月別アーカイブ: 2006年1月

2006年01月30日

ヨコスジジャッカル

2003年1月に行ったケニア・マサイマラで撮った写真で、ジャッカルだってことはわかっていたのだけど、何ジャッカルかわからない動物の写真があった。
先日(1月16日)会った、ワタシの動物師匠Kさんにメールしたところ、「これはヨコスジジャッカルですよ。マサイマラでは“レア”です!」と返事をもらった。
おお〜っ、ヨコスジジャッカルだったのか。初めて見たぞ。
そんなにレアなジャッカルだったら、もっと観察すればよかったー。
↓これがそのヨコスジジャッカル。
060130.jpg
ちなみにマサイマラでセグロジャッカル↓はとってもよく見られます。
060130_2.jpg
ケニア旅行のホームページも相変わらずの進行状況、、、
動物図鑑はだいぶ進行中、とだけ言っておこう(^^;

カテゴリー:ケニアコメント

ページのトップへ

2006年01月26日

アフリカ料理を堪能する

なんだかケニア三昧な毎日なので、ケニア話題ばっかりな日記でスミマセン(^^;
今日は仕事関係の方(ワタシより年上の男性)お二人とワタシでアフリカ料理試食会。
「ケニア料理」専門のお店は日本にないので、「アフリカ料理」というくくりのお店に行くことになる。
で、大崎のブルーナイルへ。
ウワサはかねがね、のお店なのだけど、行くのは初めて。
まず、大崎ゲートシティの作りにオノボリさん的に感動する(^^; すごいー。キレイー。日本じゃないみたいー。
お店の料理は、アフリカ各地域のもの。
「メニュー選択はおまかせします!」と言われたものの、東海岸(ケニアもこっちね)の料理より、アフリカ大陸は西とか北とかの料理とかの方が有名なので、ワタシが知らない料理ばかり。
かろうじて知識範囲内で注文したのは、サモサ、ウガリ、チキンとオクラのトマトシチュー、トマトとオクラのサラダ。
これ以外にリクエストのあったシシカバブ、ダチョウ肉のカルパッチョ。
飲み物は南アフリカのビールと白ワイン。
日本語の上手なナイジェリア人や、ケニアに住んでいたというエチオピア人のご主人を持つママさん(日本人)とおしゃべりしたりして、楽しい時間を過ごす。
もう少しゆっくりできるのかと思っていたら、あっという間に1時間ちょっとで「では帰りましょうか」になっちゃった(^^;
ココロの叫び的には「ええっ〜、ぜんっぜん飲み足りない〜、食べたりない〜」だったのだけど、そこは仕事、しょうがない。
家で飲み直しですっ。
↓これが今日飲んだ南アフリカの白ワイン。チーターの絵が可愛くて、思わずもらって帰ってきた。

カテゴリー:ケニアコメント

ページのトップへ

2006年01月25日

チャイと日本語

外国人と接点があると、最近「これはチャイと接しているのと同じだ」と思うことが多い。
相手が全く日本語を理解しない外国人の場合、それでも身振り手振り、表情などで会話が成立する。
でもって、ある程度の時間がたつと、お互い言葉のはしばしに理解できる部分ができてくる。
チャイ9歳、完璧に理解できる日本語。
【チャイ】→名前は完璧。寝てても名前を呼ぶと最低限しっぽだけ振る。
【ごはん】→「ごはん?」と言うと、99%「んあっ(そう!)」と返事をする。
【おいで】→言葉の理解はしているけれど、従うかどうかはその時の気分しだい。
【ダメ】→「おいで」と一緒で理解度高し。いやそうな顔をする。
【どいて】→「ダメ」より強いものと受け止めているみたい。3回くらい「どいて!どいて!どいて!」と繰り返すと、絶対いやいやながらもどく。
【おうち】→ベランダに出ているチャイに「おうち!」というと、部屋にかけこむ。もっと外にいたい!な気分の時はシツコク言わないとだめ。
【うー】→「チャイ、“うー”するよ」というと、「掃除機かけるの?」とすぐわかって、避難する。
「いいこだねー」とか「かわいいねー」とか「ねんね(寝るよ!→寝場所に連れてい行くときの言葉)」とかもわかっているみたい。
その他いくつか「理解しているなー」と手応えのある言葉はそこそこあります。
これって、ワタシが外国語を学んでいるレベルと同じなんじゃないか?
だって、たとえばフランス語だったらワタシは「メルシー」とか「ボンジュール」くらいしかわからないわけだけど、チャイはワタシのフランス語理解より、日本語を理解している。
なんだかこれっておもしろいなー。
ワタシも何年かフランス人と住んだら、フランス語が理解できるようになるんだろうか。
最近ますますチャイの「しゃべれないけど、理解できてます」ってのが顕著で、語学を学んでいるワタシとしては、すごく楽しい(^^)
↓トウチャンがいないので、トウチャンのコートの上で寝ちゃおう!なチャイ。
060125.jpg

カテゴリー:チャイコメント

ページのトップへ

2006年01月20日

鶏ひき肉と春雨麻婆

鶏ひき肉が少しばかり残っていたので、鶏ひき肉と春雨麻婆にしてみる。
なかなかおいしかったので、自分用にレシピをば。。。
1. 生姜、ニンニクのみじん切りを炒める。豆板醤を投入してさらに炒める。
2. 鶏ひき肉を入れてぽろぽろになったら椎茸、春雨、ねぎ投入。
3. 水、酒1、砂糖1/2、しょうゆ1/2、中華だしを入れて一煮立ち。
4. 水溶き片栗粉でとろみをつけて出来上がり。
060120.jpg

カテゴリー:食べ物・飲み物コメント

ページのトップへ

2006年01月18日

鶏団子春雨スープ

ここのところ鶏団子春雨スープに凝っているかも。
よく作る鶏団子鍋より気軽にできるからかな。
レシピをメモ。
1. 鶏挽肉、ショウガ汁、長ネギのみじん切り、塩、胡椒、酒少々を混ぜる。
2. 鍋に湯を沸かし、中華スープ、酒、薄口醤油を入れ、白菜、椎茸などの野菜を入れる。
3. 1の肉を団子にして鍋へ。春雨も投入。黒胡椒、塩で味を調える。
4. 最後に溶き卵を流し込んで、一煮立ちさせたら、白ごまをいっぱいふる。
060118.jpg

カテゴリー:食べ物・飲み物コメント

ページのトップへ

2006年01月17日

ハッシュドビーフ

久々に晩ごはんを作る。
冷蔵庫のありもので、今日は洋食vs和食。
ハッシュドビーフと蓮根のあられ揚げ、ほうれん草のおひたし。
最近、新しい物を作ろうかな、と思うと、ネットでレシピを検索して、それをアレンジして作ることが多い。
なのでメモっておかないと、どういうレシピで作ったか忘れちゃうことが多いのだ(^^;
ということで、今日のハッシュドビーフのレシピ。
1. バターを入れた鍋で、タマネギのみじんぎり炒め、塩胡椒した牛肉(切り落とし)、キノコ(今日は椎茸)を炒める。
2. 鍋に赤ワイン、水、トマトピューレ、デミグラスソースを加え、月桂樹の葉っぱを入れて弱火でくつくつ煮込む。
3. 味を見て、たりなかったらトマトケチャップを少々入れ、塩胡椒。
こんなんだったかなぁ。。。(すでにもう忘れている(^^;)
060117.jpg

カテゴリー:食べ物・飲み物コメント

ページのトップへ

2006年01月16日

ベトナム料理でランチ

仕事がてんぱっていたけれど、Kさんが1年ぶりに日本に帰ってきて東京に出てくる日、というので、Sさんと3人でベトナム料理のランチ。
KさんもSさんもケニアで知り合った方。1年半ぶりの再会。
年齢も仕事もバラバラだけど、強い共通点がケニア・マサイマラだったりする。
あとはお互いの価値観が近いモノがあるからなのかな?
日本でも会うのはこれで2度目。
メールでは時々近況報告したり。
アフリカ、ケニア好きな人にも色んな人がいる。
でも、何か1つ不思議なスパイスがあって、その香りを漂わせている人はニオイですぐわかる。
生まれてからずっと離ればなれで育った兄弟に出会ったような感覚。
時間がなくて2時間ほどの一時だったけれど、仕事漬けでかりかりしていたアタマが癒されました。
忙しくてもアフリカの心を見失わないようにしなくっちゃなー。

カテゴリー:ケニアコメント

ページのトップへ

2006年01月15日

ボーダーコリー

ボーダーコリーって知ってますか?
中型で、黒と白(茶色と白もいるらしい)で、ふさふさしてて、黒い尻尾の先がぴっと白くて、とっても頭のイイ犬。
よくフリスビーの大会でも活躍してますよね。
もともとはイングランドとスコットランドのボーダーあたりで生まれた牧羊犬です。
犬を飼うのなら、バーニーズマウンテンドッグかボーダーコリーと思っているワタシ。
ただ、ボーダーコリーはすごい運動量が必要と聞いたので、ワタシには無理かなぁ、と思っていたら、なんと、うちのマンションでボーダーコリーを飼い始めた方が!!!
まだ予防接種が終わっていないので、お外デビューはできない、とのことでしたが、見せてもらっちゃった〜〜〜。
もーーーーーー可愛いっ。生後3ヶ月の子犬。
↓この本は、私が数年前に飼ってしまったもの(^^; 見てるだけで癒されます。

ボーダー・コリーのしつけ方
ボーダー・コリーのしつけ方 愛犬の友編集部


おすすめ平均 star
star初心者の方でも理解しやすい内容です
star数少ないボーダー関連書籍

Amazonで詳しく見るby G-Tools

カテゴリー:気になる!コメント

ページのトップへ

2006年01月14日

忙しさもピークにて

ここ数日、特に仕事のピーク。
まともに寝られないし、全く自分の時間が持てない。
掃除をしていない家も気になるけど、しょうがない。。。だずげで〜〜〜(>_<) 午後1からミーティング。 ミーティング終わって外に出たらすごい雨だった。 考えてみたら久々の雨かも。 日本人は、特にお天気を気にする民族だと聞いた。 日本には四季があるからなんだろうけど、外国人の中には、日本人がいつも開口一番「今日はいいお天気ですね」とか「寒いですね」と天気に関する挨拶することを不思議に思っている人もいるらしい。 そして、日本人は雨だと“悪い天気”というのも、不思議に思う人たちがいる。 ケニアとかは、干ばつが多く(特に北の方)、雨が降ることを待ち望んでいる人たちが大勢いたりする。 今まさにケニアは干ばつの被害がまたまた膨らんでいる。。。 ナニゴトも「ところかわれば」なのかもなのですね。

カテゴリー:気になる!コメント

ページのトップへ

2006年01月12日

都会のお葬式と1つの死

今日、電車に乗ってぼーーーっと外を見ていたら、「えっ?」という光景が目に飛び込んできた。
喪服を着た4人くらいの人が亡くなった方の写真、お骨を持って“歩いて”いる。そのあと見たのは、その先を歩く喪服の人たち。その中のひとりは犬を連れていて、他のひとりが犬を撫でている光景。
「んんん?」と、あっという間に通り過ぎたその光景に、なんとなく違和感を感じて、ぼーっとしていた私の頭が動き出した。
あれはなんだったのだろう?
写真、お骨と考えると、火葬場からの帰りなのか。
火葬場が自宅近所だったから、歩いて帰宅だったのか。
故人が犬好きだったので、犬もお葬式に参加したのか。。。
ただこれだけのことなんだけれど、すごく印象的で、考えてみたらなんだか“良いこと”のイメージでちょっと暖かくなりました。
地方ならともかく、都内だとなかなかない光景。
10日、知り合いの知り合いが白血病で亡くなった。
ワタシより1歳年下の女性。直接私は会ったことはないけれど、知り合いのサイトでの発言などを目にしていた。
発病したのが去年の5月。12月には骨髄移植を受け、12月29日まで彼女自身のブログで辛いけれど頑張っている、という様子を公開していた。
自分のカラダは病気そのものや骨髄移植に適応するために辛いのに、見つかったドナーさんにとっても感謝していて。。。
彼女は広島原爆の被爆者2世だそうです。
「死」に触れると、あれこれ考えてしまいます。

カテゴリー:気になる!コメント

ページのトップへ

1 / 212
酔っぱのたわごとをRSS登録する

Powered by

  • apple