーカイブ: 2011年2月

2011年02月26日

ハンバーグ

めいっぱい寝て、その後仕事の土曜日。
月末の週末はいつもこんな感じ。
今日はもう少し仕事三昧のはずだったんだけど、原稿が来ない…(–; 今度の木曜日入稿なのにまだ届いてない原稿がいっぱい。知らないっと。

と、思わぬ時間ができたので、ハンバーグなんかを作ってみる。
自作ハンバーグ、好きなんだけど、むずかしくないんだけど、なぜか1年に2回くらいしか作らないなぁ。

今日はシメジたっぷりデミグラスソースのハンバーグに。
付け合わせは粉ふきいもとほうれん草のバター炒め♪
110226.jpg
晩ごはんを挟んでの仕事が早めに終わっちゃったので、録りだめていたビデオチェック。
その中で「マルタの猫 〜地中海 人とネコの不思議な物語〜NHKアーカイブス」ってのを見た。なんかほのぼのしてて良かったなぁ。マルタ島のネコたちはもちろんなんだけれど、人々がすごく自然に生きていていいなぁって。
ネコの時間と人間の時間に差が少ないというか…。
ネコがメインの番組だったけど、人間が自分のペースで生きて行くことの大切さをすごく感じた番組で良かったです。

明日もマイペースで少し自分自身の進化を求めて行動予定。

カテゴリー:気になる!, 食べ物・飲み物コメント

ページのトップへ

2011年02月24日

平山郁夫展

昨日の続き。
上野動物園を後にして、急いで東京国立博物館へ。
途中、国立科学博物館の横を通る。ここも吸い込まれそうになったけど、また今度に。
建物横の実物大シロナガスクジラを撮影。大きいなー。
110224-01.jpg
↓ようやく到着。
110224-02.jpg
↓チケットを買ってから目的の”平成館”ってところまでだいぶ距離がある。あちこち敷地内の建物を見ながらようやくたどりついた
110224-03.jpg
110224-04.jpg
薬師寺の「大唐西域壁画」は想像していたよりも大きくて、絵を眺めているとまるで自分がその風景の中に本当にいるような気がしてきた。変な言い方だけど、これを人間が描いたってのがなんかすごく不思議だった。今まで絵を見てこういう感覚になったことがなかったような…。
そして、この大きな壁画を描くにあたり、原寸大の下書きがあって、それも公開されていた。これもすごかった。こうやって出来上がったんだと思うと、さらに感動。

展覧会は二部構成で、上記の壁画は二部にあった。壁画はもちろんすばらしかったけれど、「仏教伝来の道」という一部では、平山氏が世界各地で危機に瀕している文化遺産の保護に尽力された姿を克明に知ることができ、これがとても良かった。
氏は旅の最中、とにかく描き続けたそう。いつも見る完成された絵ではなく、たくさんのスケッチも展示されていた。ペンと水彩で描かれたスケッチ。ステキでした。

いくつかアフガニスタンやカンボジアのような内戦などによって破壊されてしまった遺跡をテーマに描かれたものもあり、平山氏の「守らなければいけない、伝えなければいけない」という使命感とか悲しみとかがものすごく伝わってきた。
うまく文章にできないのだけれど、平山氏が生涯かけて尽くされて来たことを氏が亡くなられたからといって忘れちゃいけないし、終わらせちゃいけないんだな、と思った。

ワタシにはこれといってすぐにできることはなさそうだけど、会場横のお店で売っていたカンボジアの黒胡椒を買ってみました。
「内戦により激減してしまったカンボジアペッパーを、カンボジアの人々が再び栽培し……」なんてビンのウラに書いてあって、ささやかな応援の気持ち。
110224-06.jpg
ということで、23日の上野日記は終了です。
時間がなくてどれも駆け足だったけれど、なんかとっても充実してたかも。色々考えさせられることもあったし。
またぽっかり時間があいたら、どこかに出かけよう。

そういえば昨日のパンダ缶のクッキーを食べてみた。ミルク味とチョコ味の2種類が入っている。おいしかったけど、これはパンダでなく、どう見てもクマ。
110224-05.jpg

カテゴリー:気になる!コメント

ページのトップへ

2011年02月23日

半日休業

今日は午後にちょっと時間があいたので、ふと思いついて上野の東京国立博物館でやっている特別展「仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護」に行くことにした。
3月6日(日)までだから今日を逃したら無理そうだったので。
以前平山郁夫展に行ったのは2007年9月14日。平山氏はその後2009年12月に亡くなられてしまった。一周忌を迎え、氏の功績をたたえ、その軌跡をたどる展覧会。そして平山氏が描かれた奈良・薬師寺の「大唐西域壁画」 が初めて薬師寺以外で公開されているのだ。

上野駅について歩いていたら、なんと、自分でも予定外だったんだけど、吸い込まれるように上野動物園に入ってしまった〜〜〜(^^;
1時間くらいなら間に合いそうだし…。
ってことで、久々に大量写真でレポートです。

↓パンダが来日したばかりでなんか空気が入り口からして違います。「パンダは来園しましたが、公開は三月下旬の予定です」と、手前に大きな立て看板がありました。
110223-01.jpg

↓やっぱりパンダ
110223-02.jpg
↓いきなりこんなお昼寝中のコに遭遇(^^) アナグマです。人間がすぐ横から覗いていてもおかまいなし。やっぱり前足のツメがすごいなぁ。これで穴を掘るのだね。
110223-03.jpg
前回上野動物園に来たのは2008年6月だったのだけど、その時見たベンガルヤマネコとマヌルネコが可愛かったので会いに行こうと思った。がっ、なんか案内図を見ても載っていない…。探している時間もなかったので、まずは途中ワシとかタカとかの猛禽類を見ながらトラとライオンのところへ。
次のお目当てはレッサーパンダ。只今おうちが工事中ってことで仮住まいは西園の端っこ。遠い〜。でもダッシュで西園へ。

歩いている途中、園内放送で知ったのだけど、100年前(1911年)の今日2月23日は上野動物園に日本初来日となるカバがやってきた日なんだそう。「カバ来園100周年を記念して、ただいまの時間、カバ舎にてカバの歯磨きを飼育係の解説付きでやってます」だって。これは見なきゃと行ってみるも、平日の動物園でもここはすごい人だかりでよく見えなかった。でも100年ってすごい!
↓歯磨きは終わっちゃったみたいだけど、飼育係さんがカバ撫でてるところがかろうじて撮れた。そういえばワタシの小さい頃の将来の夢は”動物園の飼育係”だったなー
110223-04.jpg
レッサーパンダの仮住まいはキリンとオカピの間とあったんだけど、いない…。どっちかの場所で共同生活してるのかな?と探すもよくわからない…。今日はレッサーパンダもあきらめよう。

↓オカピ舎の前に幼稚園児たちがたくさん。みんな一生懸命「オカピーーー!」と叫んでました(^^) 柵の看板を良く見たら「なまえ:ピッピちゃん」と書いてあったので、名前を呼んであげればよかったね〜
110223-05.jpg
↓ペンギンアップ
110223-06.jpg
↓そして最後のお目当て「アイアイのすむ森」へ。ワオキツネザルが見たかったのだ! マダガスカルの珍しいサルたちが色々見られるみたい♪
110223-07.jpg
↓入り口の両脇にこんなトーテムポールみたいなのが。可愛い!
110223-08.jpg

“森”と言われつつ、実際は不忍池を渡る感じで橋を歩いて行くのだけれど、さっそくこの橋の途中でワオキツネザル発見!!!
6匹が並んでひなたぼっこしててワタシ大興奮(^^) 橋の方からは背中しか見えない位置だったので、あわてて反対側から見えるところまで戻る。

↓あーー、一眼レフ持って来れば良かった…。これがワオキツネザル。マダガスカルにしかいないのだ。先日ワタシがぬいぐるみ持っていると書いたうちの1種です。シッポのシマシマが可愛いです。
今日はお天気が良く暖かかったから、みんなお日様にむけておなかをめいっぱい向けているの。ものすごく可愛かった!!!
110223-09.jpg
↓引きで撮った写真はこんな感じ。手前の白いカタマリがワオキツネザルたち。うしろには作りモノだけどバオバブの木。そして、写真撮っている時には気づかなかったけど、東京スカイツリーが写ってた。あー、双眼鏡も持って来ればよかった…
110223-10.jpg
結局この後は時間切れで「アイアイの森」の先には行けず、また今度に。
でもおみやげショップはしっかりチェック。
↓「これ、ほしい〜」って思ったけど、がまん。
フィギュアボックス”ワイルドキャッツ”(^^) インドライオン、チーター、クロヒョウ、ピューマ、ユキヒョウ、アムールトラ、オセロット、イリオモテヤマネコ、サーバルキャット、ジャガーの10点セット
110223-11.jpg
↓こんな可愛い缶に入ったクッキーは、誘惑に負けて買っちゃったけど(^^;
110223-12.jpg

ということでこのあとダッシュで東京国立博物館に向かったのでした。
平山郁夫展についてはまた明日〜(^^;

カテゴリー:気になる!コメント

ページのトップへ

2011年02月20日

弱いもの

苦手なものじゃなくて、ついつい欲しくなってしまうという意味での”弱いもの”。
いいトシをして、自分なりの”可愛い!”のツボにはまるとついついほしくなってしまうもの。
その1つがぬいぐるみ(^^;
時々「うわーー、このコ可愛い!」と思うとムショーに連れて帰りたくなるのだけれど、とにかくガマン。モノをなるべく持たないようにしようと前回の引越の時強く思ったので…。
ぬいぐるみってまぁ癒されるけれど、消耗品ってわけじゃないし、増えすぎて処分する時なんか悲しいし…。
それでも我が家にはまだ少々のぬいぐるみがあります。それもちょっと変わっているタイプ。
マダガスカルにいるワオキツネザル、ケニアにもいるシロクロコロブスもどき、トラ、バーニーズマウンテンドック、ライオン…。
もうぜったいこれ以上は増やさない!!!

で、先日は西友でこんなタオルを見つけてしまい、相当悩んだんだけど、ついに買ってしまいました(^^;
シロクマタオル。フェイスタオルタイプで、絵柄はこの部分のみ。あとは無地。なんかこのデザインも気に入ってしまい……。
110220.jpg
こういうワタシの性分は母親譲りなのでしょうがないのです。
おまけに好みのツボは母娘でそっくり。
実家に届いたワタシ宛の郵便物を転送してくれるとき、いつも封筒には猫やら犬やらのシールが貼ってあります。
たぶんこのシロクマタオルを見たら、母は「ほしい!」って言うんだろうなぁ(^^)
なのでぬいぐるみはともかく、消耗品系はこれからもこんなものばかり買い続けるんだろうなぁなワタシです。

カテゴリー:気になる!コメント

ページのトップへ

2011年02月19日

鶏ササミのアスパラ巻き

昨日もヨッパでしたね〜。何言いたかったんだか(^^;

さて、気を取り直して、最近またハマっているメニューについて。
鶏のササミのアスパラ巻き!
ササミを平べったく開いて塩を振り、茹でたアスパラガスを巻いて魚焼きグリルでこんがり焼くだけ!
これにわさびマヨネーズをつけて食べるの最高!
最近のヘビーローテーションです。

焼いた後に一口サイズに切って熱々を食べるのだけれど、切るときいつもバラバラになっちゃう。見た目なんてどうでもいいやといつも写真を撮らずに食べていたのだけど、まぁまともに切れた2切れが今日はあったので写真を撮ってみました。ちょっとしょぼい?

ワサビは普通の100円くらいのチューブものを使っているんだけど、最近少々このワサビの刺激に不満。
もっと本ワサビのあの香りとつんとくる辛さに近いチューブってないかな? そういえばちょっと高めのチューブワサビをこの間見たような気がするので今度探してみようか…。
お勧めワサビあったら教えてくださいね。
110219.jpg

カテゴリー:食べ物・飲み物2 Comments

ページのトップへ

2011年02月18日

続くこと、続かないこと

先週は行けなかったのだけど、今日は加圧トレーニングへ。
2週間ぶりだったけれど、数日前からなんかカラダに不健康なこわばりがあったし、早くトレーニングしたい〜!とずっと思っての今日。
週1ペースでトレーニングすることがワタシのカラダにはすごく合っていて、必要になっちゃったんだろうなぁと感じます。
で、2010年2月19日に初めて体験トレーニングを受けてから(その時のことはコレ)今日でなんと丸1年です!
こんなに続くとは思ってもいなかったけれど、加圧トレーニング&トレーナー先生に出会えたことに感謝。

そんなタイミングで、ちょっと考えてみた。

ワタシは自分で”意志が弱い”と思っていたんだけど、”意志”って言葉を改めて辞書で見ると”考え”なのですよね。”考え”であって”決断”ではない。”決断”だったら”意思の疎通”って言葉もないだろうし。
そう考えたら”意志が弱い”って言葉は日本語マジックだなぁと思ってしまった。
ワタシには”意志(こうしてみようかな)”ってことはいっぱいあるんだけれど、これらはまだお試し期間状態で、最終判断(決断)がされていないって感じかな。

加圧トレーニングをやってみよう!という意志が働いて、とりあえず1年間”意志を貫き”続いたって状態は、ワタシにとってはその途中経過のどこかで「続けよう」という”決断”が働いたんだってこと。”意志”が”決断”に変わっての行為。本人無意識だけど。

そう考えてみると、今日のタイトルにした”続くこと、続かないこと”ってのも”意志”から始まって”決断”段階で脱落したものと”継続”したものってことになる。

振り返ってみると、英会話学校が続いているものの筆頭かな?
今の学校に通い出したのが2009年1月28日(当時のことはコレ)。英会話学校ジプシー時代もあって3つ目の学校だけど、やっと良いところに落ち着けたって感じ。3年目に突入〜。これも英語をマスターしたい!って意志はあったものの、紆余曲折あっての今の学校で、お試し期間を経ての”決断”が、続けられているカナメかな。

そんなわけで、続くこと、続かないことはワタシの中でもいろいろあって、試行錯誤の毎日。
でも”意志”というか、目標を持つことはきっと大切ですよね。たとえくじけたとしても。
ってことで、加圧トレーニング2年目の目標として、やっぱりもう少し体重と体脂肪率を落とすことにトライしようかな、と。
とか言いつつ、今日もポテトチップス買ってきちゃったんだけど…(^^;

カテゴリー:気になる!コメント

ページのトップへ

2011年02月17日

外ランチ

いつもお昼ゴハンは家でソバをゆでたり、パスタだったり、うどんだったり、のワタシ。
今日はものすごく久々の外ランチ♪♪♪
学生時代の友達と仕事の打ち合せがらみで。

場所は神田のイタリアン「ダンドロダンドロ」にて。

写真なんか撮る間もなく、おいしい!おいしい!としゃべりながら食べちゃったけど、ランチパスタが950円。
パスタは4種類あって、ワタシは「スパゲッティーニ ベーコンと希少!!からし菜の蕾のトマトソース」を。友達は「スパゲッティーニ アーリオリオ 野菜を効果的に33種摂れるように」ってのをオーダー。
まずは40cmくらいの細長いお皿に乗ったボリューム満点のサニーレタスを中心としたサラダ、3口サイズくらいの野菜の具沢山キッシュ、ポテトサラダみたいなのの上にオリーブオイルを少しかけた薄切りバケットの3点盛りが出て来た。
ランチでこんなにたくさんの前菜?って量。

そして、メインのパスタも男性も満足の量。
でもって、パスタのアルデンテ加減が最高で、ソースの味もしっかりしていておいしかった〜〜〜(スミマセン、語彙少な過ぎ(^^;)。

食後のコーヒーは別にお願いしてつけてもらっても、トータルひとり1,100円!
ぜったいリーズナブル! ゆっくりランチ・タイムを楽しんじゃった♪
今度は夜もチャレンジしてみたいお店でした。

前にも神田のことは書いたけど、神田って飲食店の競争が激しいところだから、老舗でない限り”おいしい・安い・感じいい”が揃ってないとなかなか厳しいんだと思う。
あーーー、やっぱり神田最高!!!

カテゴリー:食べ物・飲み物コメント

ページのトップへ

2011年02月13日

エジプト

アラビア語はまったくわからないけど、エジプトの革命ニュースに少なからず興味を持った方にぜひ。
ムバラク大統領辞任ニュースのタイミングでアップされたYouTube。
これからのエジプトは新政府設立など、大変なことが山積だけど、なんか感動してしまった映像。
日本人はこうならないだろうな、と思うと余計に…。
そしてチュニジアの革命をはじめ、今回の中東の革命にtwitterやfacebookが大きく影響していたこともとても興味深いと思う。
こうしてTouTubeの映像を見るとなおさら…。

ワタシの意見はおいといて、ぜひ見てみて。
国民の想いが伝わってきます。

カテゴリー:気になる!コメント

ページのトップへ

2011年02月11日

語学学習

昨年11月から、月1回ペースでまたスワヒリ語を少しずつ勉強しています。

5〜6年前に1年半くらい毎週スワヒリ語教室に通っていたのだけれど、それ以降まったく勉強してなかったし(英語の勉強に変更しちゃったので)、せっかく覚えたスワヒリ語は忘れる一方。
昨年1月にケニアに行った時も、とても1年半勉強したとは思えないほどの初心者レベルで満足していたワタシ。
なんかやっぱりそれはもったいないような気がしてきた。

先生は友達ケニア人。
生徒はワタシを含め友達日本人計3名。場所はいきつけの居酒屋。
みんな一応スワヒリ語の基礎はあるので、文法とか基礎は無視して、「こんな時スワヒリ語でどう言う?」というフレーズを学んで行くパターン。
英語もそうだけど、フレーズでまずは覚えるってこと、大切なような気がします。覚えるとあとは応用できるし。

「スワヒリ語とは」という総論?みたいなことをそういえばよく知らなかったので、Wikipediaのスワヒリ語を見てみた。ふーん、そうなのか。でも、ワタシの感覚では、もっともスワヒリ語が使われているのは、ケニアとタンザニアだけな感覚。
以前、ウガンダ人(日本語ペラペラ)と話す機会があって聞いたら「政府とか国際関係の職についている人は話すけれど、一般の人は理解できても話さない」と言っていた。コンゴ民主共和国人(日本語ペラペラ)と会った時も、ケニア人なら誰でも知っているスワヒリ語の歌「ジャンボ」を歌ってくれたけど、常にスワヒリ語を話すと言う環境にはないんだと思った。

ケニアは国語がスワヒリ語で、公用語が英語だ(なので、このWikipediaのページはちょっと違うと思う)。
ケニア人にとっては、この他に出身の民族の言語が存在する。
各民族の言葉は、日本の共通語と関西弁の違いどころではなく、全然違う言語。なので、ケニア人としての共通の言語がスワヒリ語。

ところが最近のケニアの小学校では、主に都市部だと思うけれど、最初から英語教育で、スワヒリ語をしゃべれないケニア人の子どもたちが多いとか。
大人のケニア人も、ケニア人同士しゃべるときはスワヒリ語主体だけど、基本はスワヒリ語だとしても、単語は英語の単語をたくさん混ぜて話す。日本人のカタカナ言葉と同じ感覚かな。

日本でも子どもたちに小さい頃から英語教育を!と今躍起になっているけれど、英語や外国語を学ぶことは大切だけど、母国語もちゃんと理解せずに…ってのはどうなのかな。

まぁそんな意見を話し出したら切りないので、戻って……。

英語が話せればもちろんケニアでは何も問題ないけれど、やっぱりケニア好きだったらスワヒリ語をマスターしたいと思う。
何年か後のケニアはわからないけれど、少なくとも今のケニアでは、英語をしゃべる外国人は当たり前だけど、スワヒリ語をしゃべる外国人は、ケニア人からすると「へぇ〜!スワヒリ語しゃべれるんだ!」とびっくりされる。外国人が日本語しゃべると日本人は「すごい!日本語上手ですね!」となるのと全く同じ感覚。
なので、少しでもスワヒリ語をしゃべると、断然ケニア人との距離が縮まるのだ。これはコミュニケーション上、とっても大事なことだと思っているのでスワヒリ語、がんばる!なワタシ。

ということで、英語にしろスワヒリ語にしろまだまだ全然初心者レベルなワタシだけど、まずは使うことが大事、と思っているので、間違った英語やスワヒリ語もばんばんココとかあちこちに披露しちゃいますよ。
(なかなか日常では英語とかスワヒリ語使う機会ないものね)

でもワタシの英語やスワヒリ語は正しい、と思わないでくださいね。今のうちに言い訳しとくけど、そんなわけでまだ勉強中なので。でもって、添削も大歓迎!
英語にしろスワヒリ語にしろ、その都度先生に聞ける環境ではないので、ばしばし突っ込み入れていただけたら嬉しかったりして(^^)
ちょっと調子良過ぎ?

カテゴリー:ケニア4 Comments

ページのトップへ

2011年02月10日

珍しい苗字

明日って祝日だったのね。
じゃ、ワイン飲んじゃう。
ってことで、軽いのをもう一丁。

今日昼間、なぜか急に”珍しい苗字”というキーワードが浮かんだ。
別に最近そういう方にお目にかかったわけじゃないんだけど…。

そう考えたら、何人かの知り合いの顔が浮かんで、もう全然連絡もとれなくなっちゃったけど、元気かなぁー?と。

まず最初は「いぶくろ」さん。
漢字では「衣袋」と書くのだけれど、「初めまして、いぶくろです」と美人さんの彼女があいさつすると、みんな動揺していた。
同じ職場にいた後輩。すでに苗字が変わっちゃったかな?

次は「きって」さん。
漢字はそのとおり「切手」さん。
インパクトが強い苗字で覚えているんだけど、いつの時代だったかの仕事先で出会った方だったと思う。

やっぱり職場の後輩だった男の子に「うお」くんって人がいた。
漢字で書くと「魚」。さかなくんじゃないよ。
確か富山とか福井とか方面の出身と言っていた記憶が…。
さらにびっくりだったのは、親戚に「釣(つり)」さんって人がいるんだって!!!

・・・って、珍しい苗字で書こうと思ったのだけど、知り合いというか、ワタシが出会った人の珍しい苗字はこの3人だけかなぁ。
時々「珍しいお名前ですよね」と言って名刺を受け取る機会もあったと思うけれど、この3人ほどのインパクトはなかった模様。

知り合いじゃないけど、感動した苗字は、”石垣島ラー油”でおなじみのペンギン食堂の「辺銀(ぺんぎん)」さん!
いいなぁ、この苗字。
自分の名前をこの苗字に続けて声に出してみる。
う〜ん、ステキ!

カテゴリー:気になる!コメント

ページのトップへ

1 / 212
酔っぱのたわごとをRSS登録する

Powered by

  • apple