2010年07月19日(月)

3連休が終わり

連休最終日の夜って、なんか寂しいです。
「あーー、また何もせずに連休が終わってしまった」って。

ワタシの場合、結構連休関係なく仕事しなきゃだけど、世間一般のお休みの日というのは、仕事の電話もメールもないので、平日はできないことをやるぞ〜!って意気込みだけは満々なんだけど、いつも今週末こそは、と思っていたことができずに終わるので、「あーー、また何もせずに終わってしまった」とむなしさを感じるのです。

そんな自分を分析してみると、ワタシはせっかちです。
おまけに典型的A型なので、完璧主義者。
てきぱきと物事を片付けていくことに至福の喜びを感じる性格なはずなんだけれど、オバサン化+ケニア人化しているせいか、最近は「んー、まぁ、いいやぁ。ポレポレ(ゆっくり)で。」なことだらけ。。。
まぁ、そんな自分を楽しんでいます(^^)

というわけで、特にこの連休何もしていないんだけど、印象的だったことを。。。

この連休、寝る前に読んでいた新潮社「考える人」8月号の村上春樹氏のロングインタビューがものすごく興味深かったです(過去形でなく、もったいつけてちびちび読んでいるので、今晩読み終わり予定だけど…)。
ここまで村上氏のナマの声がきけたインタビューを過去に読んだことがあったかな?という感じ。聞き手としてのインタビューアー松家仁之氏のプロフェッショナルな仕事にも感動!プロってこういうことなんだよな、とつくづく思う。ここまで色んな話を引き出せるって。村上氏も松家氏だったらOKということだったのでしょう。
最新作の「1Q84」についてだけでなく、村上氏の歴史、考え方、小説を生み出す取り組み方などさまざまな角度からコメントを引き出していて、村上作品に対してワタシが惹かれる理由が明確になった感じ。
2泊3日!!!でのロングインタビュー、村上作品ファンには必読だと思いましたよ。

考える人 2010年 08月号 [雑誌] 考える人 2010年 08月号 [雑誌]

新潮社 2010-07-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

カテゴリー:気になる!, コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

酔っぱのたわごとをRSS登録する

Powered by

  • apple