2010年02月16日(火)

ジョモ・ケニヤッタ空港

ケニアから戻ってなんと3週間!
個人的ケニアサイトは少しずつまとめているけれど、「ホテル・ロッジ」「マサイマラの動物」が中心で公開予定なので、その他の話題は、思いつくままにココに書いていこうと思います。
(で、そのうちサイトの方にまとめる予定(^^;)

で、今日はケニアの玄関、ナイロビのジョモ・ケニヤッタ国際空港について。
ケニアの玄関と書いたけれど、東アフリカの玄関口と言う方が正しいのかも。ここからアフリカ各国への飛行機もたくさん飛んでいます。
この国際空港、別の場所に新しい空港を建設予定と聞いたけれど、そういえばどうなったんだろう?

ワタシはアフリカの国際空港といえば、ケニアのこのジョモ・ケニヤッタ空港しか知らないので、まぁこんなもんだろう、という感じ。
入国時は初めての人でも迷うことなく進めるでしょう。入国審査のカウンターの一番左側にビサ取得用のカウンターがあるので、ビザを持っていない方はまずこちらへ。
以前の記事にも書いたけれど、6年前より空港職員がとてもフレンドリーになっている印象を受けました。
入国審査も税関も”観光客”にはとってもフレンドリーです。入国時の荷物がすごく多かったり、ビジネス・ビザで入国の場合は、あれこれあるかもですが。。。
出国時も特に問題なし。
まずは旅行会社の人とか友達とサヨナラをしたら、セキュリティチェック(ここでワタシはダチョウの卵が引っかかる。詳細は1月30日の記事をどうぞ)
航空会社(2010年のワタシはエミレーツ)のカウンターでチェックインして荷物預けて、出国カードを書いて、パスポートにハンコもらってエスカレーターで上へ。あとは、免税店が数軒ある間にゲートがあるので、ゲートの確認、です。
あ、でも、今回は余裕だったけれど、時期によって?「引っ越しか!?」と思われるほどの荷物を持った人たちがチェックインカウンターに並んでいたりすると、すごく時間がかかるので、余裕を持って空港に行くことが必要(旅行会社は出発3時間前を推奨しているはず)。

空港はそんなに広くないので、出発ゲートさえ確認すれば、あとは免税店などを端から端までチェック。
なんとなく海外旅行に行って、空港の免税店というと、化粧品やお酒、高級品などをここで買う!ってイメージだけど、ケニアは全然そんな雰囲気ではありません。お酒とかも売っているけれど、あくまでも「買い忘れたケニアのお土産品を買う場所」です。
市内のスーパーでも売っているコーヒーやナッツなどは当然空港の方が高いけれど、その他は以外と掘り出し物も見つかります(^^)
値段チェックだけして結局買わなかったものなど、空港にあるちまちましたお土産屋さんでほとんど変わらない値段で買えたりすることもあるので、時間があったらくまなくチェックしてみてくださいね。

飲食関係は、軽食のお店が数軒&JAVA HOUSE(ケニアのスタバみたいなところ)があります。タバコはチェックイン後は空港内では吸えないので、スモーカーはチェックイン前に喫煙可のカフェなどで覚悟を決めてください。

そういえば、1度だけ、ジョモ・ケニヤッタ空港のビジネスクラス用ラウンジ(共同運行のKLM航空利用者用)に入ったことがありますが、フリードリンク&フリーフード(軽食)はそれなりに種類もあったけど、狭くて暗くて居心地悪かったです(^^;
あっ、インターネットは全然できないです。個人的になんか契約してたら別かもだけど、誰もパソコン開いている人なんて見ませんでした。

あと、今回は誰にも尋ねなかったけど、前回の2003年、結構ぎりぎりでチェックインしたので焦っていてゲートの場所を空港職員(制服を着ている)に聞いたら、とても丁寧に対応してくれて、ゲートまで連れて行ってくれたのだけれど、「案内したんだから私に”ジャック・ダニエル(洋酒ね)”をプレゼントしろ!」とすごまれました(–; 最終的に1ドルチップを渡したんだけれど、悲しかった…。

空港って、なんか写真ばしばし撮っちゃいけないような気がして、ほとんど撮っていないんだけど…。
きっと、セキュリティチェックの部分とか入国審査とか税関とかそういうところ以外は問題ないんだろうけれど(よく見ると「写真ダメ」って書いてありますよね)、なんとなーく撮りづらいのはワタシだけ? 誰かと一緒だと、友達を写すふりして、ばしばし撮っちゃうんだけど…。ちなみに写真は3枚とも”帰り”に撮ったものです。

↓空港のエミレーツ航空の入り口。あーー、帰りたくない! すぐにはチェックインせず、横のカフェでサモサとタスカー2本&タバコでぎりぎりまでねばったけど
100216_01.jpg

↓ワタシは出発だけど、到着の人たちはこの先の入国審査へ。
100216_02.jpg

↓なんかおもしろかったので、撮った「非常口」の写真。スワヒリ語の「Mlango wa Kukimbia moto」とは、直訳すると「火災のため逃げるドア」です(^^) ※mlango:ドア kimbia:逃げる moto:火
英語もスワヒリ語もわからなくても、”絵”でわかりますよね?
100216_03.jpg

—-
2012年9月追記

2012年8月にまたケニアに行ってきました。ジョモ・ケニヤッタ空港の情報は別館サイトMARA:SORA内の「ナイロビの空港」もどうぞ。

カテゴリー:ケニアコメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

酔っぱのたわごとをRSS登録する

Powered by

  • apple