月別アーカイブ: 2006年3月

2006年03月31日

豚汁

今日の晩ごはんは、豚汁と“永谷園の麻婆春雨”。
最近、らでぃっしゅから全然にんじんが来ない。
にんじんって今、穫れないんだっけ?
ということで、ニンジンなしの豚汁。彩りがちょっと寂しい。
でも、ゴボウ、大根、里芋、サツマイモ、タマネギ、長ネギ、豚肉と、具は盛りだくさん。
060331.jpg

カテゴリー:食べ物・飲み物コメント

ページのトップへ

2006年03月30日

都こんぶ

今日は嬉しいことと悲しいことがあった。
嬉しかったこと。
ワタシの動物師匠Kさん(1月30日参照)が、今日のテレビ番組「TVチャンピオン700回記念」「動物発見王・選手権」で見事優勝〜(^o^)
南アフリカで野生動物をいかにいっぱい探せるかの選手権に出場したのです。
Kさんの肩書きが“ケニア猛獣ガイド”になっていたのには笑ったけれど、さすが師匠、最高ポイントのヒョウも見つけたし、珍しいリビアヤマネコやササビーなんかも発見。
番組のホームページに結果報告もでているので、興味のある方はどうぞ。3月30日放送分です。
悲しかったこと。
ある人と会って、無責任な意見にとても傷ついたワタシ。
意見としては受け止めよう。そういう意見もあることは充分わかった。
人の意見はそれぞれだけど、立場によって考え方は変わる。
でも自分の知識の範囲内だけで“断定”意見を直球で投げ続けられると、やっぱりしんどい。
無責任な意見に振り回されないよう自分にいいきかせる。
自分を信じて前に進もう。
そして、ワタシはこの人のように、人を傷つけていないかを注意しよう。
知らず知らずのうちに、ワタシも人を傷つけていたらとってもいやだ。
反面教師。うん、気づかせてくれてありがとう。
で、“都こんぶ”のハナシ。
先日、ちょっと遠くの商店街の古めかしい乾物屋さんの軒先に「都昆布3つで105円」ってのが目にとまり、思わず買ってしまった。
元祖都こんぶって、1918年からあるんだ。
1918年っていつ?って思って調べたら大正7年だって。
田中角栄氏とか中曽根康弘氏が生まれた年でもあるらしい。ふーん。
060330.jpg

カテゴリー:気になる!コメント

ページのトップへ

2006年03月29日

ポトフ

今日の晩ごはん。
ポトフです。
煮込みすぎて、見た目は美しくないけれど味はよかった。
近所のおいしいパン屋さんで焼きたてフランスパンを購入。
おいしいパン屋さんが近所にあることの幸せを感じる晩ごはん。
060329.jpg

カテゴリー:食べ物・飲み物コメント

ページのトップへ

2006年03月29日

近所の公園

買い物帰りに近所の公園でひとりお花見をしてみることにした。
昨日はまともに見られなかったからねぇ。
桜はまだ6分咲きってところ。平日の夕方というのもあって、公園に人はほとんどいない。
もう引っ越してきて3年目だけれど、この公園の中まで入ったのは初めてだったワタシ。
珍しく犬を連れて入ることができるし、桜の木の枝も地上近くまであったりと、なかなか良い公園でした。
▼今日のお気に入り写真
夕日をあびて微妙な色になっている桜。わかるかな? クリックすると大きくなります。
向こう側に見えるネットをトリミングしようかと思ったけれど、ネットがある方がなんとなく遠近感あって写真的にはワタシは好き。
なので、撮ったまんまです。

▼まだ桜が満開じゃないからちょっとショボイ?
菜の花とユキヤナギと桜のコントラスト。

カテゴリー:気になる!コメント

ページのトップへ

2006年03月28日

豚の生姜焼き

今日はあちこち銀行回りに出かける。
せっかくだから道々“お花見”でも、と思っていたのだけど、なぜか電車の中から見たくらいで、歩いている最中には見られなかった。今日はなんと1万歩ちょい歩いたっていうのに。
ところで、東京三菱銀行とUFJ銀行が合併したのはいいのだけれど(どちらもメイン銀行として使っている)、まだまだATMで旧銀行の通帳の記帳ができなかったり、入金ができなかったり不便が多い。
なにが面倒かっていうと、「あそこに三菱東京UFJがある!」と銀行を見つけても、目の前まで行って“旧三菱”なのか“旧UFJ”なのかを確認しなければいけないってこと(–;
どちらの通帳も記帳機があるところに行かなきゃだったので、もうほんと今日は歩きました。
で、晩ごはん。
豚の生姜焼き、ほうれん草の胡麻和え、きんぴらごぼう、大根と油揚げのみそ汁、ごはん。
と、なかなかまともでした。生姜焼きにレタスでも添えれば完璧だったかな。
そこがワタシの手の抜きどころ。
060328.jpg

カテゴリー:食べ物・飲み物コメント

ページのトップへ

2006年03月27日

今日のチャイ

企画書に小物を撮影した写真を載せようと思い、テーブルの上に布(キコイというケニアの布)を敷いたらチャイが慌ててやってきた。
その後も布をそのままにしておいたら、ずっとテーブルの上にいました。
おもしろいので写真を撮ったら、珍しくカメラに向かってきたのでパチリ。
IXYで撮っちゃったので、動いているチャイはボケボケです。
ちょっと昔はやった“鼻でか風”。
もう1つの写真もボケボケだけど、何で傾いてるんだろう?って感じで親ばかゴコロをくすぐる1枚だったのでアップ。

カテゴリー:チャイコメント

ページのトップへ

2006年03月26日

タイ料理

中学・高校時代の同窓会にでかける。
学校のことにはここ数年、ちょこっとだけ関わっているのだけど、同窓会に出席するのは10年以上ぶり。
場所は丸ビル35階の「マンゴツリー東京」というタイ料理屋さん。
前日、場所を確認するためにネット検索して“タイ料理”と知ったワタシ。
タイにはなぜか3回行ったワタシは“パクチー(コリアンダー)”がとーーーーーっても苦手。
でもって、トムヤムクンみたいな“甘酸っぱ辛い”って味も苦手。(甘いのか酸っぱいのか辛いのかはっきりしろ〜!と思うタイプ)
なので、タイ料理と知って、少々落ち込み気味で出かける。(タイスキは好きだけど)
がっ、そんなワタシにはなかなか、まあまあでしたよ。
ここのお店、そんなワタシは知らなかったけれど、それなりに有名らしいです。(幹事さん、ごめん!)
日曜日のお昼時でしたが、入りたくても断られている人がいっぱいいました。
ということで、食べたものをコーヒー以外写真に撮ったので載せてみよう(^^)
▼エビの前菜…微妙にパクチー味がした。だけど、これくらいならなんとかワタシでも食べられる
060326_01.jpg
▼トムヤムクン…ちゃんとパクチーは別添えになってました。が、やっぱりトムヤムクンはおいしいとは思えない。
060326_02.jpg
▼グリーンカレー…これは今日一番おいしかった! ココナッツミルクとか入っているので全然辛くない。悪友たちに「唐辛子も食べてごらん」と言われて食べたけど全然平気。辛いのは大好きなのだ。
060326_03.jpg
▼魚の甘酢掛け(みたいなもの)…酢豚の魚版みたいな味。本場のタイ料理っていうより、日本人向けにアレンジしてあるって感じ。見た目はとってもキレイ。味はふつう。
060326_04.jpg
▼デザート…なんだったのかは不明だけど、これは全然タイっぽくなくておいしかった。コーヒーもでました。
060326_05.jpg
▼丸ビル35階からの海方面をのぞむ、のショット。
“緑”が1つもないですね。それだけでとっても落ち着かなくなるかも。人工的な街も苦手。
この写真だけはクリックすると大きくなります。

カテゴリー:食べ物・飲み物コメント

ページのトップへ

2006年03月24日

今頃はまっている本

読むのはすごく遅いタイプなのだけれど、本は好き。
「沈まぬ太陽」山崎豊子著
これって、平成11年6月に刊行とあるから、今からすでに7年近く前の作品なんですね。文庫になったのが2001年12月。
ケニアも関係している本ってことは漠然と知っていたので、文庫本が出た翌月ケニアに出かけたワタシは、成田空港でこの本の第一巻だけを買った。
でも、他に数冊の本を持って行ったので、結局「沈まぬ太陽 第一巻」は日本からケニアに行き、また日本に戻ってワタシの本棚に収まっていた。
がっ、あるきっかけで「そうだ、本棚にあったよなー」と読み出してみたら、すっかりはまってしまっている。
ここ2年くらい、本は買わずに図書館を利用していたのだけれど、第二巻をすぐ読みたくて近所の本屋に買いに行った。
でもって3巻以降も結局また本屋で買ってしまった。
手元においておきたい本だったから。
映画やドラマになる作品を書く作家の本を読む機会がまったくなかったワタシだけれど、山崎豊子氏は「白い巨塔」の作家でもあるんですねー。(ドラマ、見てないけど)
でもってこの「沈まぬ太陽」は1924年生まれの氏が75歳の時に発表されたものなんだ、と知ってさらにびっくり。
ケニアのこんなところまで取材されたんだ!という部分がそこかしこに見られる。文中に出てくるスワヒリ語にしろケニアの国立公園の様子にしろ、とにかく描写が細かい。
山崎氏はケニアにも取材に行かれたようだけれど、その観察力と取材力はやっぱり凡人にはないものをもっておられるのだろうなぁ。いくつの時にケニアに行かれたのだろう?
主人公恩地元の実在のモデルは、小倉寛太郎氏。
ワタシはこの方の「フィールドガイド・アフリカ野生動物」という本を持っていた。
「沈まぬ太陽」の主人公モデルとは知らずに。
そういえば、ワタシが初めてケニアに行った1991年、ナイロビにはJALのオフィスがあった。
今は日本人がひとりで市内をふらふら歩くことなど考えられない!と言われるナイロビだけど、ワタシは散歩中、確かに1つのビルに“鶴のマーク”を見た記憶がある。
あわてて検索をかけたら、小倉氏は2002年10月に他界されていた。
ご存命であれば、ワタシの父と同い年だ。
なんだか、ワタシの中で色んな点が線になったと思った途端、小倉氏の死を知って悲しくなってしまった。
もっと早く知っていればよかった。
もっと早く知っていて、何かしら接触する機会をもてたら、自分自身すごく違っていたのかも、と思う。
こういうことはきっとこれから先もいっぱいあるのかな。
本に出会えただけでも感謝しなくちゃいけないのかもしれない。
ということで、まだこの先5巻まである本を亀スピードで読んでいくつもりです。
まだ読まれていない方はぜひ!

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) 沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上)
山崎 豊子

新潮社 1999-06
売り上げランキング : 450348

Amazonで詳しく見る by G-Tools

フィールドガイド・アフリカ野生動物―サファリを楽しむために (ブルーバックス) フィールドガイド・アフリカ野生動物―サファリを楽しむために (ブルーバックス)
小倉 寛太郎 増井 光子

講談社 1994-08-17
売り上げランキング : 120148

Amazonで詳しく見る by G-Tools

カテゴリー:気になる!, コメント

ページのトップへ

2006年03月23日

春が来たので

ここんとこ毎日更新してます(^^)
そのうちまた週末にまとめて、とか1ヶ月分まとめて、になると思うけれど。
まだ同じ日に2つ以上書き込むと順番がどう出るのかが把握できていない。
後から書いたものが上に出るはずだったんだけどなぁ???
仕事に煮詰まると現実逃避で外に出るのがいつものワタシのパターン。
ということで、今日もちょっと遠いスーパーまでお散歩がてら出かける。
今日も良いお天気だったので、先月見つけた馬(2月14日参照)が見られるかもと寄り道。
この間のように馬舎の扉は開いていたけれど、肝心の馬さんは別の場所へ行っているらしくいなかった。残念ー。
空っぽの馬舎だけをパチリ。
060323_03.jpg
帰りは別の道を。
ここ数年で大規模マンションがガンガン建った地域。
となりには、大きな空き地。
これは、区が「防災公園整備工事がはじまるまで公開」している広場らしい。
冬場は夕方5時になるとがっちり鍵がかけられる。(4月から11月は夜7時まで開放らしい)
入口横の看板には、「お約束」として、
・自転車、バイクの乗り入れはやめましょう。
・犬を連れてくるのはやめましょう。(補助犬は除く)
・ゴミは自分の責任で持ち帰りましょう。
・広場を楽しく使うために、みんなでゆずりあいましょう。
・バット等をつかったり、ゴルフ等をするのはやめましょう。
・その他、人の迷惑となることはやめましょう。
と、書いてあった。
がっちり閉められた鍵と、こういう内容の看板を見ると、むなしくなるのはワタシだけ?
“バット等”“ゴルフ等”とはなんなんだ? 
060323_04.jpg
で、東京にも先日桜の開花宣言が出されたわけだけど、我が家の近所の桜はまだまだ、といった感じでした。
いくつか大きな桜の木のあるところを回って見たけれど、1本だけちょっとだけ咲いている木を発見。
060323_05.jpg
寄り道しながら帰り道を歩いていたら、前から自転車に乗ったおじさん(60代くらい)が走ってきた。
そのおじさん、急に大きな声で「いしゃがぁーだんだだんだいうからぁーーー」と歌いながら走り去っていった。
・・・やっぱり春が来たのですね。
今日のお散歩は、スーパーでの市場調査(仕事のつもり)時間も含めて2時間コース。
万歩計は6,616歩を表示していた。がっ、“しっかり”歩いたのは2,662歩で、消費カロリーは15kcalだって。

カテゴリー:気になる!コメント

ページのトップへ

2006年03月23日

イワシのオーブン焼き

スーパーでぴかぴかのイワシが4匹で280円だったので購入。
何にしようかと思ったけれど、先日のツナとトマトのパスタの時のトマト缶が残っていたので、イワシのオーブン焼きトマトソースのせ、を作る。
あんまりきれいなイワシだったので、写真を撮ってみたけれど、全然きれいに撮れなかった(^^;
他にはブロッコリーのベーコンごま油炒めがけとごはん。
060323_02.jpg
060323_01.jpg

カテゴリー:食べ物・飲み物コメント

ページのトップへ

1 / 41234
酔っぱのたわごとをRSS登録する

Powered by

  • apple