月別アーカイブ: 2009年4月

2009年04月26日

豚インフルエンザ

パンデミックは鳥インフルエンザ、かと思っていたら、いきなり“豚インフルエンザ”の脅威、です。
今回のメキシコ発の“豚インフルエンザ”は今のところ「H1N1型」と言われているよう。
以前ワタシが読みあさっていた“新型ウイルスの脅威”(2007年2月7日参照)では毒性の強い「H5N1型」が言われていました。
どの程度この違いが影響してくるのか、ワタシにはわからないけれど、豚インフルエンザ、こわいです。
「H5N1型」に感染した渡り鳥が日本でも発見されたり、ベトナムや中国で鳥インフルエンザに感染して死亡した人の報告はあったけれど、亡くなった方たちはいずれも鳥に関わるなんらかの状況にあった人たち。
今回のように、豚に関わっていない人たちが感染したということは、人から人への感染であるということです。
日本での報道をあまり把握していないのだけれど、先ほど見たBBCでは、日本でも報道されているアメリカ、ニュージーランドの他、フランス、スペイン、イスラエルでメキシコから戻った人たちに感染の疑いがあると報じています。
メキシコ以外で死者は出ていないけれど、WHOはパンデミックの警告を出しているし、「通常のウイルスが活発化する季節を過ぎての流行」「通常幼児や高齢者が感染する可能性が高いところ、体力のある若者・壮年層が感染している」という点を懸念しているそう。
通常ウイルスは、湿気と高温を嫌うので、乾燥&低温の冬の時期に蔓延するのです。
なのに……。
おびえていてもしょうがないので、ワタシなりの対策。
もちろん全く医学的知識のないワタシの個人的な意見なのであしからず。
1)うがい、手洗いの徹底
2)人混みに行くときはマスク着用(インフルエンザのウイルスの大きさは花粉以下なので、それに対応したマスクがベター。ちょっと高いけどH5N1対策マスクなんてのもあります)
3)日本は冬の乾燥期はそろそろ終了、だけど、とりあえず室内に加湿機稼働
4)風邪のような症状が出たら、すぐ病院へ行く
メキシコのアメリカ大使館は、本国への(かな?ワタシの英語力不足)訪問客に対して、少なくとも1.8m離れて接することを勧めているとか。
満員電車を考えたら、こんなの無理ですもんね。
パニックになる必要はないと思うけれど、気をつけなきゃです!!!
ちなみに「鳥インフルエンザ」は英語で「Bird flu」だけど「豚インフルエンザ」はPig…ではなく「Swine flu(スワイン・フル)」なんだって。

カテゴリー:気になる!コメント

ページのトップへ

2009年04月26日

眼科その後&老眼鏡2号

その後(4月6日「眼科ハシゴ」)予約していた“眼鏡を作るための視力検査”に行ってきた。
専任の先生がいて、こまかくチェックしてくださる。
老眼は誰でもなるのでしょうがないけれど、ワタシの場合、遠視がひどいのでそれによって疲れ目がひどくなる(ピントを合わそうとする力がいっぱい必要になるらしい)。乱視も出ている。とのこと。

ワタシ自身は以前に比べて遠くも見えない感があるのだけれど、言われてみれば確かに生活に支障のある“遠くも見えない”ではない(以前が見えすぎていたのかも?)。
1日のほとんどの時間をパソコン前で過ごす&眼鏡をかけ慣れていない、ということを考慮して、結局また“中近両用”眼鏡を勧められた。
検査のあと、10分くらい“中近両用”状態の眼鏡をかけたまま待合室で過ごし、雑誌を見てもちょっと目線をずらしても全然OKの世界だったので、これで処方箋?を書いていただいた。
100均の老眼鏡との違いをまざまざ感じる。

その後、再度先生の診察。
先週もらった目薬はとっても良い感じなので、また目薬がなくなったり眼鏡を作った後問題があったら来るように言われる。
うん、なんだかとっても納得。
良い眼科にたどりついた感触。

検査の翌日、さっそく眼鏡を作りに行った。
数年前に初めて行った眼鏡屋さんでレンズだけ変えてもらうことも考えたんだけれど、病院で勧められるままに行ってしまったその眼鏡屋さん、選択肢があまりなかったり値段も高い割に対応もイマイチだったのでやめる。
目はワタシの大切な仕事道具、的な考えで心機一転きちんと作ることにした。
人生2度目の眼鏡屋さん。
ワタシ好みのフレームがたくさんあるところにした。
でもレンズがいくらとか、どのフレームがワタシのレンズに対応するのかとか、全くわからなかったので、まずは処方箋を見せ、レンズがいくらかを聞き(片目11,000円〜だった)、予算内&お勧めのフレームがどれかを教えてもらった。
フレームの選択肢が多いので楽しい〜♪
でも、自分の好みと“似合う似合わない”&“機能性”部分の判断が全くできないので、お店の女の子にあれこれアドバイスをもらった。
「なるほどー」と思うことがいっぱいあって、選んだフレームは結局“老眼鏡1号”と同じタイプだった(^^;
自分で苦笑してしまったけれど、あれこれいっぱい試着(?)しての結果だったので、まぁいいか。

で、本日出来上がりをとりに行ってきた。
眼鏡が私の顔にフィットするよう、何度も調整がかけられる。
人の顔って左右対称じゃないからだとか。知っていたようで、眼鏡にも影響するのかとびっくり。
今までまったく知らなかったけれど、だいぶワタシの顔は左右が違うみたい(^^;
いかにも職人って感じのすごく渋いオジサマが何度もワタシの顔(というか、かけた状態の眼鏡だけど)をじーーーっと睨みながらの作業に、えらく緊張してしまった。。。
最初に眼鏡作ったとき、こんなに細かく調整なんかしてくれなかったぞ。
だからなんか“老眼鏡1号”はしばらくしたらゆるゆる感があって、ずれてきたりだったのかなぁ。
とりあえず無事“老眼鏡2号”完成。
手元の細かい文字がすごいよく見える!!!
今まで雑誌の角に書かれているたとえばお店の電話番号なんて、全く読めなかったけれど、7級とか5ポイント(業界用語(^^;)の文字もくっきり。もっと小さくても見えちゃうよ〜♪
中間距離(パソコンモニタとか)の方はもう少し慣れが必要かな。
眼鏡屋のダンディオジサマ曰く、アゴを上げ下げしてピントの合う場所を見つける、とのことだったけれど、アゴの上げ下げに慣れていないのでまだちょっと大変だけど、ピントの合う場所は確かにあるので嬉しい。
あとは眼鏡そのものに慣れなきゃです。
090426.jpg

カテゴリー:気になる!2 Comments

ページのトップへ

2009年04月22日

連日外ごはん

昨日は銀座の一見さんはぜったい行けないだろうという天ぷら屋さんでごちそうになる。
カウンター席8席のみのお店。
お寿司屋さんはあれこれ経験はあるけれど、天ぷらってなかなか。
たくさんいただいても全く胃にもたれない天ぷら。すごくヘルシー。
お寿司屋さんのように次から次へと出される旬の天ぷらに感動してしまった。
どれもおいしかったけれど、タケノコの天ぷら、びっくり感動でした。
日本の食文化、奥が深い。
天ぷらもお寿司と同じ贅沢です。
揚げ物に躊躇せず、機会があったらぜひ!
で、今日は自由が丘にて外ごはん。
初めてのお店。和食やさん。
自由が丘らしいお店かな。
おいしかったけれど、私的には同じ自由が丘だったらキャベたまのお店の方が好き。
今日の和食屋さんのごはん1種。
「11種の海苔巻き」のようなネーミングの1品。
マグロ、納豆、オクラ、イカ、キュウリなどなど11種の具材を混ぜ混ぜして、添えられた海苔に載せて食べるの。
ホームパーティなどにまねっこできそう。
090422.jpg
ちょっと前まで、忙しいほどじゃないんだけれど気分が乗らずうだうだした毎日を過ごしていたワタシだけれど、今また全部重なった状態でフル稼働の忙しさに突入。
もう少し平均的にならされた状態になるといいのだけれど…。
連休突入前までこの状態。
連休中の仕事は1社だけになると思うので、また何するか考えようっと。
連休明け、おもしろ企画あったら誘ってください。
ホントに最近ヨッパ状態ばかりだー。

カテゴリー:食べ物・飲み物コメント

ページのトップへ

2009年04月20日

今日のチャイ

久々に一眼レフで撮った写真ですが、ヨッパ状態だったのでナンノヘンテツモナイ写真です。
すべてカメラまかせの、相変わらずカメラ嫌いのチャイです。
090420.jpg

カテゴリー:チャイコメント

ページのトップへ

2009年04月20日

うちにも来た

定額給付金のお知らせ。
そもそもワタシの意見としては大反対だったこの制度。
12,000円は、正しくは「給付」でなく一時的な「還付」ですよね。
でまた国家の財政悪化は必須なので税率が上がるという。
給付金のための“区”からのお知らせも「申請書の書き方」やら「給付金詐欺にあわないために」のお知らせなどが印刷されて同封されている。
これらの制作費用&人件費にどうれだけかかっていることか。。。(–;
英会話の先生が言っていたんだけれど、オーストラリアでも日本の給付金みたいな制度が施行される(された?)とか。
その額ひとり日本円で75,000円くらいだとか! 還付金だとしても75,000円となると、国内消費にもなんらかの影響を及ぼしそう。
でも日本の12,000円じゃぁね。。。
銀行に振り込まれてそのまま日常のお金として流れて…だけ、になりそう。
12,000円の臨時収入があったからって、「じゃぁ○○をしよう!買おう!」って人がどれだけいるのか。
すんごくいやらしいかもだけれど、ワタシは12,000円受け取ったら国内で使わない。
お坊ちゃまたちな政府に対するささやかな抵抗。
ケニアのそれなりのところに使います。

カテゴリー:気になる!コメント

ページのトップへ

2009年04月13日

チャイの転院

今月末でチャイのかかりつけの病院が閉院することになった。
お知らせをいただいた時はショックだったけれど、まぁしょうがない。
先生と相談して、昨年7月に手術していただいた病院に今後お世話になることにした。
先週、まずは転院先の病院にチャイなしで行き、術後の経過やその後処方していただいていたお薬などの説明をし、お薬や処方食など同じように手配していただけるようお願いした。
チャイと同時期に同じ巨大結腸症で手術したコは、その後3カ月でまた詰まってしまったそう。
チャイはその後ずーっと大丈夫だったのだけれど、先月15日くらいからちょっとだけ怪しい気配が出てきたので、念のためチャイを一度診ていただくことを先生と話し、その後病院に連れて行った。
手術から9カ月たっているけれど、先生たちやスタッフのみなさんが「わ〜チャイちゃん、久しぶり〜!」と大歓迎してくださることは、転院といえどもありがたいこと。
手術のときは最悪よれよれ状態でかかったので、今回のように通常状態で行くのは初めて。
担当の副院長先生も「こんなにチャイちゃん大きかったんですね…。お尻も(検温しながら)イヌ並みだ!うちの猫の患者さんの中でも一番の大きさです」と言われる(^^;
ここのところちょっとだけ詰まる傾向が出てきた&術後のチェックのため、レントゲンをとっていただくことにした(触診ではチャイのたるたるお腹は判断ができない)。
ついでに血液検査も術後していなかったので、再度していただくことに。
レントゲンの結果、「相当詰まってます!」と言われ、がーーーんとなる。
健康診断の軽い気持ちで行ったのに、結局「掻き出しをしてみましょう」になってしまった(–;
ワタシとしては毎日“うん○ノート”つけていて、今日中にそれなりの量がどーんと出ないと、また軽くやばいかな、くらいの状態と思っていたので、言われれば確かに“たまっている状態”ではあるんだけど…。
でもまだ吐いたりトイレ往復したりしていないから最悪状態にはほど遠いと思っていたんだけれど…。
今日はたまたま院長先生がいらして(手術してくださったのは院長先生&今までのかかりつけの先生も「院長先生に診てもらいなさい!」と言っていた。でも、院長先生は気まぐれにしか(?)いないのだ(^^;)、チャイの診断をしてくださった。
院長先生の診断は「掻き出さなくても自力で出ると思う。おなかが垂れているから包帯巻くと出るかも」とのこと。
包帯!?と思ったけれど、言われてみるとなんとなく理解できる。
包帯巻いて腸が上の位置にあれば、トイレで力んだときに便が下方向に下がって出てくるイメージ。でも、包帯巻いてなければ(通常状態であれば)、詰まった腸が肛門より下にあって、力んでも出てこないってことかも。
結局掻き出しはせずだったのだけれど、その後夕ご飯を食べたチャイ、どどーーんといっぱい自力で出してくれました♪(包帯なくてもね)
先生たちはもちろんプロフェッショナルだけれど、個々の微妙な変化は飼い主にしかわからないこと。
個体によって状況が変わるのは当たり前なので、チャイ専属監視員のワタシが病院と連携をとっていくことの重要性をひしひしと感じる(大型メインクーンはどうしても普通の猫さんと身体の違いがあるそうなので、病院でも比較対象が少ないかも)。
今までの先生とはあうんの呼吸でこれができていたので、チャイにとってのストレスも最小限ですんでいた。これからまたがんばらねば、です。
で、今日、血液検査の結果を教えてもらった。
特に大きな問題はないけれど、加齢により腎臓の数値は少しずつ上がってきているよう。今飲んでいる別の薬が腎臓に対しても効果があるそうなので、特にお薬を増やす必要はないみたい。
ただ、やっぱり巨大結腸症であることには変わりないので、詰まらせないことが重要とのこと。
常に爆弾を抱えている状態はこれからも一生続くことはもう覚悟済みなのでしょうがない。
今までの先生は楽観的なタイプで、ワタシが「どーーーしよーーー(T_T)」となっても、「大丈夫よ!」と励ましてくれるタイプだったのだけれど、今度の担当先生は、ワタシと一緒に深刻な表情になってしまうタイプの先生なので、少々「うーーむ…」という感じ(^^;
でも、まぁ院長先生もいるし、今までの経過もわかってくださっているし、お世話になってみようと思います。
とりあえず転院先のセレモニーもこれで終わり、です。
担当先生に“詰まってます”診断されちゃったけれど、チャイは全然元気です(^^)
090410.jpg

カテゴリー:チャイ2 Comments

ページのトップへ

2009年04月13日

変えてみました

このブログ、全然「今日の晩ごはん」じゃなくなってきたので、ワタシにとってはなつかしのタイトル「酔っぱのたわごと」に変更しました。
色とかも飽きてたので、変えて、イラストも昔のものを引っ張り出してきたり。
Windows IE6で見ると、ちょっと変なところがあるし、もっと根本的にいじりたくなったけれど時間切れ(^^; お許しをー。

カテゴリー:お知らせコメント

ページのトップへ

2009年04月09日

仕事柄?気になる

仕事柄か、誤字脱字が気にしてなくても目に飛び込んでくるみたい。
「なんてってらーめんですね」とはなんぞや。
“なんちゃってらーめん”と、まず連想しちゃうけど、まぁ、そう書きたかったわけではないでしょうね(^^;
じゃぁ、“なんてったってらーめんですね”と書きたかったんだと思うけれど、“なんてったってらーめんですね”という日本語もなんか変。
ヨコに定食メニューがかかれているけれど、「うちの店のお勧めは、なんといっても“ラーメン”です!」ということなのかな?
こういうツッコミを入れるワタシってやなヤツかも。
でも、すごーーーくこういうのに反応してしまいます。
090409.jpg

カテゴリー:気になる!コメント

ページのトップへ

2009年04月08日

赤坂→中目黒

気づけば知り合って30年近く(おそろしー)の友達Tくんのおごりで赤坂のお寿司屋さんへ♪
ここに行くのは2度目だけれど、写真を撮るのは憚られたので写真がなくてごめんなさい。
赤坂見附の駅からそんなに遠くないけれど、ちょっと裏手に入った閑静な場所にあるお寿司屋さん。
ちょっとずついろんな種類が出されるお魚たちのお酒の肴に舌鼓。
なかでも1本ずつ揚げた白魚の天ぷらとか、ヒラメの1皿(ヒレのぱりぱりとか、肝、刺身などヒラメのあらゆる場所が6種類くらい違った形で1皿になっている)に感動。
日本人でよかったーと思う。
握りにたどりついたあたりで、店内はTくんとワタシだけになったので、おやじさんと一緒に飲んだりしてまた楽しい時間を過ごす。
ごちそうさまー。
その後、中目黒のはずれのバーへ移動。
駅からは離れているのに混んでいるお店。
お店の人の気配りが絶妙で、カウンターで隣り合わせた人についても「よく来ていただいてるんですよー(警戒心なくしていただいて大丈夫ですよー)」みたいなさりげない会話をはさんでくれる。
う〜ん、業界人が集まるところって、こういうところなのね!?
ちょっと異空間を覗いてしまった体験。

カテゴリー:食べ物・飲み物コメント

ページのトップへ

2009年04月07日

その後の英会話

2月からまた英会話学校に毎週通い始めて早くも3カ月目に突入。
先週は初めて仕事があって休んでしまったけれど、あとは大汗かきながらなんとか参加。
9回クラスに参加して、当初思っていたよりさらにレベルの高いクラスだということがわかったのだけれど、自分に鞭打ってレベルの高いところに参加しないとワタシの英語の上達は無理だと思うので、なんとかついて行くしかない。
90分の授業の前半は各々最近の出来事を話し、みんなで質問し合ったりするパターン。
“何を話すか”を前もって考えて臨まないと(言いたいことに必要な単語も調べておかないと)、気持ちばかりが先走って何も話せなくなることが多々あるのでワタシのレベルでは前もって内容を考えておく必要がある。
みんなの報告に質問したいことや意見したいことがあっても、まだまだなかなか突っ込んだ内容はしゃべれないワタシ。
後半はテキストを使っての授業。
その場でいきなりコピーを渡されるので、わからない単語を調べたりする時間はなく、まるで学生時代のテストのようにその場でテープのリスニングをしたあとテキストの質問に答えたり、即テキストを読んで穴埋め問題をしたり。
この後半授業がワタシにとっては難題!
パッと見て、何をしなきゃいけないかすぐ判断できないワタシ。
おかげで「ごめんなさい!ワタシはまだ質問の意味を理解していません!」という英語はすらすら言えるようになったけれど(^^;
宿題も出るのでたいへーーん。
今日は前半で話そうと思っていた話題があっけなくくつがえされた。
しょっぱな先生が「ケニア好きのあなたはこのニュースを知っている?」と、英字新聞をいきなり広げた。
そこには大きくケニア大使館で開催されたケニアの民族衣装のファッションショーの記事が出ていた。
ワタシはそのイベントのことを詳しくは知らなかったのだけれど、そこから発展して全く予定外のことを延々しゃべることになってしまい、また滝汗(^^;
まぁ、会話ってそういうものだから、予習していってもダメなんだけれど。
という感じで相変わらず毎週ミリ単位でしか進化していないワタシの英語だけれど、学生時代のような切迫した雰囲気が気に入っている。
「あなたはこのクラスは無理」と言われないように、なんとか頑張らなければ!
今回の英会話学校、今までで一番良いと思う。おまけに一番安い。
教えてくれる先生の進め方次第で全然違ってくる。
もし、英会話学校に行ってみようかと思う方がいらしたら、入学を決める前にまずは先生と話してみることがとっても重要。
授業の進め方の方針はもちろん、その先生の人となりもチェック!
ワタシの場合、今の先生はすごーく自分と考え方や行動パターンが似ている&ワタシの憧れタイプの女性の上、教え方がとってもプロなので、この先生のクラスに参加したい!となったわけ。
こういうのって重要な気がします。

カテゴリー:英語コメント

ページのトップへ

1 / 212
酔っぱのたわごとをRSS登録する

Powered by

  • apple