月別アーカイブ: 2009年7月

2009年07月28日

今日の英会話学校

この1週間ろくに勉強もせず、今日も出かけるぎりぎりまで仕事に追われていたので、全然英語アタマに切り替わらないままで突入。
今日はひとりイレギュラーの男性が参加(数週間前にも参加した人)。
【What’s your news?】
特にニュースはなかったので、ポッドキャスティングでBBCのニュースをダウンロードして聞き出した話をした。もうちょっと深く掘り下げて話したかったけれど、相変わらずアタマがぼーっとしていたので挫折。
【Textbook】
“アドバイスの言い方”についての勉強。
よく日本語の英語解説書には「“should”は日本語にすると“〜すべき”ですが、日本語のニュアンスほど強い言い回しではありません」的なことが書かれているけれど、やっぱりちょっと上から目線の言い方のよう。
日本語と同じで、相手にアドバイスする時は「〜してみた?/考えてみた?(Have you thought of〜)」とか、「もし私があなただったら…(If you were you, 〜)」のように、相手にストレスを与えないような言い方が望ましいらしい。
そういえば以前別の先生に何かの話題で私は「You shouldなんとかかんとか」と言ったことがあるのだけれど、先生、ちょっとひるんでいたっけ(^^;
今日は英語アタマにならない上に、突然私の持病というか更年期障害の症状(汗が噴き出す)が後半でおこり、ひとりパニック。
テキストのコピーを見るときは“老眼鏡”をかけるわけだけど、これが曇って見えない!!!
でもって、コピーが薄くて不鮮明。おまけに文字も小さい。
ということでボロボロ状態。
この状態を説明したかったけれど、うまく簡潔に説明できる自信がなかったので、なんとかそのまま乗り切る。
家に帰って忘れないうちに今日のテキストを落ち着いてみてみたら、全然むずかしい内容じゃなかったんだけれど、、、(T_T)
まぁ、こんな日もあるさ、ね。

カテゴリー:英語コメント

ページのトップへ

2009年07月22日

気になるCM

最近お気に入りのCM。
いつも放送されるたんびに、あわててテレビを見ていたけれど、今はYouTubeにこうやってアップされているのだね。いつでも見られる♪

サッポロビールの清原と猫のCM(注:←リンク先、いきなり始まって音出ます)も初めて見たときは「おおおっ」となったけれど、やっぱり断然YKK(^-^)

カテゴリー:気になる!4 Comments

ページのトップへ

2009年07月21日

今日の英会話学校

久々にレギュラーメンバーだけのクラス。
気づけばココに通い出してそろそろ半年。相変わらずまだしどろもどろにしかしゃべれないけれど、クラスにも慣れて良い雰囲気だし、火曜日がとても楽しみになってきた(最初の頃は、自分に鞭打ってだったんだけど)。
連休中にちょっと勉強の時間がとれたので、いつも聞きたい質問で語順とか言い方がわからなくなるところ&聞かれたときの応え方で自信を持って言えない言い方なんかを復習してみた。
今日はその成果が結構あったかも♪
【What’s your news?】
ずっと「どこそこへ行きました」の話ばかりしていたので、今日は方向を変えてカレーを作った話をする。自分では60点の出来かな(今までよりは高得点の方)。
今日はみんなそんなに大きなニュースはなかったけれど、あれこれ話がはずむ。
なぜか今日はYさん、Jさんふたりとも、単語に詰まると私の顔を見て「なんでしたっけ?○○って」と、ぼそぼそと日本語で言う(^^;
助けることができた確率は40%かな。
ワタシは変な単語(糖尿病とか結核とか病気名系とか)はなぜかすぐ覚えるんだけれど、日常で使われる単語がなかなか覚えられない。。。なんでなんだろうー(^^;
【Textbook】
前半部分が盛りだくさんだったので、後半は30分のみ。
先週やった“頻度の副詞(always、sometaimes、neverとか)”の復習みたいなもので、「あなたの仕事とプライベートのバランス度チェック」というアンケートを各々読んで回答をする。
たとえば「週末も仕事をする」という質問に対して、「よくある」「時々」「ごくたまに」「絶対ない」から選んでいくパターンで10問。
出された点数に対し、その先には「あなたは○○です」という3種類のコメントが書かれている。
ワタシの回答結果は32点で「働き過ぎです!もっと人生を楽しむべきです!」だって(^^;
ちなみに教科書は英国のもの。

授業が終わって「また来週〜!」と言った後、いきなり先生がワタシに「村上春樹の『海辺のカフカ』を読んだ?」と聞いた。
ええーーっ? なんで唐突に???
「はい。読みました」と応えたら、「えっ?ホントに?なんで読めたの!?猫が残虐に殺されているのに!?」と言う。
あー、ワタシが猫好きだからそういう話題か…と思ったけれど、うまく自分の感想は英語で言えない…(>_<) 「でも、本当の彼はとても猫を愛している人です」としか言えなかったけれど、先生はプンプンしている(^^; どうやらこの週末に先生(英国人)は『海辺のカフカ』を読んだらしい(英語版だ!)。 Jさん(韓国人)も村上春樹はほとんど読んでいるらしい!!! みんなもう立ち上がって帰る状態でいきなり村上春樹論が始まってしまった。 もっとぺらぺらと英語が話せたら、いくらでもこの話題について話したいのだけれど、残念ながら無理だー。 「『海辺のカフカ』や『1Q84』は、村上春樹の他の作品を読まずに読むのは勧めない。ワタシのお勧めは『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』です」となんとかそれだけ伝えた。Jさんが同意してくれる。 先生は『羊をめぐる冒険』が好きだそう(すごい!これも英語版で読んでいるんだ!)。 Yさんは「『ノルウェイの森』と『ねじまき鳥クロニクル』は読んだけれど…」と。 まさか英会話学校で村上春樹論を話すことになるとは思ってもいなかったので、びっくり。 さすがノーベル文学賞の候補に何度もなるだけある村上氏。同じ日本人だとあまり実感がなかったんだけれど…。 あの緻密な文章が英語にどう翻訳されているのか、先生の興奮で興味を持ってしまった。いつか日本語で読んだ彼の作品を英語で読んでみたいなー。

カテゴリー:英語コメント

ページのトップへ

2009年07月19日

チキンカレー

久々に自作料理ネタ。
仕事の待ち時間(自宅待機)を利用して、本格カレー(=市販のカレールーを使わないヤツ)に初挑戦してみた。
レシピはCOOKPADのコレ
途中で茹でたジャガイモも追加で投入。
しっかり丸2日かけて作って、3日目の今日食べた。
スパイスだけでカレーができるのがなんだか不思議!(←マヌケな感想だけど)。
鶏肉がとろとろ&すごくコクがあっておいしい!
でも、ワタシにはもう少し辛くても良かったかな。あと、みじん切りが大きかったのか、ショウガが口に残るので(多く入れすぎたのもあるんだけれど)、次回は絞り汁だけにしようかな。
でもって、もう少しソースはさらさら状にしよう。
自分用の改善の余地はあるけれど、ちょっとはまりそう。
090719.jpg
で、ついで話。
我が家の近所に週2日だけ開く肉屋さんがあるんだけれど、最近ここのお肉にはまってます。
ここは肉の卸屋さんで、値段も安いんだけれど、すごくおいしい!
食い意地張っているわりに素材の良さの違いなんてあんまりわからずなんでもおいしく食べちゃうワタシだけど、そんなワタシにも肉の味の違いがわかる!!!
もちろん食べておいしいんだけれど、スーパーとかで売っているパックの肉と違って、どの肉も見た目からしてピカピカしている。肉の角がたっているという感じ。
鶏のささみもちゃんと筋もとってくれているし、豚ロースの切り身なんかを買うと、その場で肉叩き(っていうんだっけ?)で筋切りもしてくれたり。
この間はお会計もおまけしてもらっちゃった♪
なんだかずっとスーパーばかりで買い物していたけれど、最近この肉屋さんに触発されて、魚やお米も時々近所の魚屋さん&お米屋さんで買ったりしています。
お米屋さんではあれこれ質問して、美味しい保存法や食べ切り時期を聞いてきましたよ。
それによると、保存は洗って乾かしたペットボトルに入れて、冷蔵庫の野菜室での保存が一番良いとか。でもって、美味しい状態はやはり精米してから1ヵ月(冬場はもう少し長くても良い)とか。
その場で精米してもらえるのもお米屋さんならではかも。
と、最近あまり料理していないんだけれど、作るときには素材にこだわってみたりしています。

カテゴリー:食べ物・飲み物2 Comments

ページのトップへ

2009年07月18日

かっこいー

今日のニュースでMLBオールスターゲームの始球式にオバマ大統領が登場し、イチローがオバマさんからサインボールをもらった様子を放送していましたよね。
イチローの子供のような表情が可愛かった。
これ、結構他の外国人からも評判だったみたい。
「イチローは10歳の子供のようだった」とか「女子学生のように喜んでいて可愛かった」と、偶然見つけたホワイト・ハウスのflickr内にコメントが出ていた。
すごく良い写真! 個人利用はOKのようなので、載せちゃおう。
(c)The Official White House Photostream’s photostream
090718.jpg
このホワイト・ハウスのflickr内の写真、どれもすごーーくキレイ!
単なる報道写真って感じではなく、アングルが凝っていたり、オバマさんがバスケットボールのシュートを打っていたり、ファースト・ドッグのボーちゃんと遊ぶ姿があったり。
うーーーん、かっこいー。
それに比べ日本は…。トホホですね。

カテゴリー:気になる!コメント

ページのトップへ

2009年07月17日

手術から1年

2008年7月17日、チャイは巨大結腸症の手術を受けました。
それからちょうど1年。
1年前の手術直前の数日間は、本当にもうチャイが死んじゃうかもと思うくらい状態がひどかったので、この日をなんとか無事に迎えられて感無量です。
巨大結腸症は手術をしたからといって治る病気ではなく、症状というか体質。
実際、チャイと同時期に同じ病院で巨大結腸症の手術をしたコは3ヵ月で再発したそう(ちなみに再発最長は3年だそう(^^;)。
毎日お薬をかかさず、ごはんの量、お水など状態をみながら管理して、半年後くらいからはちょっと怪しい時も出てきたので、今は下剤も併用しています。
毎日同じようにしていても、やっぱり気温の変化やちょっとしたチャイの体調の変化で便の出方は全然違ってくるので本当にむずかしい。
でもチャイもちゃんとワタシの気持ちに応えてくれているので、ワタシもがんばらなきゃ、です。
↓なんちゅー寝方(^^;
090717.jpg

カテゴリー:チャイコメント

ページのトップへ

2009年07月15日

ストレス発散

昨日は350mlの缶ビール2本だけしか飲まなかったら、目覚めすっきりだった。
ワタシのストレス発散は、お酒を飲むこと、なので、加減がむずかしいなぁー。
以前にも書いたかもだけれど、ワタシは“アル中か!?”と思うくらいビールとワインに限って飲むので、健康面でそろそろ問題の出るお年頃。
実際、血液検査で肝臓の数値(お酒の飲み過ぎ)を先生から指摘されたり、“自分はアル中かも?”と思う節もしばしばなので気をつけなければなのだけれど、これがワタシにとっての大きなストレス発散になっているのは確か。

気分良く目覚めた今日の午前中、ふと目の前の空を見ると、なんだかとっても可愛い雲がぽこぽこ浮かんでいた。
ケニアの空には全く及ばないけれど、昨日梅雨明けした東京のこんな空もいいなぁーとパチリ。
090715_01.jpg

ただいま締め切り真っ最中なのに、今日は別“ストレス発散”を予約していたので出かける。
Blue Note Tokyoで小曽根 真 featuring NO NAME HORSES。

数ヶ月前、何がきっかけだったか忘れたけれど、“ビッグバンドのライブに行きたい!”としみじみ思った。
最近のワタシの音楽趣向はあれこれぐらついているんだけれど、ジャズ方面は断然ビッグバンド!
なんでもいいから生のホーンセクションの音に浸りたくなっていた。
そんな状態でいくつか探していたら、なんと小曽根さんのライブを発見!
小曽根さんのJ-Waveでの番組「OZ MEETS JAZZ]」は、ここ数年のお気に入り番組なのでコレに決定!

いや〜〜〜、よかった!!!
NO NAME HORSESの管セクションは12名。
管楽器がパラッパ〜、パッ、パッッッ!となるたんびに鳥肌もんでした。かっこいい〜〜〜〜!

今回のテーマは新作の“ラテン・ジャズ”なので、スタンダードなジャズとは全然違うんだけれど、やっぱり音楽というジャンルにおけるジャズの奥深さをまざまざと感じることができました。
うーーーん、もっと聞いていたかったぞ。
また他のビッグバンドライブにも行ってみたいなぁ。
ジャズとかビッグバンドとか、そんなに興味がなかったのに、なんだか不思議。

そもそもワタシが20代の頃、大学の“軽音楽部”でギターを弾いていた関係から、ちょっとそういう環境に接する機会はあったのだけれど、当時はこのジャンル、全く興味なし。
その後20年たってその良さがひしひしとわかるようになってきました。
ワタシは早稲田でも慶応でもないけれど、20年前の当時、早稲田は“ハイソサエティー”、慶応は“ライトミュージックソサエティー”というビッグバンドがあり、ワタシが初めて知ったビッグバンドの原点はここにあったのです。
1回、早稲田と慶応のビッグバンドの共同ライブが“ハイライト(タバコの銘柄にかけた、両方のバンド名)”として渋谷の“eggman”であり、学生の演奏ながら、それはワタシにとってすごい影響になっていたのかも(実際、早稲田のハイソ、慶応のライト出身の有名ミュージシャンは多い)。

今回、小曽根さんのNO NAME HORSESとしてプロの生のビッグバンドを聴けて本当に良かった!
また新たなるワタシのストレス発散法が開発されるかも。

カテゴリー:気になる!, 音楽コメント

ページのトップへ

2009年07月14日

今日の英会話学校

今週は全く復習・予習せずに臨んだクラス(^^;
今日はいつものメンバーにプラスなんと高校生女の子がひとり!!!
イマドキのキャピキャピタイプとは全く正反対のおっとりした可愛い子。
来月からお父さんのお仕事の都合で、海外に行くんだって。で、インターナショナル・スクールに通うので、英語を習っているそう。
そもそも英会話上達のために通っている学校だけれど、色んな人(それも英語を学ぼう!というポジティブ志向の人々)に会うことができるので、結構これがまた楽しいかも。
普段のワタシの世界だと、こういう高校生に会う機会はなかなかないもんね。
【What’s your news?】
友達の娘の誕生日会のことと翌日のケニア飲み会のことを話す。
「どこそこへ行った。何を食べた」だけじゃ上達しないので、「プレゼントを何にするのが良いか、クラスのみんなに相談したんだよ、と彼女に伝えました」ということも、なんとかしどろもどろに説明する。
ここで先生が「“I got the advice…”でも良いけれど、“I was given the advice…”の方がこの場合自然」と。
おーーーっ、受動態! 英文メールを書くときは結構使うんだけれど(It was uploadedとか)、会話では全く使えていないことに気づく(^^;
今日は結構みんな“ニュース”があって、それに対する質問などで盛り上がる。
レギュラーメンバーがそれぞれ「あれ?○○って単語、なんだっけ?」と悶絶するたんびに高校生が遠慮しがちに「それは●●?」と答えるので、先生が「みんな、高校生に負けているわよっ!!!」と叱咤激励(^^; ひえ〜〜〜。
韓国人のJさんは初めて献血をしたそう。「飲み物や食べ物をいっぱいくれた!」と感動していたけれど、英国人の先生は日本で献血はできないんだって。
外国人による献血のことなんて考えたことなかったけれど、後で調べたら献血って色々制限があるのですね。ピアスをしてたらダメな場合もあるとか。知ってた?
日本赤十字社“献血をご遠慮いただく場合”
【Textbook】
まずは指定された疑問形(How oftenとか)を使って、2人で1組になってお互いのことを質問&答える練習。お互い2問ずつくらい話した後、みんなの前でパートナーの答えで興味深かったことを発表。
その後はワタシの苦手なリスニング。
テープを聞いたあとに、また先ほどの2組でお互いに規定の質問文に沿って「質問その1のJackはテニスをしていますか?」「いいえ、Jackは犬の散歩をしています」ってな感じで聞き取った内容について答えるパターン。
今日のは珍しく単語は結構聞き取れていたので、“連れて行く”と“犬”だけで「Jack is taking his dog」と答えると、先生から「“for a walk”も言っていたでしょ?」とツッコミが入る(^^; む、むずかしー。
さらに「もっと速く流れるように言いなさい!」と、みんなで文を繰り返す。
うーーーん、これがむずかしいんだよね。
紙に文を書いてそれを台詞のように繰り返し口に出していけば結構速くしゃべれるけれど、言う内容をアタマで覚えて速く言うってのは、まず今のワタシには無理!
だって、そももそもまだ英語を話すって行為が、日本語→英語に置き換えのパターンだから。
たとえば咄嗟に「You know?(あなた知ってた?)」と聞かれれば「I know」とか「I don’t know」とかって日本語で考えず素早く答えられるけれど、応用の利かない文は日本語→英語になっちゃうし、文法も追いかけちゃうので全然ダメ。
でも今日はこういうワタシの欠点部分が色々見えたので勉強のポイントがわかりやすかったかな。
海外でも活躍するワタシの友達(ひとりはガイドさん、もうひとりはフライトアテンダントさん)に英語上達の道を尋ねたとき、「まずは基本文を暗記じゃない?」だったので、やっぱり自習ではこれを強化することにしよう!

カテゴリー:英語コメント

ページのトップへ

2009年07月11日

ケニアつながり飲み会

実は今締め切りまっただ中なのだけれど、連日飲み会。相変わらずスケジュール調整がうまくいかないワタシ(^^;
今日はケニア関連の友達との飲み会@調布。総勢6名。
1年ぶりくらいに会う友達もいて、あれこれ盛り上がる。
内2人は今月中旬からケニア、そしてもうひとりはマダガスカルへ行くとか。
あーーーーーー、羨ましい!!!
ワタシも行きたいよぉーーー(>_<) 昨日は学生時代の話ばかりしていたけれど、今日はアフリカ三昧。 こうやって好きな話題にひたっていられると幸せ&ストレスなんてたまらないね〜。 スワヒリ語はあれだけ勉強したのに(?)すっかり忘れてしまったワタシだけど、なんと今日は来ていなかった同じクラスのメンバーは、現在“スワヒリ語”・“英語”・“フランス語”・“ロシア語”を同時進行で学習しているそう(@@)/ 尊敬! いったいどういうアタマの切り換えして勉強しているんだろう。 ↓今年も“ケニアへの買い付け”の時期がやってきたお友達のBAHATIさん
すぐ葉っぱ食べちゃうチャイのことを気遣って、色んな種類が入っているサボテンをいただいてしまいました!
サボテン、育ててみたかったので嬉しいなぁ。
090711.jpg

カテゴリー:ケニア4 Comments

ページのトップへ

2009年07月10日

お誕生日会

中学&高校時代の友達4人+ハタチの誕生日のワタシの娘(って、友達のコだけど、ワタシのコでもあるのだっ)と恵比寿にてお誕生日会。
以前ちょっと書いたけど(6月23日参照)、計画していたプレゼントを渡す。
英会話学校のみんなに相談して決めたプレゼントは、大学生の女の子の言う「何か記念になるもの」+韓国人の女の子の言う「やっぱり現金」+Britishの先生の言う「アメリカでも使えるもの」ってことで、小さなウサギのキーホールダーと現金(ドル紙幣)となりました(^^)
ウサギのキーホールダーは、吉祥寺で見つけたのだけれど、一緒にあった“ライオン”を自分用に買ってしまった(^^;
で、その“ライオン”を弟に見せたら、「ほしい〜〜〜!」と騒ぎまくったので、弟夫婦には後日“犬”と“アヒル”をプレゼント。
↓左から“うさぎ”、“犬”、“あひる”。
手前のがワタシの“ライオン”。いいトシしたおばさん&おじさんがハマル。でも、可愛いでしょ?
090710.jpg
ごはんは恵比寿のリコス・キッチンにて。
おまかせコースは5,250円とか。
値段のわりには品数も多く、雰囲気も良かったです。
しゃべる+食べる+飲むに忙しく、食べたものの詳細は忘れた…(^^;
露出に失敗した写真をとりあえず小さめに…。
撮り忘れたお料理もあったかも。
↓お刺身サラダ:いきなりすごいボリューム。葉っぱ系だけでなく、カリコリ食べる野菜がいっぱい入っていておいしかった。
あー、そういえばこの前に“鮎のなんとか”って二口で食べられる前菜が出ていたっけ。写真撮り忘れ。
090710_01.jpg
↓一見“茶碗蒸し”のようなもの。中はちょびっとのリゾットになっている
090710_02.jpg
↓鰺のなんとか。お料理のはじまる前に、それぞれの食べられないものを聞かれ、友達の一人が“光り物の魚はダメ”と言っていたので、彼女の分は“あなご”になっていた
090710_03.jpg
↓これも魚だったような…??? すでにこの頃ワインも大量に飲み、しゃべりまくっていたので、写真だけが頼り…でも忘れた
090710_04.jpg
↓肉料理。
090710_05.jpg
↓デザート。娘がお誕生日だったので、個室の電気が消えての登場。
コレは誕生日本人のプレート。みんなのお皿にも3種類のデザート。そしてコーヒーor紅茶
090710_06.jpg

カテゴリー:食べ物・飲み物コメント

ページのトップへ

1 / 212
酔っぱのたわごとをRSS登録する

Powered by

  • apple