2010年03月25日(木)

ネルソン・マンデラ氏の自叙伝

2月17日に観た「インビクタス」(2010年2月23日記事)の影響で、「自由への長い道〜ネルソン・マンデラ自伝〜」ってのを図書館で借りて読んでいます。
ネットで予約したコレを受け取りに図書館に行ったら、想像以上に厚く(”上巻”だけで430ページ。4cmくらいの厚み)、ちょっとおののいたものの、これがすごくおもしろい!
おもしろい、って表現はちょっと語弊があるかな。読みやすいし、今まで漠然と知っていたマンデラさんのこと、アパルトヘイトのことがすごくよく理解ができる。今やっと下巻突入。

アパルトヘイト…。これは南アフリカにおいて1948年法制化された、人種隔離政策(白人と非白人の権限を区別する)のこと。ここでいう”白人”とは、アフリカーナーと呼ばれる主にオランダ系移民。彼らは南アフリカへの開拓の後、英国からの攻撃で英国の支配化におかれたが、のちにアフリカーナー主体の国民党が政権を担う。
政府は次々に白人(アフリカーナー)と非白人(黒人の他インド人やカラードと呼ばれる人たち)の隔離政策に走る。
非白人(特に黒人)は、白人より”そもそも劣る存在”とされ、職業も住居も教育も日常生活のあらゆる場面で制限がされる。政府の政策の1つに、民族ごとに居住地を定める法律があった。民族の認定の仕方は、ただ肌の色だったとか。「濃い黒」「薄い茶色」という曖昧な判断だけで、政府から「おまえはあっちに住め」「おまえはここに住んじゃダメだ」と言われる。これは、非白人の家族内でも分断されたとある。
政府は白人(アフリカーナー)300万人に対し南アフリカ全土の83%の土地を与え、800万人の非白人に対し、国土17%の中で生活しなさい、という法律を制定する。黒人には、権利が何もない。能力があってもつきたい仕事につけない、住みたい場所に住めない、教育も受けられない、言論の自由も認められない、夜の外出禁止令……。とにかく何でもかんでも黒人はしちゃぁいけないのだ。白人を”ご主人様”としていつもあがめ、逆らわない存在でいないといけない、というのがアパルトヘイト、と解釈した。

以下、同書からの印象的な場面を引用。

ある日、事務所の近くで、年配の白人女性の運転する車が、二台の車にはさまれているのを目にした。わたしはすぐに駆け寄って、車を押してやり、窮地を抜け出すのを助けた。英語を話すその老婦人は、わたしのほうを向いて「ありがとう、ジョン」と言った。ジョンというのは、白人が名前を知らないアフリカ人を呼ぶときに使う名前だ。婦人は、そして、六ペンス硬貨を差し出したが、わたしは丁重に受け取りを拒んだ。それでも婦人が硬貨を押しつけようとするので、わたしは要らないと言った。すると、婦人は大声で「六ペンスを受け取れないの? きっと一シリング欲しいんでしょうけど、あげるもんですか!」と叫び、硬貨をわたしに投げつけて、走り去った。
——–
「自由への長い道」上巻P216/ネルソン・マンデラ著/東江一紀訳/NHK出版

南アフリカに限らず、今も世界のあちこちで、こういう問題は起きている。肌の色の違いの他、宗教、民族間、格差での問題だ。
こういうことが世界でおこっていることは知りつつも、日本人であるワタシにとって、それを実感することはすごくむずかしい。
もっと知らなきゃいけないな、と思う。知った上で自分がどう思うか、どう行動するか(別に現地に行かなくったって、行動の範囲は様々)が重要だと思う。
昨今の世界的な経済恐慌において、みんな自分のことで精一杯。日本のメディアも海外取材の予算が削減され、なかなかこういう世界の現状を伝えづらくなっていると聞く。一方、こういう問題に現在も直面している人たちは、自分たちの力だけでは解決できないため、世界に向けて現状を告発し、世界の世論によって国が動くことに期待する。
印象的だった映画「ホテル・ルワンダ」のある場面。

ルワンダ人「この現状を世界が知ってくれたら、絶対世界の人々はルワンダを助けてくれるはず」
欧米ジャーナリスト「そうであってほしいと思う。でも、多くの人々は、いつもどおりの夕食を食べながら”ひどい話だね”と会話し、翌日にはそれを忘れてしまうんだ…」

耳が痛かった。ワタシもそうだ。ほんの数秒テレビで見たニュースに自分が何ができるんだろう? 実際知ったからと言って何か行動におこせることは少ない。でも少なくとも”知ること”は重要なんじゃないかな……。

そんな解決の糸口も見えない状況で、マンデラさんの本を読むワタシ。
本はベッドに入って数分ずつでしか読んでいないので、上巻は、あっという間に図書館の期限である2週間が過ぎちゃった。
1週間の延長後、なんとか上巻はクリアして下巻に無事突入したけれど、この本を読みたいと思う数名の予約が入っている模様。「インビクタス」の影響なんでしょうね。

自由への長い道―ネルソン・マンデラ自伝〈上〉 自由への長い道―ネルソン・マンデラ自伝〈上〉
ネルソン マンデラ Nelson Mandela

日本放送出版協会 1996-06
売り上げランキング : 171342

Amazonで詳しく見る by G-Tools

カテゴリー:コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

酔っぱのたわごとをRSS登録する

Powered by

  • apple