2009年06月10日(水)

チャイ下痢になる

ここんところずっと調子の良かったチャイ。
4月からかかりつけの病院が替わり(4月13日参照)、新しい病院で今までと同等のお薬と療法食を処方していただいている。
お薬で今飲んでいるのは心臓用(加齢による腎臓系悪化抑圧にも効果があるらしい)のフォルテコールと、サプリメント的に腸の状態を整えるビタミン剤としてノイロビタン。この2つは錠剤。
この錠剤2種は前の病院と同じ(厳密に言うと、ビタミン剤は同じメーカーのもう少し総合的なヤツに替わった)。
もう1種飲んでいるのはシロップ状のラクツロース
数ヶ月前からちょっとまた便秘が怪しくなってきたので、以前の先生の指導の下、まだたんまり残っていたヤツを1日置きに5ccずつ飲ませていた。
家の在庫がなくなったので、先週土曜日から同じように新しい病院で処方してもらったラクツロースを飲ませ始めた。
土曜日に5cc。1日開けて月曜日に5cc(飲ませるときの注射器みたいなヤツをこの日変えたら、“出”が良くて半分近くこぼしちゃったので、実際この日飲んだのは3ccくらいかな?)。
ラクツロースに替える前日の金曜日までは順調に(毎日or1日置きに)出ていたのだけれど、土・日は全くでなかった。でもこれは全く問題なし。
翌月曜日に笑っちゃうほどいっぱい出たし。
で、火曜日。
昨日すごくいっぱい出たのに夕方またそこそこ出る。ここまでは便も普通の状態。
英会話学校から戻ったら(2時間後)、また大量に出ていて、下痢が混じっていた。
その後12時間で4回下痢便になり、さすがのワタシも“ラクツロース”が原因かも、と思う。
というのも、このシロップ薬だけが、同じ成分だけど製薬会社の違う物に変わったから。
以前は中外製薬の「モニラック・シロップ65%」ってヤツだったのだけれど、今度はたぶん興和の「ラクツロース・シロップ60%“コーワ”」というのみたい。
チャイ自身は昨日は食欲もあまりなく、ちょっぴり元気なかったけれど今日水曜は復活!!!
でも病院に電話をして、先生の手が空いているときにかけなおしてもらうことにした。
それによると、中外製薬の「モニラック」も「ラクツロース」も成分は同じだそう。いわゆる“ジェネリック”による違いがあるそう。
薬としての成分は全く同じだけれど、液体状の薬だから濃度の違いなどの差は出てくるかもとのこと。微妙に気化することだってありうると。
ってことで先生と相談して、しばらくラクツロースをやめて、また“出”が悪くなるようだったら今度は量を減らして様子を見ることに。
巨大結腸症の場合、最悪の状態の前触れの1つに“カチカチ便”が出て、その後に“下痢便”ってのがあるそう(チャイのひどい時は、下痢便までいかないまでも、“カチカチ便”で詰まっていた形跡がたくさんあった)。
チャイの今回の下痢は全然そういう状態ではなかったので心配ないけれど、微妙な薬の違いって出てくるもんだなーとしみじみ思う。
それとちょっと思ったのは、転院して全く今までと同じ薬を処方してもらうのは、むずかしいってこと。
前より合う薬になることもあるだろうけれど、同じ成分の薬でも合わない薬にあたってしまうってこともあるってこと。
だからといって、薬は各病院によって「仕入れられる」「仕入れられない」というワタシも理解できる社会の仕組みがあるんだろうなーってこと。人間の世界も同じだと思う。
今回の件でラクツロース(コーワの?)がチャイに合わない場合、別の(以前の中外製薬のではなく)同じ成分の処方もできる、との話だったのだけれど、飲ませる目的は便秘改善なので、コレをうまく使えば詰まらないかも!と思ったりして(^^)
かかりつけの先生は「チャイちゃん自身の腸の活動が良い状態にあって、薬に過剰反応した場合も考えられるかも」と付け加えてくださったけれど、それはないと思う。
結局カアチャンがしっかり見極めて行かなきゃなのですよね。
↓「今は元気!」なチャイ写真を撮ろうと振り向いたら、先日と全く同じ状態(^^;
090610.jpg

カテゴリー:チャイコメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

酔っぱのたわごとをRSS登録する

Powered by

  • apple