2006年3月21日

2006年03月21日

日本WBC優勝!

やりましたねー、日本代表!
第一回WBC優勝おめでと〜〜〜〜。
野球はここ数年全然見ていなかったけれど、実はワタシ、野球はすごく身近なものだったんです。
父親は根っからの巨人ファンで、子供の頃からシーズン中のテレビはいつも野球。
巨人が負けると父の機嫌が悪くなるので、自然とワタシも巨人を応援していたり。
弟は小学生からリトルリーグに参加していて、高校時代は甲子園を目指し、オジサンになった今でも”オジサン野球”のチームに参加していて、都大会出場なんてことをいまだにやっているのです。
そんな影響もあってか、ワタシも結婚前の一人暮らし時代は、これでも野球中継見ながらごはん食べてたりしたのですよ。
がっ、今日はそんなワタシも燃えましたよー。
11時から決勝戦ってのはわかっていたのだけど寝坊。
起きてすぐテレビをつけたら5回の裏6対1で日本が勝っている!
6回で2点入れられたあとは、”ながら族”テレビ観戦でなく、テレビ前にでんと座り、チャイを膝に乗せて応援しました。
8回裏でついに1点差まで追いつかれ、ひとりチャイを相手にぎゃーぎゃー騒ぐ。
9回、1・2塁にランナーの場面でイチローがしっかり打って1点追加、その後またしても福留のレフト前タイムリーヒット!で2点追加。やった〜(^o^)
もうバカみたいにひとり騒ぎながら拍手喝采。
いや〜〜〜、いい試合でしたね。
そして”王ジャパン”、本当にいいチームでした。
こっちにまでチームが1つになって真剣に闘っている様子がひしひしと伝わってきました。
きっと今日の視聴率って、一昨日の韓国戦の50.3%を上回っているんでしょうね。
それだけ多くの日本人は、この試合を見て何を思ったか。
日本人として一丸となること、死にものぐるいになること、こういうことをたぶん今までの日本人の多くは”ダサイこと”と思っていたはず。
感動を与えてくれた王ジャパンチームがそれを打ち消してくれたと思う。
きっと日本人が忘れていた感覚。
でも、とってもコレが大切なんだと思う。
3度目の韓国との試合前までは、日本は何か”おごり”があった。
これはチームだけでなく、日本人全体の通常心。
アメリカにつられて、自分たちが世界のトップレベルにいるという錯覚。
実際はそんな位置なんてもろいもの。
「トップにいる」と勘違いしてのほほんとしている人たちと、「トップを狙う」と死にものぐるいで努力している人たちのパワーの差は歴然としている。
今回日本人は漠然と、かもだけど、そういうことを感じたんじゃないかな。
王ジャパンがそれを教えてくれ、その上で最高の結果をもぎとってくれた。
ケニア好きが高じてあれこれ関わっているうちに、日本というものをすごく考えるようになったワタシ。
ケニアをはじめとしたアフリカ各国も、韓国も中国もインドもそれぞれみんなすごい一丸となって努力をしているのを感じる。
ちゃらちゃらしている日本はいずれこのままでは追い抜かれると思うなぁ。
WBCにおけるイチローの姿勢はとても注目されたけれど、本当にイチローってすごいなって改めて思った。
あの成績は、才能+人一倍の努力があってこそだったことも、今回知った。
「最高のチームです! このチームで、メジャーでやりたいぐらい」と言ったイチローの言葉に、彼の辛いけれど頑張っている姿が集約されていると思った。
さて、野球がこんなに頑張ったのだから、日本全体もどうにかしないとですよね。
日本人はどこまでパワーを出せるのか?
色んな問題が山積みです。
ワタシも個人なりに日本人としてがんばっていきたいな。

カテゴリー:気になる!コメント

ページのトップへ

2006年03月21日

ツナとトマトのパスタ

p_tunatoma.jpg
材料:
ツナ缶 1缶
シメジ 適量(キノコ類はなんでもよさげ)
ニンニク 1かけ…スライスにする
ホールトマト缶 1/2缶
トマトペースト 大さじ1
オリーブオイル
赤唐辛子 適量
塩(岩塩タイプがベスト、今日はクレイジーソルト使用 適量
生クリーム
胡椒 ブラックペッパー主体がいいかも(その場でゴリゴリやる方がやっぱり香りが良いですよね)
1. フライパンにツナ缶の中身全てオイルも入れて、炒める。はねるけど火加減調節しながらツナの水分が抜けるまで。
こうした方が、ツナの味が締まるというか、あとあとおいしいみたい。できたツナはお皿に移動しておく。
2. ツナをどけたフライパンにオリーブオイルを足して、ニンニクのスライスを焦がさないように炒める。
3. これに赤唐辛子の輪切りを好みの量を入れ、さらに炒める。
4. シメジ、椎茸などのキノコ類を投入。
5. 1のツナをフライパンに戻し、ホールトマト缶の中身を投入。しゃもじでトマトをくずして煮込む。
6. 塩胡椒。塩はクレイジーソルト、胡椒はブラックペッパー多めのミックス胡椒をゴリゴリ。
7. しばらく煮詰めたて味見したところ、少々コクがたりなかったので、カゴメトマトペーストミニパックを投入。
これ、便利です。1箱に大さじ1杯分18gの小袋が6コ入っているの。我が家の常備品。
8. 生クリームを投入。さっと煮詰めてソースは完成。
9. アルデンテパスタとざっと絡めて、粉チーズをふって出来上がり。

カテゴリー:パスタコメント

ページのトップへ

1 / 11
酔っぱのたわごとをRSS登録する

Powered by

  • apple